230件中 81 - 90件表示
  • 第49回アカデミー賞

    第49回アカデミー賞から見たシルヴェスター・スタローンシルヴェスター・スタローン

    第49回のアカデミー賞授賞式はドロシー・チャンドラー・パビリオンで行われ、3時間半を超えた。作品賞にはシルヴェスター・スタローンが脚本も書いた『ロッキー』が選ばれ、それまで無名だったスタローンを一気にスターの座に押し上げる結果となった。しかし、テレビ局の内幕を描いた『ネットワーク』が4つの俳優部門のうちの3つを受賞。3つの俳優部門を受賞したのは、1951年の『欲望という名の電車』以来であった。第49回アカデミー賞 フレッシュアイペディアより)

  • ランボー3/怒りのアフガン

    ランボー3/怒りのアフガンから見たシルヴェスター・スタローンシルヴェスター・スタローン

    アメリカでの累計興行収入は5371万5611ドルであり、前作の1億5041万5432ドルから1億ドル弱下回った。また、1989年にシルヴェスター・スタローンはゴールデンラズベリー賞最低主演男優賞に選考された。ゴールデンラズベリー賞財団の授賞式にはスタローンは出席していない。ランボー3/怒りのアフガン フレッシュアイペディアより)

  • マンスフィールド (オハイオ州)

    マンスフィールド (オハイオ州)から見たシルヴェスター・スタローンシルヴェスター・スタローン

    旧オハイオ州立矯正院はまだ現役であった1970年代から、ハリウッド映画をはじめとする数々の映画の撮影に使われてきた。旧オハイオ州立矯正院で撮影された主な作品には、「ニューヨーク一獲千金」(1976年、マーク・ライデル監督、ジェームズ・カーン主演)、「デッドフォール」(1989年、アンドレイ・コンチャロフスキー監督、シルヴェスター・スタローン主演)、「ショーシャンクの空に」(1994年、フランク・ダラボン監督、ティム・ロビンス主演)、「エアフォース・ワン」(1997年、ウォルフガング・ペーターゼン監督、ハリソン・フォード主演)などが挙げられる。加えて、2000年代以降には、ゴッドスマックの Awake (2000年)、リル・ウェインの Go D.J. (2004年)や、アンタイ・フラッグの This is the New Sound (2012年)など、ミュージック・ビデオの撮影にも使われている。マンスフィールド (オハイオ州) フレッシュアイペディアより)

  • アラン・スミシー・フィルム

    アラン・スミシー・フィルムから見たシルヴェスター・スタローンシルヴェスター・スタローン

    本名をアラン・スミシーという監督が、ばく大な製作費のもとにシルヴェスター・スタローン、ウーピー・ゴールドバーグ、ジャッキー・チェンの豪華出演陣を揃えて映画『トリオ』を撮影した。しかし制作過程でスタジオ側から編集を加えられた結果、「『ショーガール』より酷い出来」になってしまう。そこでスミシーは監督名のクレジットを拒否しようとするが架空名義は自分と同じ名前のアラン・スミシーしかないことを悟り、フィルムを盗み出して逃亡を図った末に、スタジオ側へフィルムごと燃やしてやると脅迫を入れる。アラン・スミシー・フィルム フレッシュアイペディアより)

  • スーパーマンIV

    スーパーマンIVから見たシルヴェスター・スタローンシルヴェスター・スタローン

    予算は$17,000,000で、製作したイスラエル系独立プロダクションのキャノンはジャン=クロード・ヴァン・ダム、チャック・ノリス、シルヴェスター・スタローン主演作などの小・中規模アクションを得意としてきたスタジオである。スーパーマンIV フレッシュアイペディアより)

  • スコット・ノートン

    スコット・ノートンから見たシルベスター・スタローンシルヴェスター・スタローン

    少年時代からアームレスリングに熱中し、世界大会優勝、全米選手権3度優勝という輝かしい成績を残した。小さな大会等を合わせると、実に30もの大会を制覇してきたという。閃光のように素早く相手を片付けるところから「フラッシュ」の異名を取り、1987年にはシルベスター・スタローン主演の映画『オーバー・ザ・トップ』にも出演。その後、友人であるロード・ウォリアー・ホークに勧誘され、ブラッド・レイガンズの『レイガンズ道場』にてプロレスのトレーニングを始める。主宰であるレイガンズをはじめバーン・ガニアから手解きを受け、マサ斎藤からもレスリングを教わった。スコット・ノートン フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・G・アヴィルドセン

    ジョン・G・アヴィルドセンから見たシルヴェスター・スタローンシルヴェスター・スタローン

    低予算の映画であっても大ヒット作を生み出した手腕が評価される一方で、『ロッキー』主演のシルヴェスター・スタローンと同様にゴールデンラズベリー賞(最低の映画を選ぶ不名誉な賞)に何度もノミネートされている(ノミネートのみで受賞はなし)。ジョン・G・アヴィルドセン フレッシュアイペディアより)

  • シルベスター・スタローン ザ・ボディガード

    シルベスター・スタローン ザ・ボディガードから見たシルヴェスター・スタローンシルヴェスター・スタローン

    フランキー・デラーノ - シルヴェスター・スタローン(楠大典)シルベスター・スタローン ザ・ボディガード フレッシュアイペディアより)

  • スタスタローン

    スタスタローンから見たシルヴェスター・スタローンシルヴェスター・スタローン

    シルヴェスター・スタローンのファンであるため、この芸名を付け、スタローンの物真似を主とした活動を行っている。髪にパーマを当て、機関銃を持って銃弾をたすき掛けにしたという、映画『ランボー』でのスタローンを意識した格好で様々なシチュエーションの一人コントを演じている。ブリッジや落ちに「フォーフ!」や「バイエルーン!」(スタローンが出演していた伊藤ハムのソーセージ商品『アルトバイエルン』のCMを意識したもの)という台詞を発するのが特徴。単なる物真似ではなく、特徴的な台詞やシーンなどをデフォルメして表現しているが、スタローンが言いそうもないことは言わないようにしている。ものまねショーパブ『リトモ ディ ブリブリブッスン』(東京・麻布十番)で働いていた。その他多くのライブで活動中。スタスタローン フレッシュアイペディアより)

  • ジョー・スピネル

    ジョー・スピネルから見たシルヴェスター・スタローンシルヴェスター・スタローン

    交友をもっていたシルヴェスター・スタローンが、未だ日の目を見なかった時代に企画した『ロッキー』によって成功したことに感化され、自作映画を企図。1980年、スプラッター映画『マニアック』(Maniac)で製作総指揮、脚本、主演を担った。なお、スピネルはキャロライン・マンローのファンで、この作品で彼女を出演させている。1984年には『ファナティック (新マニアック)』(THE FANATIC)で実母と共演を果たす。しかし同作は興行的には成功しなかった。ジョー・スピネル フレッシュアイペディアより)

230件中 81 - 90件表示

「シルベスター・スタローン」のニューストピックワード