230件中 51 - 60件表示
  • レッスルマニア21

    レッスルマニア21から見たシルベスター・スタローンシルヴェスター・スタローン

    ハリウッドで開催されたこともあり客席には、デヴィッド・アークエット、モーターヘッド、アダム・サンドラー、ロブ・シュナイダー、ZZトップ、ブラック・アイド・ピーズ、ビリー・コーガン、スマッシング・パンプキンズ、アンソニー・キーディス、アイス・キューブ、カルメン・エレクトラ、シルベスター・スタローン、マージ・ヘルゲンバーガー、リック・ルービン、ウィル・サッソらのセレブリティが来場した。レッスルマニア21 フレッシュアイペディアより)

  • 扇一平

    扇一平から見たシルベスタ・スタローンシルヴェスター・スタローン

    過去に扇のナレーション番組が文化庁芸術祭優秀賞を受賞したという。声優としても、ハリウッド映画「ドリヴン」(シルベスタ・スタローンのレース映画)の頻繁に登場するレースアナウンサー役や、「プロジェクトA子」などのアニメ作品にも数多く出演している。扇一平 フレッシュアイペディアより)

  • ゴースト・イン・ザ・マシーン

    ゴースト・イン・ザ・マシーンから見たシルヴェスター・スタローンシルヴェスター・スタローン

    ポリスがリリースした曲の中ではほぼ6分と一番長い曲である。スティングがグレイス・ジョーンズへ同年に提供した曲をロックアレンジでセルフカバーしたもの。後にシルヴェスター・スタローン&ウェズリー・スナイプス主演の映画『デモリションマン』の主題歌としてスティングによるセルフカバーが録音・発売された。ゴースト・イン・ザ・マシーン フレッシュアイペディアより)

  • ジェイミー・ギリス

    ジェイミー・ギリスから見たシルベスター・スタローンシルヴェスター・スタローン

    1981年に、彼はアメリカ陸軍調査官役でB級映画『ヘル・オブ・ザ・リビングデッド (Hell of the Living Dead) 』に出演した。突然変異誘発性ガスによってアンデッドへと変貌を遂げた、第2次世界大戦中のドイツ軍兵士とアメリカ軍兵士の物語である。これはポルノ以外での彼の数少ない出演作の一つで、この他には、シルベスター・スタローン主演映画『ナイトホークス』(1981年) でリンゼイ・ワグナーの相手役としての短い出演、そして台詞無しで彼自身としてカメオ出演した、ジョン・フランケンハイマー監督のスリラー『デス・ポイント/非情の罠』(1986年 - クレジットはされず) が挙げられる。ジェイミー・ギリス フレッシュアイペディアより)

  • ビル・コンティ

    ビル・コンティから見たシルヴェスター・スタローンシルヴェスター・スタローン

    シルヴェスター・スタローンの出演作品を手がけることが多い。ビル・コンティ フレッシュアイペディアより)

  • 佐貫洋一

    佐貫洋一から見たシルベスタ・スタローンシルヴェスター・スタローン

    「常盤6丁目情報局」でスタートした「洋一のシネマ情報」では、アーノルド・シュワルツェネッガー、シルベスタ・スタローン、ジョディ・フォスターなどのハリウッドトップスターの記者会見の様子もレポート、ジャッキー・チェンとの単独インタビューを実現するなどした。佐貫洋一 フレッシュアイペディアより)

  • 絆 -KIZUNA-

    絆 -KIZUNA-から見たシルベスター・スタローンシルヴェスター・スタローン

    シルベスター・スタローン監督・主演の映画「エクスペンダブルズ」の日本主題歌。2曲目は、2009年12月31日、神戸で行われたカウントダウンで披露した楽曲を収録。絆 -KIZUNA- フレッシュアイペディアより)

  • ジョージ・P・コスマトス

    ジョージ・P・コスマトスから見たシルヴェスター・スタローンシルヴェスター・スタローン

    1976年、『カサンドラ・クロス』が大ヒット。その後、シルヴェスター・スタローン主演の『ランボー/怒りの脱出』、『コブラ』を監督するなど、派手なアクション映画を得意とした。ジョージ・P・コスマトス フレッシュアイペディアより)

  • 筋肉質

    筋肉質から見たシルベスター・スタローンシルヴェスター・スタローン

    1980年代に上映されたシルベスター・スタローンやアーノルド・シュワルツェネッガーら筋骨隆々な俳優主演のハリウッド映画が隆盛を極めたにことにもより、筋肉の鍛えられた男優が注目され、日本でも昼ドラマ『夏の嵐』などの「嵐3部作」で主演男優の渡辺裕之が精悍な風貌と鍛えられた肉体を披露し、女性ファンの人気を集めた。筋肉質 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国のボクシング中継

    アメリカ合衆国のボクシング中継から見たシルベスター・スタローンシルヴェスター・スタローン

    2000年代前半になるとテレビ中継は増加した。ケーブルテレビ局のHBOやショウタイムが世界戦を毎日のように中継し、FSN(FOXスポーツネット)も『サンデー・ナイト・ファイト』を放送。視聴率も上がっていった。テレビ中継される試合数は、2002年の197から2003年には212に増加し、魅力不足のヘビー級より軽い階級のエキサイティングな選手たちが視聴者を惹きつけた。2003年春に、NBCとテレムンドは2か国語放送で『バドワイザー・ボクシング??シリーズ』を開始。2004年から2005年にかけては2つのリアリティ番組が開始され、FOXとFSNがオスカー・デ・ラ・ホーヤの『ザ・ネクスト・グレイト・チャンプ』、NBCがシュガー・レイ・レナードとシルベスター・スタローンを進行役とした『ザ・コンテンダー』を放送したが、いずれも長くは続かなかった。アメリカ合衆国のボクシング中継 フレッシュアイペディアより)

230件中 51 - 60件表示

「シルベスター・スタローン」のニューストピックワード