92件中 31 - 40件表示
  • シルヴェスター・スタローン

    シルヴェスター・スタローンから見たデモリションマン

    共に極限まで肉体を鍛え上げたアクションスターであり肉体派ヒーローを演じる機会が多いアーノルド・シュワルツェネッガーと頻繁に比較される。彼ら自身もお互いに良きライバルであり親友であるという認識を共有しており、著名人が一堂に会す場において撮影された、二人が共に納まった写真もしばしば映画誌などに掲載されている。また1993年公開の『ラスト・アクション・ヒーロー』、『デモリションマン』では互いにネタにし合っている。2010年公開の映画『エクスペンダブルズ』では1シーンながら初めて両者が共演、2012年公開の続編『エクスペンダブルズ2』では本格的に共演をしている。2013年公開の『大脱出』ではW主演を果たす。またシュワルツェネッガーが映画のスタントの怪我で入院した際、偶然にも病室がスタローンと一緒であり、スタローンもスタントの怪我で入院していた。シルヴェスター・スタローン フレッシュアイペディアより)

  • シルヴェスター・スタローン

    シルヴェスター・スタローンから見たコブラ (映画)

    主な作品はロッキー4〜5、ランボーシリーズ、ナイトホークス、デモリションマン、スペシャリスト、ドリヴン、コブラ、デイライト、エクスペンダブルズシリーズなどシルヴェスター・スタローン フレッシュアイペディアより)

  • シルヴェスター・スタローン

    シルヴェスター・スタローンから見たデス・レース2000年

    1974年に出演した『ブルックリンの青春』(The Lords Of Flatbush)での演技が何人かの評論家の目にとまり、スタローンは妻と愛犬を伴ってハリウッドへ移った。1975年には『デス・レース2000年』に準主役として出演した。『ロッキー』の半年前である。シルヴェスター・スタローン フレッシュアイペディアより)

  • シルヴェスター・スタローン

    シルヴェスター・スタローンから見たアメリカ合衆国

    シルヴェスター・ガーデンツィオ・スタローン(Sylvester Gardenzio Stallone, 1946年7月6日 - )は、アメリカ合衆国の俳優、映画監督、脚本家。身長177cm。1970年代から1990年代のアクション映画を代表するスター。70歳を超えた現在でも、鍛え上げた肉体で激しいアクションをこなす映画俳優である。左利き。シルヴェスター・スタローン フレッシュアイペディアより)

  • シルヴェスター・スタローン

    シルヴェスター・スタローンから見たランボー/最後の戦場

    その後は『クリフハンガー』など、常に鍛え上げた肉体を駆使した作品でアメリカを代表するアクション俳優となる。2006年、シリーズ16年ぶりの新作となる『ロッキー・ザ・ファイナル』 が公開され、2008年には、20年ぶりの新作となる『ランボー/最後の戦場』が公開された。シルヴェスター・スタローン フレッシュアイペディアより)

  • シルヴェスター・スタローン

    シルヴェスター・スタローンから見たボクシング

    1975年、29歳の時、観戦したボクシングの世界ヘビー級タイトルマッチ「モハメド・アリ対チャック・ウェプナー」の試合に感銘を受け、それをヒントにわずか3日で書き上げた脚本をもって映画会社に売り込む。脚本が気に入った映画会社は一線級スター(ロバート・レッドフォードらが候補)を主役にした大作として製作しようとしたが、スタローンは自分を主役にしないなら脚本は渡せないと固辞、結局主張は認められた。この作品こそ『ロッキー』である。もっとも無名俳優の主演作品のため低予算のB級扱いとなり、わずかな上映館でのスタートとなった。シルヴェスター・スタローン フレッシュアイペディアより)

  • シルヴェスター・スタローン

    シルヴェスター・スタローンから見たロッキー・ザ・ファイナル

    その後は『クリフハンガー』など、常に鍛え上げた肉体を駆使した作品でアメリカを代表するアクション俳優となる。2006年、シリーズ16年ぶりの新作となる『ロッキー・ザ・ファイナル』 が公開され、2008年には、20年ぶりの新作となる『ランボー/最後の戦場』が公開された。シルヴェスター・スタローン フレッシュアイペディアより)

  • シルヴェスター・スタローン

    シルヴェスター・スタローンから見た国際ボクシング殿堂

    2010年12月7日、一連の『ロッキー』シリーズのボクシング映画製作などが評価され、国際ボクシング殿堂顕彰者に選出された。シルヴェスター・スタローン フレッシュアイペディアより)

  • シルヴェスター・スタローン

    シルヴェスター・スタローンから見た大天使

    幼少の頃から大天使ミカエルの洗礼名を持つローマ・カトリックのキリスト信者である。『ロッキー・ザ・ファイナル』公開の時にはキリスト教原理主義系の番組に出演し、自身の信仰について語った。シルヴェスター・スタローン フレッシュアイペディアより)

  • シルヴェスター・スタローン

    シルヴェスター・スタローンから見たマイアミ大学 (フロリダ州)

    高校卒業後は美容師学校へ進んだが中退し、レザンにある American School of Switzerland に体育奨学金を得て入学し、演劇を学んだ(この頃から演劇に興味を持ち始めたとも)。アメリカに戻りマイアミ大学の演劇学部に3年間在籍したが、脚本家を志すため中退した(もしくは2年間在籍したが、授業料の支払いが困難となり中退した)。23歳でニューヨークに戻り本格的に俳優を志した。最終的に『ロッキー』の脚本を卒業論文として、マイアミ大学で学士を取得卒業。(アクターズスタジオ・インタビューより。)シルヴェスター・スタローン フレッシュアイペディアより)

92件中 31 - 40件表示

「シルベスター・スタローン」のニューストピックワード