92件中 21 - 30件表示
  • シルヴェスター・スタローン

    シルヴェスター・スタローンから見た魔女たちの22時

    2010年9月に訪日し、大相撲秋場所を観戦。その際九重親方に映画出演のオファーを行い話題を呼んだ。また、同年9月28日放送分のNTV系列『魔女たちの22時』や、『おしゃれイズム』にもゲスト出演している。シルヴェスター・スタローン フレッシュアイペディアより)

  • シルヴェスター・スタローン

    シルヴェスター・スタローンから見たおしゃれイズム

    2010年9月に訪日し、大相撲秋場所を観戦。その際九重親方に映画出演のオファーを行い話題を呼んだ。また、同年9月28日放送分のNTV系列『魔女たちの22時』や、『おしゃれイズム』にもゲスト出演している。シルヴェスター・スタローン フレッシュアイペディアより)

  • シルヴェスター・スタローン

    シルヴェスター・スタローンから見たスティーヴ・リーヴス

    9歳(もしくは12歳)の時に両親が離婚したことを切っ掛けに次第に素行不良になる。小学校から高等学校修了までに14の学校から放校処分を受け、母親の経営するボクシングジムで体を鍛えながらも荒れた生活を続けた。当初はボクシングジムに見向きもしなかったが、この頃に観賞した映画『ヘラクレス』(1958年)の主演スティーヴ・リーヴスの影響により、自ら体を鍛え始めるようになったという。シルヴェスター・スタローン フレッシュアイペディアより)

  • シルヴェスター・スタローン

    シルヴェスター・スタローンから見たテストステロン

    2007年の2月に『ロッキー・ザ・ファイナル』の宣伝でオーストラリアを訪れた際、シドニー空港にて、手荷物の中にオーストラリアでは禁止されているステロイドが発見され、起訴された。5月15日に行われた審理では代理人が起訴事実を認めたが、スタローンは出廷をしなかった。21日、2500ドルの罰金を科す判決が下った。本人は当初『持ち込んだのは成長ホルモンだけだ』と弁明していたが、やがてはステロイド剤の所持を認めるに至った。しかし、後日になると『あれはテストステロンだ。ステロイドではない』と再度弁明を行った。シルヴェスター・スタローン フレッシュアイペディアより)

  • シルヴェスター・スタローン

    シルヴェスター・スタローンから見たカロルコ・ピクチャーズ

    このように1980年代から1990年代初頭までの彼の全盛期、暴力的な『ランボー』シリーズ等の主演に対して批評家から酷評を受け続けていた。しかし、そのような酷評とは相反しヒット作を次々と生み出してきた。加えて、全盛期の主演作の多くが、新興インディペンデントのカロルコ・ピクチャーズやキャノン・フィルズ作品であったことも、メジャー寄りの保守的な批評家からの批判を助長させる大きな要因になった。特にカロルコの大作映画は、シルヴェスター・スタローンの主演作以外であっても、その多くがゴールデンラズベリー賞(またはノミネート)の常連作となっていた。しかし、2015年の『クリード チャンプを継ぐ男』において「名誉挽回賞」の候補となり、受賞を果たした。シルヴェスター・スタローン フレッシュアイペディアより)

  • シルヴェスター・スタローン

    シルヴェスター・スタローンから見たロッキー (映画)

    1974年に出演した『ブルックリンの青春』(The Lords Of Flatbush)での演技が何人かの評論家の目にとまり、スタローンは妻と愛犬を伴ってハリウッドへ移った。1975年には『デス・レース2000年』に準主役として出演した。『ロッキー』の半年前である。シルヴェスター・スタローン フレッシュアイペディアより)

  • シルヴェスター・スタローン

    シルヴェスター・スタローンから見たエクスペンダブルズ

    共に極限まで肉体を鍛え上げたアクションスターであり肉体派ヒーローを演じる機会が多いアーノルド・シュワルツェネッガーと頻繁に比較される。彼ら自身もお互いに良きライバルであり親友であるという認識を共有しており、著名人が一堂に会す場において撮影された、二人が共に納まった写真もしばしば映画誌などに掲載されている。また1993年公開の『ラスト・アクション・ヒーロー』、『デモリションマン』では互いにネタにし合っている。2010年公開の映画『エクスペンダブルズ』では1シーンながら初めて両者が共演、2012年公開の続編『エクスペンダブルズ2』では本格的に共演をしている。2013年公開の『大脱出』ではW主演を果たす。またシュワルツェネッガーが映画のスタントの怪我で入院した際、偶然にも病室がスタローンと一緒であり、スタローンもスタントの怪我で入院していた。シルヴェスター・スタローン フレッシュアイペディアより)

  • シルヴェスター・スタローン

    シルヴェスター・スタローンから見たクリフハンガー (映画)

    その後は『クリフハンガー』など、常に鍛え上げた肉体を駆使した作品でアメリカを代表するアクション俳優となる。2006年、シリーズ16年ぶりの新作となる『ロッキー・ザ・ファイナル』 が公開され、2008年には、20年ぶりの新作となる『ランボー/最後の戦場』が公開された。シルヴェスター・スタローン フレッシュアイペディアより)

  • シルヴェスター・スタローン

    シルヴェスター・スタローンから見たクリード チャンプを継ぐ男

    2015年に公開された映画『クリード チャンプを継ぐ男』で再度ロッキー・バルボアを演じ、その演技が批評家から絶賛され、2016年の第73回ゴールデングローブ賞では自身初の助演男優賞を受賞した。シルヴェスター・スタローン フレッシュアイペディアより)

  • シルヴェスター・スタローン

    シルヴェスター・スタローンから見たコップランド

    俳優としては鍛え上げられた肉体を全面に押し出したアクションが売りである。もともと顔面神経麻痺や言語障害があり、決して表現力に長けているとは言えないものの、役作りに対してはストイックに取り組むことでも知られる。『コップランド』では冴えない中年警官を演じるために肉体派俳優の生命線である肉体をあえて増量し、『ランボー』ではノースタントで崖から飛び降り肋骨を数カ所骨折している。シルヴェスター・スタローン フレッシュアイペディアより)

92件中 21 - 30件表示

「シルベスター・スタローン」のニューストピックワード