92件中 71 - 80件表示
  • シルヴェスター・スタローン

    シルヴェスター・スタローンから見たアシュケナジム

    ニューヨーク州ニューヨーク市マンハッタン区の“ヘルズ・キッチン”地区出身。 父はシチリアにルーツを持つイタリア系アメリカ人の美容師、母はロシア系ユダヤ人およびフランス系アメリカ人で、元ダンサーで占星術師として著名なジャッキー・スタローン。弟のフランク・スタローンも歌手兼俳優。長男のセイジ・スタローンは俳優・監督で、また、カルト映画を専門にDVD化する「Grindhouse Releasing」の共同経営者。シルヴェスター・スタローン フレッシュアイペディアより)

  • シルヴェスター・スタローン

    シルヴェスター・スタローンから見たレザン

    高校卒業後は美容師学校へ進んだが中退し、レザンにある American School of Switzerland (en) に体育奨学金を得て入学し、演劇を学んだ(この頃から演劇に興味を持ち始めたとも)。アメリカに戻りマイアミ大学の演劇学部に3年間在籍したが、脚本家を志すため中退した(もしくは2年間在籍したが、授業料の支払いが困難となり中退した)。23歳でニューヨークに戻り本格的に俳優を志した。シルヴェスター・スタローン フレッシュアイペディアより)

  • シルヴェスター・スタローン

    シルヴェスター・スタローンから見たキリスト教原理主義

    幼少の頃から大天使ミカエルの洗礼名を持つローマ・カトリックのキリスト者である。『ロッキー・ザ・ファイナル』公開の時にはキリスト教原理主義系の番組に出演し、自身の信仰について語った。シルヴェスター・スタローン フレッシュアイペディアより)

  • シルヴェスター・スタローン

    シルヴェスター・スタローンから見たサターン賞

    サターン賞 Lifetime Achivement Awardシルヴェスター・スタローン フレッシュアイペディアより)

  • シルヴェスター・スタローン

    シルヴェスター・スタローンから見たシドニー空港

    2007年の2月に『ロッキー・ザ・ファイナル』の宣伝でオーストラリアを訪れた際、シドニー空港にて、手荷物の中にオーストラリアでは禁止されているステロイドが発見され、起訴された。5月15日に行われた審理では代理人が起訴事実を認めたが、スタローンは出廷をしなかった。21日、2500ドルの罰金を科す判決が下った。本人は当初『持ち込んだのは成長ホルモンだけだ』と弁明していたが、やがてはステロイド剤の所持を認めるに至った。しかし、後日になると『あれはテストステロンだ。ステロイドではない』と再度弁明を行った。シルヴェスター・スタローン フレッシュアイペディアより)

  • シルヴェスター・スタローン

    シルヴェスター・スタローンから見た

    ニューヨーク州ニューヨーク市マンハッタン区の“ヘルズ・キッチン”地区出身。 はシチリアにルーツを持つイタリア系アメリカ人の美容師、母はロシア系ユダヤ人およびフランス系アメリカ人で、元ダンサーで占星術師として著名なジャッキー・スタローン。弟のフランク・スタローンも歌手兼俳優。長男のセイジ・スタローンは俳優・監督で、また、カルト映画を専門にDVD化する「Grindhouse Releasing」の共同経営者。シルヴェスター・スタローン フレッシュアイペディアより)

  • シルヴェスター・スタローン

    シルヴェスター・スタローンから見たニューヨーク州

    ニューヨーク州ニューヨーク市マンハッタン区の“ヘルズ・キッチン”地区出身。 父はシチリアにルーツを持つイタリア系アメリカ人の美容師、母はロシア系ユダヤ人およびフランス系アメリカ人で、元ダンサーで占星術師として著名なジャッキー・スタローン。弟のフランク・スタローンも歌手兼俳優。長男のセイジ・スタローンは俳優・監督で、また、カルト映画を専門にDVD化する「Grindhouse Releasing」の共同経営者。シルヴェスター・スタローン フレッシュアイペディアより)

  • シルヴェスター・スタローン

    シルヴェスター・スタローンから見たアクション映画

    シルヴェスター・ガーデンツィオ・スタローン(Sylvester Gardenzio Stallone, 1946年7月6日 - )は、アメリカ合衆国の俳優、映画監督、脚本家。 1970年代から1990年代のアクション映画を代表するメガスター。60歳を超えた現在でも、己の肉体を魅せる激しいアクションをこなす現役の映画俳優である。左利き。シルヴェスター・スタローン フレッシュアイペディアより)

  • シルヴェスター・スタローン

    シルヴェスター・スタローンから見たランボー/怒りの脱出

    熱心な共和党員で、政治的な発言も多い。2008年の大統領選挙では同党のジョン・マケイン候補への応援活動を行った。また、その影響が自身の作品に色濃く現れる事もあった(『ランボー/怒りの脱出』、『ランボー3/怒りのアフガン』、『ロッキー4/炎の友情』等)。シルヴェスター・スタローン フレッシュアイペディアより)

  • シルヴェスター・スタローン

    シルヴェスター・スタローンから見た審理

    2007年の2月に『ロッキー・ザ・ファイナル』の宣伝でオーストラリアを訪れた際、シドニー空港にて、手荷物の中にオーストラリアでは禁止されているステロイドが発見され、起訴された。5月15日に行われた審理では代理人が起訴事実を認めたが、スタローンは出廷をしなかった。21日、2500ドルの罰金を科す判決が下った。本人は当初『持ち込んだのは成長ホルモンだけだ』と弁明していたが、やがてはステロイド剤の所持を認めるに至った。しかし、後日になると『あれはテストステロンだ。ステロイドではない』と再度弁明を行った。シルヴェスター・スタローン フレッシュアイペディアより)

92件中 71 - 80件表示