92件中 11 - 20件表示
  • シルヴェスター・スタローン

    シルヴェスター・スタローンから見たチャールズ・ブロンソン

    その後『パラダイス・アレイ』で監督業にも進出。『ロッキー』、『ランボー』、『クリフハンガー』など、常に鍛え上げた肉体を駆使した作品でアメリカを代表するアクション俳優となる。2006年、シリーズ16年ぶりの新作となる『ロッキー・ザ・ファイナル』 が公開され、2008年には、20年ぶりの新作となる『ランボー/最後の戦場』が公開された。この後には、チャールズ・ブロンソンの『狼よさらば』のリメイクや、『クリフハンガー』の続編が予定されている。2008年3月10日、Moviehole.netが、スタローンが『ランボー5』の製作途中であることを配信した。シルヴェスター・スタローン フレッシュアイペディアより)

  • シルヴェスター・スタローン

    シルヴェスター・スタローンから見たブリジット・ニールセン

    1985年に『ロッキー4/炎の友情』『コブラ』で共演したブリジット・ニールセンと再婚し1987年に離婚。シルヴェスター・スタローン フレッシュアイペディアより)

  • シルヴェスター・スタローン

    シルヴェスター・スタローンから見たタリア・シャイア

    『ロッキー』で共演し、長年の親友であるタリア・シャイアが実兄であるフランシス・フォード・コッポラに『ゴッドファーザーPARTIII』にスタローンを出演、または監督させる約束を取り付けたがコッポラがいずれも反故にしてしまったため、両人の間に亀裂が生まれてしまった。シルヴェスター・スタローン フレッシュアイペディアより)

  • シルヴェスター・スタローン

    シルヴェスター・スタローンから見たメナハム・ゴーラン

    このように1980年代から1990年代初頭までの彼の全盛期、暴力的な『ランボー』シリーズ等の主演に対してから酷評を受け続けていた。しかし、そのような酷評とは相反しヒット作を頻出していたため、より一層、結果でもある。加えて全盛期の主演作の多くが、新興インディペンデントのカロルコ・ピクチャーズやキャノン・フィルズ作品であったことも、メジャー寄りの保守的な批評家からの批判を助長させる大きな要因になった。特にカロルコの大作映画は、シルヴェスター・スタローンの主演作以外であっても、その多くがゴールデンラズベリー賞(またはノミネート)の常連作となっていた。シルヴェスター・スタローン フレッシュアイペディアより)

  • シルヴェスター・スタローン

    シルヴェスター・スタローンから見た千代の富士貢

    2010年9月に訪日し、大相撲秋場所を観戦。その際九重親方に映画出演のオファーを行い話題を呼んだ。また、同年9月28日放送分のNTV系列『魔女たちの22時』や、『おしゃれイズム』にもゲスト出演している。シルヴェスター・スタローン フレッシュアイペディアより)

  • シルヴェスター・スタローン

    シルヴェスター・スタローンから見たフランク・スタローン

    ニューヨーク州ニューヨーク市マンハッタン区の“ヘルズ・キッチン”地区出身。 父はシチリアにルーツを持つイタリア系アメリカ人の美容師、母はロシア系ユダヤ人およびフランス系アメリカ人で、元ダンサーで占星術師として著名なジャッキー・スタローン。弟のフランク・スタローンも歌手兼俳優。長男のセイジ・スタローンは俳優・監督で、また、カルト映画を専門にDVD化する「Grindhouse Releasing」の共同経営者。シルヴェスター・スタローン フレッシュアイペディアより)

  • シルヴェスター・スタローン

    シルヴェスター・スタローンから見たささきいさお

    日本語吹き替え版では羽佐間道夫とささきいさおが担当する事が多い。玄田哲章はスタローンのライバルであるアーノルド・シュワルツェネッガーのフィックスとして公式に認められたこともあり、DVDが普及を始めた現在は、シュワルツェネッガーとの声の区別をつけるため、ささきいさおがほぼ専属で担当するようになった(両者が共演した『エクスペンダブルズ』でもスタローン=ささき、シュワルツェネッガー=玄田とキャスティングされている)。但し、『ロッキー』シリーズは羽佐間道夫が全シリーズ吹き替えを担当している。シルヴェスター・スタローン フレッシュアイペディアより)

  • シルヴェスター・スタローン

    シルヴェスター・スタローンから見たチャック・ウェプナー

    1975年、29歳の時、観戦したボクシングの世界ヘビー級タイトルマッチ「モハメド・アリ対チャック・ウェプナー」の試合に感銘を受け、それをヒントにわずか3日で書き上げた脚本をもって映画会社に売り込む。脚本が気に入った映画会社は大スター(ロバート・レッドフォードらが候補)を主役にした大作として製作しようとしたが、スタローンは自分を主役にしないなら脚本は渡せないと固辞。スタローンの意見が通ったが、スターの作品でないため低予算となり、わずかな上映館でスタートした『ロッキー』であったが、徐々に大評判を呼ぶことになった。同年のアカデミー賞最優秀作品賞を受賞し、世界的な規模で大ヒット(詳細は 『ロッキー』の項で記述)となり、映画の主人公の境遇とスタローン自身のそれが「荒んだ生活から一夜にして栄光を掴む」という古典的なまでの「アメリカン・ドリーム」を体現した点で共通していることから大変な話題を呼び、多くの人間に希望を与えた功績が評価された。シルヴェスター・スタローン フレッシュアイペディアより)

  • シルヴェスター・スタローン

    シルヴェスター・スタローンから見た小学校

    9歳(もしくは12歳)の時に両親が離婚したことを切っ掛けに次第に素行不良になる。小学校から高等学校修了までに14の学校から放校処分を受け、母親の経営するボクシングジムで体を鍛えながらも荒れた生活を続けた。当初はボクシングジムに見向きもしなかったが、この頃に観賞した映画『ヘラクレス』(1958年)のスティーヴ・リーヴスの影響により、自ら体を鍛え始めるようになったという。シルヴェスター・スタローン フレッシュアイペディアより)

  • シルヴェスター・スタローン

    シルヴェスター・スタローンから見たアカデミー賞

    1975年、29歳の時、観戦したボクシングの世界ヘビー級タイトルマッチ「モハメド・アリ対チャック・ウェプナー」の試合に感銘を受け、それをヒントにわずか3日で書き上げた脚本をもって映画会社に売り込む。脚本が気に入った映画会社は大スター(ロバート・レッドフォードらが候補)を主役にした大作として製作しようとしたが、スタローンは自分を主役にしないなら脚本は渡せないと固辞。スタローンの意見が通ったが、スターの作品でないため低予算となり、わずかな上映館でスタートした『ロッキー』であったが、徐々に大評判を呼ぶことになった。同年のアカデミー賞最優秀作品賞を受賞し、世界的な規模で大ヒット(詳細は 『ロッキー』の項で記述)となり、映画の主人公の境遇とスタローン自身のそれが「荒んだ生活から一夜にして栄光を掴む」という古典的なまでの「アメリカン・ドリーム」を体現した点で共通していることから大変な話題を呼び、多くの人間に希望を与えた功績が評価された。シルヴェスター・スタローン フレッシュアイペディアより)

92件中 11 - 20件表示