230件中 21 - 30件表示
  • 木曜洋画劇場

    木曜洋画劇場から見たシルヴェスター・スタローンシルヴェスター・スタローン

    地上波の洋画番組の中では日本語吹き替え版制作に力を入れており、公式サイトには主要声優キャストだけでなく吹き替え版が新規収録か既成の物かも明記する方針が採られている。また、1つの映画で幾つも吹き替え版が制作される中、独自に吹き替え版を制作する際は日曜洋画劇場やビデオ等で定番のお馴染みの吹き替えキャスティングを踏襲することも多く、ケヴィン・コスナーに津嘉山正種(『アンタッチャブル』、『ウォーターワールド』、『ワイアット・アープ』、『ロビン・フッド』)、シルヴェスター・スタローンにささきいさお(『追撃者』、『ドリヴン』、『D-TOX』)、トミー・リー・ジョーンズに小林清志(『追跡者』、『ハンテッド』)、スティーブン・セガールに大塚明夫(『沈黙の聖戦』)、ジャン・クロード・ヴァンダムに山寺宏一(『ノック・オフ』、『レジョネア 戦場の狼たち』、『ヴァン・ダム IN コヨーテ』、『レプリカント』)、ロビン・ウィリアムズに江原正士(『インソムニア』)、メル・ギブソンに磯部勉(『パトリオット』)、ロバート・デ・ニーロに小川真司(『アンタッチャブル』、『ハイド・アンド・シーク 暗闇のかくれんぼ』)、チャーリー・シーンに堀内賢雄(『プラトーン』)、アル・パチーノに野沢那智(『インソムニア』)、ハリソン・フォードに村井国夫(『K-19』)、ショーン・コネリーに若山弦蔵(『アンタッチャブル』、『ロビン・フッド』、『理由』、『エントラップメント』)、最後に放送した洋画作品であるトム・クルーズの出世作トップガンでは近年で少なかった吹き替え版の新規収録を行い鈴置洋孝に代わりフィックスとなった森川智之を起用した。木曜洋画劇場 フレッシュアイペディアより)

  • クリフハンガー (映画)

    クリフハンガー (映画)から見たシルヴェスター・スタローンシルヴェスター・スタローン

    『クリフハンガー』(Cliffhanger)は、1993年のアメリカ・フランス合作映画。ロッキー山脈に不時着した武装強盗団と山岳救助隊員の戦いを描いたアクション・サスペンス映画である。レニー・ハーリン監督、シルヴェスター・スタローン主演。クリフハンガー (映画) フレッシュアイペディアより)

  • エクスペンダブルズ2

    エクスペンダブルズ2から見たシルヴェスター・スタローンシルヴェスター・スタローン

    『エクスペンダブルズ2』(The Expendables 2)は、サイモン・ウェスト監督、シルヴェスター・スタローンとリチャード・ウェンク脚本によるアンサンブル・アクション映画。2010年の映画『エクスペンダブルズ』の続編で、シルヴェスター・スタローン、ジェイソン・ステイサム、ジェット・リー、ドルフ・ラングレン、チャック・ノリス、ジャン=クロード・ヴァン・ダム、ブルース・ウィリス、アーノルド・シュワルツェネッガー、テリー・クルーズ、ランディ・クートゥアとリアム・ヘムズワースらが出演する。北米で2012年8月17日に公開された後、約2ヶ月後の10月20日に日本で公開された。前作はR15+指定での公開であったが、本作は一部の映像に修正を加える事でPG12指定での劇場公開となった(Blu-ray・DVD版は無修正のR15+指定)。エクスペンダブルズ2 フレッシュアイペディアより)

  • ジャッジ・ドレッド (2012年の映画)

    ジャッジ・ドレッド (2012年の映画)から見たシルヴェスター・スタローンシルヴェスター・スタローン

    『ジャッジ・ドレッド』(原題: Dredd)は、2012年のイギリスのSFアクション映画である。1995年にもシルヴェスター・スタローン主演で映画化されたイギリスのコミックの再映画化・リブート作品。主人公のドレッドを演じるのはカール・アーバンである。ジャッジ・ドレッド (2012年の映画) フレッシュアイペディアより)

