92件中 41 - 50件表示
  • シルヴェスター・スタローン

    シルヴェスター・スタローンから見たボディーガード

    同じく1970年には No Place to Hide(隠れ場無し)というコメディ映画に主演した。1971年にはオフ・ブロードウェイの小劇場で Score というアダルト劇の舞台に立っている。このようにポルノ映画への出演やボディーガードなどをこなして日銭を稼ぐ極貧生活が長く続いた。顔面麻痺による演技力の限界や、あまりにも典型的なシチリア人の風貌のため54回のオーディションに落ちた。シルヴェスター・スタローン フレッシュアイペディアより)

  • シルヴェスター・スタローン

    シルヴェスター・スタローンから見た

    出産時に産科医が鉗子の扱いを誤り、顔面の左側(特に唇、、舌)の神経が傷つけられたため、言語障害(舌足らずなイントネーション)と下唇の下垂という症状が残った。このことは少年期のスタローンを内向的にさせ、空想や漫画、特に映画へ興味を向けさせた。崩れた容姿と脆弱な性格から常にいじめの対象となっていた。このトラウマは現在も残る。シルヴェスター・スタローン フレッシュアイペディアより)

  • シルヴェスター・スタローン

    シルヴェスター・スタローンから見た国際ボクシング殿堂

    2010年12月7日、一連の『ロッキー』シリーズのボクシング映画製作などが評価され、国際ボクシング殿堂顕彰者に選出された。シルヴェスター・スタローン フレッシュアイペディアより)

  • シルヴェスター・スタローン

    シルヴェスター・スタローンから見たオーストラリア

    2007年の2月に『ロッキー・ザ・ファイナル』の宣伝でオーストラリアを訪れた際、シドニー空港にて、手荷物の中にオーストラリアでは禁止されているステロイドが発見され、起訴された。5月15日に行われた審理では代理人が起訴事実を認めたが、スタローンは出廷をしなかった。21日、2500ドルの罰金を科す判決が下った。本人は当初『持ち込んだのは成長ホルモンだけだ』と弁明していたが、やがてはステロイド剤の所持を認めるに至った。しかし、後日になると『あれはテストステロンだ。ステロイドではない』と再度弁明を行った。シルヴェスター・スタローン フレッシュアイペディアより)

  • シルヴェスター・スタローン

    シルヴェスター・スタローンから見たアカデミー作品賞

    1975年、29歳の時、観戦したボクシングの世界ヘビー級タイトルマッチ「モハメド・アリ対チャック・ウェプナー」の試合に感銘を受け、それをヒントにわずか3日で書き上げた脚本をもって映画会社に売り込む。脚本が気に入った映画会社は大スター(ロバート・レッドフォードらが候補)を主役にした大作として製作しようとしたが、スタローンは自分を主役にしないなら脚本は渡せないと固辞。スタローンの意見が通ったが、スターの作品でないため低予算となり、わずかな上映館でスタートした『ロッキー』であったが、徐々に大評判を呼ぶことになった。同年のアカデミー賞最優秀作品賞を受賞し、世界的な規模で大ヒット(詳細は 『ロッキー』の項で記述)となり、映画の主人公の境遇とスタローン自身のそれが「荒んだ生活から一夜にして栄光を掴む」という古典的なまでの「アメリカン・ドリーム」を体現した点で共通していることから大変な話題を呼び、多くの人間に希望を与えた功績が評価された。シルヴェスター・スタローン フレッシュアイペディアより)

  • シルヴェスター・スタローン

    シルヴェスター・スタローンから見たマイアミ大学 (フロリダ州)

    高校卒業後は美容師学校へ進んだが中退し、レザンにある American School of Switzerland (en) に体育奨学金を得て入学し、演劇を学んだ(この頃から演劇に興味を持ち始めたとも)。アメリカに戻りマイアミ大学の演劇学部に3年間在籍したが、脚本家を志すため中退した(もしくは2年間在籍したが、授業料の支払いが困難となり中退した)。23歳でニューヨークに戻り本格的に俳優を志した。シルヴェスター・スタローン フレッシュアイペディアより)

  • シルヴェスター・スタローン

    シルヴェスター・スタローンから見たコップランド

    俳優としては鍛え上げられた肉体を全面に押し出したアクションが売りである。顔面神経麻痺、言語障害もあり決して表現力に長けているとは言えないものの、役作りに熱心でもある。コップランドでは冴えない中年警官を演じるために肉体派俳優の生命線である肉体を増量し、ランボーではノースタントで崖から飛び降り肋骨を数カ所骨折しているシルヴェスター・スタローン フレッシュアイペディアより)

  • シルヴェスター・スタローン

    シルヴェスター・スタローンから見たラスト・アクション・ヒーロー

    共に極限まで肉体を鍛え上げたアクションスターであり肉体派ヒーローを演じる機会が多いアーノルド・シュワルツェネッガーと頻繁に比較される。彼ら自身もお互いに良きライバルであり親友であるという認識を共有しており、著名人が一堂に会す場において撮影された、二人が共に納まった写真もしばしば映画誌などに掲載されている。また『ラスト・アクション・ヒーロー』、『デモリションマン』では互いにネタにし合っている。2010年公開の映画『エクスペンダブルズ』では、1シーンながら両者が共演している。『The Tomb』でも長時間共演する予定である。またシュワルツェネッガーが映画のスタントの怪我で入院した際、偶然にも病室がスタローンと一緒であり、スタローンもスタントの怪我で入院していた。そのほかにも、『フェイスオフ』は元々シュワルツェネッガーとスタローンのW主演の予定であった。シルヴェスター・スタローン フレッシュアイペディアより)

  • シルヴェスター・スタローン

    シルヴェスター・スタローンから見た美容師

    ニューヨーク州ニューヨーク市マンハッタン区の“ヘルズ・キッチン”地区出身。 父はシチリアにルーツを持つイタリア系アメリカ人の美容師、母はロシア系ユダヤ人およびフランス系アメリカ人で、元ダンサーで占星術師として著名なジャッキー・スタローン。弟のフランク・スタローンも歌手兼俳優。長男のセイジ・スタローンは俳優・監督で、また、カルト映画を専門にDVD化する「Grindhouse Releasing」の共同経営者。シルヴェスター・スタローン フレッシュアイペディアより)

  • シルヴェスター・スタローン

    シルヴェスター・スタローンから見たイタリア系アメリカ人

    ニューヨーク州ニューヨーク市マンハッタン区の“ヘルズ・キッチン”地区出身。 父はシチリアにルーツを持つイタリア系アメリカ人の美容師、母はロシア系ユダヤ人およびフランス系アメリカ人で、元ダンサーで占星術師として著名なジャッキー・スタローン。弟のフランク・スタローンも歌手兼俳優。長男のセイジ・スタローンは俳優・監督で、また、カルト映画を専門にDVD化する「Grindhouse Releasing」の共同経営者。シルヴェスター・スタローン フレッシュアイペディアより)

92件中 41 - 50件表示

「シルベスター・スタローン」のニューストピックワード