183件中 31 - 40件表示
  • ニューワールド・ピクチャーズ

    ニューワールド・ピクチャーズから見たシルベスター・スタローンシルヴェスター・スタローン

    また、役者としてもチャック・ノリス、デビッド・キャラダイン、シルベスター・スタローン、タリア・シャイアなども、キャリアのごく初期にこの会社の作品に出演していたことがある。ニューワールド・ピクチャーズ フレッシュアイペディアより)

  • マディソン・ストーン

    マディソン・ストーンから見たシルヴェスター・スタローンシルヴェスター・スタローン

    ポルノ映画の仕事に加え、同僚のポルノ女優バーバラ・デアと共演した1992年の実写とアニメを融合したB級映画『セクシー・デビル/悪魔はTバックがお好き (Evil Toons)』や、1996年のシルヴェスター・スタローンのアクション映画『デイライト』などの一般映画にも出演した。マディソン・ストーン フレッシュアイペディアより)

  • ブズカシ

    ブズカシから見たシルヴェスター・スタローンシルヴェスター・スタローン

    映画としては、シルヴェスター・スタローンが主演するランボーシリーズの第3品目、ランボー3/怒りのアフガンに登場する。ブズカシ フレッシュアイペディアより)

  • ポール・バーテル

    ポール・バーテルから見たシルベスタ・スタローンシルヴェスター・スタローン

    幼い頃から映画に興味を持ち、UCLAで演劇を学び、奨学金を得てローマへ渡り、監督術を学んだ。後にロジャー・コーマンの弟であるジーンに雇われて、1972年に『プライベート・パーツ』を監督。その後、ロジャー・コーマンがプロデュースした映画を監督し、異色ぶりを発揮する。その時に監督したデビッド・キャラダイン、シルベスタ・スタローン出演の『デス・レース2000年』は、本国では今もなおカルト的な人気を誇っている。『キャノンボール』や『フライパン殺人』など、ブラックな笑いをテーマにしたカルト作品を世に送り出す傍ら、俳優としてもちょくちょく顔を出すようになる。その時に出演した映画の監督で、後に大物になった者も少なくない。また、撮る映画はマニアックな感じだが、出る映画は一級作品が多い。ポール・バーテル フレッシュアイペディアより)

  • オフィチーネ・パネライ

    オフィチーネ・パネライから見たシルヴェスター・スタローンシルヴェスター・スタローン

    腕時計は長らく軍用のみだったが、軍需専門の精密機器メーカーだったために東西冷戦の終結とともに業績不振に陥り、その打開策の一つとして1993年より一般向け時計の製造、販売を限定的に開始した。最近では映画『トランスポーター』『トランスポーター2』でも使用されているが、この頃に映画俳優シルヴェスター・スタローンの特注による「スライテック・モデル」(スタローンの愛称である「スライ」に由来)も製作し、彼の出演映画『デイライト』でも使用され現行のクロノグラフにも「デイライト」の名を付けているものがあるなど当初からアメリカ映画界との繋がりは深い。オフィチーネ・パネライ フレッシュアイペディアより)

  • ロイ・ホワイト

    ロイ・ホワイトから見たシルヴェスター・スタローンシルヴェスター・スタローン

    1970年にレベル(REBEL)(日本未公開)でシルヴェスター・スタローンと共演するなど俳優としての活動経験もあり日本でもホラー映画を含め2本のビデオの発売が確認されている。ロイ・ホワイト フレッシュアイペディアより)

  • アンバー・リー・エッティンガー

    アンバー・リー・エッティンガーから見たシルヴェスター・スタローンシルヴェスター・スタローン

    そして2008年1月にはボクサーに扮し、シルヴェスター・スタローン主演の映画『ロッキー』のテーマ曲に合わせてヒラリー選対本部を焦らす様子を描いた『オバマガールがアイオワ州のため復帰(なぜオバマが勝ったのか)』を発表している。その他にもメイキングビデオやダース・ベイダーの弟チャド・ベイダーとの対話編なども発表している。(参照: アンバー・リー・エッティンガー)アンバー・リー・エッティンガー フレッシュアイペディアより)

  • シルベスター・スタローン ザ・ボディガード

    シルベスター・スタローン ザ・ボディガードから見たシルヴェスター・スタローンシルヴェスター・スタローン

    フランキー・デラーノ:シルヴェスター・スタローン(吹替:楠大典)シルベスター・スタローン ザ・ボディガード フレッシュアイペディアより)

  • マイク・ディアズ

    マイク・ディアズから見たシルベスター・スタローンシルヴェスター・スタローン

    は打撃不振で、シーズン途中にシカゴ・ホワイトソックスにトレードされたがホワイトソックスもシーズン終了後に退団。その後日本のロッテオリオンズに入団した。アメリカ時代に乱闘を度々したことやそのマッチョな風貌、シルベスター・スタローンに風貌が似ていることから「ランボー」の愛称で親しまれていたことから登録名を「ランボー」にする案もあったが、権利の関係で実現はしなかった。マイク・ディアズ フレッシュアイペディアより)

  • RAMBO (アーケードゲーム)

    RAMBO (アーケードゲーム)から見たシルヴェスター・スタローンシルヴェスター・スタローン

    シルヴェスター・スタローン主演の映画「ランボー」シリーズをゲーム化した作品。プレイヤーはランボーとトラウトマン大佐となり、映画の舞台を再現したステージをサブマシンガンで突破する。3つのステージには、ゲームの進行具合に応じて、実際の映画のムービーシーンが挿入されている。RAMBO (アーケードゲーム) フレッシュアイペディアより)

183件中 31 - 40件表示

「シルベスター・スタローン」のニューストピックワード