183件中 11 - 20件表示
  • デイライト (映画)

    デイライト (映画)から見たシルヴェスター・スタローンシルヴェスター・スタローン

    『デイライト』(Daylight)は1996年に公開されたシルヴェスター・スタローン主演のアメリカ映画。デイライト (映画) フレッシュアイペディアより)

  • M65 (フィールドジャケット)

    M65 (フィールドジャケット)から見たシルヴェスター・スタローンシルヴェスター・スタローン

    1982年公開の映画「ランボー」:シルヴェスター・スタローン演じるベトナム帰還兵ジョン・ランボーが戦友を訪ねる時にOD色でブラスジッパーのモデルを着用。胸には星条旗と「U.S.ARMY」の徽章が縫いつけられている。M65 (フィールドジャケット) フレッシュアイペディアより)

  • デモリションマン

    デモリションマンから見たシルヴェスター・スタローンシルヴェスター・スタローン

    『デモリションマン』(原題: Demolition Man)は1993年に公開されたシルヴェスター・スタローン主演のアメリカ映画。日本公開は1994年。レニーナー・ハックスリーといった登場人物の名称でわかるように『すばらしい新世界』の影響が強い。デモリションマン フレッシュアイペディアより)

  • 第6回ゴールデンラズベリー賞

    第6回ゴールデンラズベリー賞から見たシルヴェスター・スタローンシルヴェスター・スタローン

    シルヴェスター・スタローン - ランボー/怒りの脱出、ロッキー4/炎の友情第6回ゴールデンラズベリー賞 フレッシュアイペディアより)

  • ロッキー3

    ロッキー3から見たシルヴェスター・スタローンシルヴェスター・スタローン

    前作に引き続いてシルヴェスター・スタローンが監督・脚本・主演の三役を務めた。当初はシリーズ最終章の予定で製作されたため、師匠であるミッキーの死や、宿敵アポロ・クリードとの友情など、ストーリーに区切りをつける描写が多く見られる。ロッキー3 フレッシュアイペディアより)

  • 木曜洋画劇場

    木曜洋画劇場から見たシルヴェスター・スタローンシルヴェスター・スタローン

    地上波の洋画番組の中では日本語吹き替えに力を入れており、公式サイトには主要声優キャストだけでなく吹き替え版が新規収録か既成の物かも明記する方針が採られている。また、1つの映画で幾つも吹き替え版が制作される中、独自に吹き替え版を制作する際は日曜洋画劇場やビデオ等で定番のお馴染みの吹き替えキャスティングを踏襲することも多く、ケヴィン・コスナーに津嘉山正種(『アンタッチャブル』、『ウォーターワールド』、『ワイアット・アープ』)、シルヴェスター・スタローンにささきいさお(『追撃者』、『ドリヴン』、『D-TOX』)、トミー・リー・ジョーンズに小林清志(『追跡者』、『ハンテッド』)、スティーブン・セガールに大塚明夫(『沈黙の聖戦』)、ジャン・クロード・ヴァンダムに山寺宏一(『ノック・オフ』、『レジョネア 戦場の狼たち』、『ヴァン・ダム IN コヨーテ』、『レプリカント』)、ロビン・ウィリアムズに江原正士(『インソムニア』)、メル・ギブソンに磯部勉(『パトリオット』)、ロバート・デ・ニーロに小川真司(『ハイド・アンド・シーク 暗闇のかくれんぼ』)、チャーリー・シーンに堀内賢雄(『プラトーン』)、アル・パチーノに野沢那智(『インソムニア』)等がある。木曜洋画劇場 フレッシュアイペディアより)

  • 銀河万丈

    銀河万丈から見たシルヴェスター・スタローンシルヴェスター・スタローン

    玄田哲章と並んで、シルヴェスター・スタローン、アーノルド・シュワルツェネッガーの両者の吹き替えを経験している数少ない人物。銀河万丈 フレッシュアイペディアより)

  • コブラ (映画)

    コブラ (映画)から見たシルヴェスター・スタローンシルヴェスター・スタローン

    『コブラ』(原題: Cobra)は1986年に公開されたシルヴェスター・スタローン主演のアメリカのアクション映画。ポーラ・ゴズリングの小説『逃げるアヒル』を原作にしている。コブラ (映画) フレッシュアイペディアより)

  • ロッキー (映画)

    ロッキー (映画)から見たシルヴェスター・スタローンシルヴェスター・スタローン

    『ロッキー』(Rocky)は、1976年のアメリカ映画。配給会社はユナイテッド・アーティスツで、監督はジョン・G・アヴィルドセン。主演・脚本はシルヴェスター・スタローンロッキー (映画) フレッシュアイペディアより)

  • ささきいさお

    ささきいさおから見たシルヴェスター・スタローンシルヴェスター・スタローン

    洋画の吹き替えでは、シルヴェスター・スタローン、エルヴィス・プレスリー、クリストファー・リーヴなどを演じている。特に、専属となったシルヴェスター・スタローンを演じるに当たり、映画『ロッキー』シリーズの吹き替えの際、務める当初は、酒を飲んで3日くらい騒いで独特の声を創り上げた逸話がある。テレビドラマには、1969年に『妖術武芸帳』で主役を務めた他、1970年代には悪役として数々のアクション系作品に出演し、個性派俳優として活躍した。近年の歌番組では、ロカビリーブームの生き証人として、旧き良き時代を懐かしむポップスを披露することもある。ささきいさお フレッシュアイペディアより)

183件中 11 - 20件表示

「シルベスター・スタローン」のニューストピックワード