230件中 91 - 100件表示
  • ローレン・リー・スミス

    ローレン・リー・スミスから見たシルヴェスター・スタローンシルヴェスター・スタローン

    2000年、シルヴェスター・スタローン主演の『追撃者』に僅かながら出演し、俳優としてのキャリアも開始させる。ローレン・リー・スミス フレッシュアイペディアより)

  • 進め!クリフハンガー冒険隊

    進め!クリフハンガー冒険隊から見たシルヴェスター・スタローンシルヴェスター・スタローン

    番組タイトルは、シルヴェスター・スタローン主演の映画『クリフハンガー』とは何の関係も無い。そもそもこの映画が公開されたのは1993年で、この番組がスタートした時期よりも後である。進め!クリフハンガー冒険隊 フレッシュアイペディアより)

  • バレットタイム

    バレットタイムから見たシルベスター・スタローンシルヴェスター・スタローン

    また、シルベスター・スタローン主演の映画「ドリヴン」でもこの手法を取り入れた爆発映像があったが、カットされてしまった。この映像はDVDのメイキングで鑑賞することができる。バレットタイム フレッシュアイペディアより)

  • シチリア

    シチリアから見たシルヴェスター・スタローンシルヴェスター・スタローン

    シチリア島からは多くの人々がアメリカ合衆国に移住した(:Category:シチリア系アメリカ人参照)。フランク・シナトラ、シルヴェスター・スタローン、アル・パチーノ、マーティン・スコセッシ、フランク・ザッパなどがシチリア移民の末裔である。シチリア フレッシュアイペディアより)

  • ボーンシリーズ

    ボーンシリーズから見たシルヴェスター・スタローンシルヴェスター・スタローン

    ダグ・リーマン監督は高校生のときに読んで以来、ロバート・ラドラムの『暗殺者』のファンであったと述べており、リーマンが『スウィンガーズ』を作り終えた頃に、小説の映画化を企画しようと決めた。ワーナー・ブラザースからの本への権利を手に入れて2年以上の後、脚本家のトニー・ギルロイと更に1年に渡って脚本を開発し、映画は2年間の製作活動に直面した。リーマンは最終的にマット・デイモンをボーン役にキャスティングする以前、ラッセル・クロウ、シルヴェスター・スタローンを含む広範囲にわたる俳優と接触した。撮影の合間にも脚本の書き直しが何度も行われ、リーマンは絶えずユニバーサルの幹部と言い争い、製作は難航した。ボーンシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • シルベスター・セイ

    シルベスター・セイから見たシルヴェスター・スタローンシルヴェスター・スタローン

    大学卒業後は韓国バスケットボールリーグ(KBL)の全州KCCイージスに加わり、プロ選手となる。ニュージーランド・ナショナル・バスケットボール・リーグの、スウェーデンの、メキシコの、コソボのを経て、2013年11月、秋田ノーザンハピネッツと契約した。bjリーグは2013-14シーズンの最中であり、日本国外の国籍を持つ選手との契約は4人に限られているため、セイはそれまで秋田に所属していたエルハジ・ワドゥと入れ替わる形で入団した。秋田では中学、高校時代のチームメイトであったリチャード・ロビーと再びチームメイトになり、また秋田のヘッドコーチである中村和雄の発案により、シルヴェスター・スタローンにちなんで「ロッキー」というニックネームがつけられた。秋田では16試合に出場し、1試合平均6.9得点を挙げた。しかし2014年2月、チームはセイとの選手契約を解除した。シルベスター・セイ フレッシュアイペディアより)

  • 一人だけの軍隊

    一人だけの軍隊から見たシルヴェスター・スタローンシルヴェスター・スタローン

    1982年、映画『ランボー』(原題:First Blood)が公開され、シルヴェスター・スタローンが主人公ジョン・ランボーを演じた。その後も続編として『ランボー/怒りの脱出』(原題:Rambo: First Blood Part II)、『ランボー3/怒りのアフガン』(原題:Rambo III)、『ランボー/最後の戦場』(原題:Rambo)が制作された。この内、『怒りの脱出』と『怒りのアフガン』についてはマレル自身による小説化が行われている。一人だけの軍隊 フレッシュアイペディアより)

  • コップランド

    コップランドから見たシルヴェスター・スタローンシルヴェスター・スタローン

    『コップランド』(原題:Cop Land)は、1997年にシルヴェスター・スタローン主演で製作されたアメリカ映画。スタローンが体重を増やし、それまでのイメージを覆すような、冴えない中年の保安官を演じたことで話題となった。コップランド フレッシュアイペディアより)

  • ドリヴン

    ドリヴンから見たシルヴェスター・スタローンシルヴェスター・スタローン

    元々アイルトン・セナをテーマとした映画を作る構想を暖めていたシルヴェスター・スタローンと、最新テクノロジーを使ったレース映画を企画していたレニー・ハーリンが、『クリフハンガー』以来のタッグを組んだ作品。当初スタローンはF1を舞台に映画を撮る計画で、1997年のF1・イタリアグランプリにおいてF1を舞台とした映画を撮影する権利を獲得したことを発表したが、その後諸事情により映画の舞台をF1ではなくアメリカのCARTシリーズ(後のチャンプカー・ワールド・シリーズ。2008年にIRLに吸収合併され消滅)とする形に変更して撮影が進められた。完成した映画には8ヶ月以上をかけて撮影したという、日本の茂木を含む全5カ国、9本の本物のレース映像が使われたほか、当時CARTに参戦していたドライバーやチーム関係者が多数登場している。ドリヴン フレッシュアイペディアより)

  • マイク・ディアズ

    マイク・ディアズから見たシルベスター・スタローンシルヴェスター・スタローン

    は打撃不振で、シーズン途中にシカゴ・ホワイトソックスにトレードされたがホワイトソックスもシーズン終了後に退団。その後日本のロッテオリオンズに入団した。アメリカ時代に乱闘を度々したことやそのマッチョな風貌、シルベスター・スタローンに風貌が似ていることから「ランボー」の愛称で親しまれていたことから登録名を「ランボー」にする案もあったが、権利の関係で実現はしなかった。マイク・ディアズ フレッシュアイペディアより)

230件中 91 - 100件表示

「シルベスター・スタローン」のニューストピックワード