  • ロッキー・ザ・ファイナル

    ロッキー・ザ・ファイナルから見たシルヴェスター・スタローンシルヴェスター・スタローン

    『ロッキー』シリーズの6作目であり、『ロッキー5/最後のドラマ』(1990年)以来、16年ぶりとなる続篇。4作目『ロッキー4/炎の友情』以来、再びシルヴェスター・スタローンが監督・脚本・主演を務め、本作がシリーズ完結篇と銘打たれている。なお、その後スピンオフであり、ロッキーも登場する続編として『クリード チャンプを継ぐ男』が製作されている。ロッキー・ザ・ファイナル フレッシュアイペディアより)

  • ブルース・ウィリス

    ブルース・ウィリスから見たシルヴェスター・スタローンシルヴェスター・スタローン

    ウィリスは2010年2月のケヴィン・スミス監督作品『コップ・アウト 〜刑事した奴ら〜』でトレイシー・モーガンと共に盗まれた野球選手のカードを追う刑事を演じた。また、ゴリラズの「スタイロ」のミュージック・ビデオにも出演した。同年には『エクスペンダブルズ』で、80年代を代表するアクションスターであるシルヴェスター・スタローンとアーノルド・シュワルツェネッガーとの共演を果たした。彼は“ミスター・チャーチ(「教会」という意味)”として登場した。この3人が共演するのはこのときが初めてである。共演シーンは短かったものの、そのシーンは映画の見所として期待されていた。3人は2009年の10月24日に空の教会でこのシーンの撮影をした。最近の出演作品で有名なものの中に『RED/レッド』がある。同名コミック・ミニシリーズの映画化作品である。2010年に公開されたこの映画で彼はフランク・モーゼズ役を演じた。ブルース・ウィリス フレッシュアイペディアより)

  • 大塚 明夫

    大塚明夫から見たシルヴェスター・スタローンシルヴェスター・スタローン

    洋画吹き替えにおいては数多くの作品に出演。初のゴールデンタイムでの主役の吹き替えは『レッド・スコルピオン』のドルフ・ラングレンである。スティーヴン・セガールを専属、ニコラス・ケイジやデンゼル・ワシントン、アントニオ・バンデラス、ドルフ・ラングレン、サミュエル・L・ジャクソンなどの吹き替えを数多く担当している。『水曜シアター9』の放送開始予告にはセガールの出演した映画の映像が使われているが、その流用された映像の吹き替えも大塚が担当した。『マスク・オブ・ゾロ』、『レジェンド・オブ・ゾロ』ではバンデラスが演じたアレハンドロ・ムリエッタ/怪傑ゾロの吹き替えを担当しているが、『それいけ!アンパンマン』でも怪傑ゾロをモチーフとしたキャラクター・ナガネギマンを演じており、歌唱も披露している。銀河万丈、玄田哲章と並んでアーノルド・シュワルツェネッガーとシルヴェスター・スタローンの両方を吹き替えた経験もある。大塚明夫 フレッシュアイペディアより)

  • 銀河万丈

    銀河万丈から見たシルヴェスター・スタローンシルヴェスター・スタローン

    日本語吹き替え版では、マイケル・クラーク・ダンカン、デルロイ・リンドー等、大柄の黒人の声を当てることが多い。玄田哲章や大塚明夫と並んで、シルヴェスター・スタローン、アーノルド・シュワルツェネッガーの両者の吹き替えを経験している数少ない人物。また、『刑事コロンボ』では死去した小池朝雄に代わって映像ソフトの追加録音部分(テレビ放送時にカットされた箇所)でコロンボ警部の吹き替えを担当し、後にWOWOWで新シリーズの最終3話が放送された際には銀河による吹き替え版が製作されている。銀河万丈 フレッシュアイペディアより)

  • 大脱出

    大脱出から見たシルヴェスター・スタローンシルヴェスター・スタローン

    『大脱出』(だいだっしゅつ、原題: Escape Plan)は、シルヴェスター・スタローン、アーノルド・シュワルツェネッガー主演の2013年のアメリカ合衆国のアクションスリラー映画である。マイルズ・チャップマンとが脚本を執筆し、スウェーデン出身のミカエル・ハフストロームが監督した。大脱出 フレッシュアイペディアより)

  • シルベスター・スタローン

    シルベスター・スタローンから見たシルヴェスター・スタローンシルヴェスター・スタローン

    シルベスター・スタローン フレッシュアイペディアより)

230件中 21 - 30件表示

「シルベスター・スタローン」のニューストピックワード