前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
116件中 1 - 10件表示
  • 2009年のイタリア

    2009年のイタリアから見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    2月6日 - 17年前の交通事故により植物状態に陥っていた38歳のイタリア人女性について、家族の要請により延命措置を停止。同月9日、女性は死亡した。延命措置の停止にはローマ教皇庁は猛反対しており、イタリアの世論も賛否二分していた。中道右派のベルルスコーニ政権は延命停止阻止に動いていたが、女性の死はその矢先だった 。2009年のイタリア フレッシュアイペディアより)

  • ジャンフランコ・フィーニ

    ジャンフランコ・フィーニから見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    副首相兼外務大臣(第2次・第3次ベルルスコーニ内閣)、国民同盟(AN)党首(初代)、イタリア社会運動・国民右翼(MSI-DN)党首、イタリア社会運動・国民同盟(MSI-AN)党首を歴任。ジャンフランコ・フィーニ フレッシュアイペディアより)

  • オリーブの木

    オリーブの木から見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    1994年の第12回総選挙で勝利した中道右派連合は、シルヴィオ・ベルルスコーニを首相に政権運営を担ったが、ベルルスコーニの汚職疑惑によりわずか1年で崩壊した。第12回総選挙を政党連合「進歩主義者」で臨んだものの敗北した中道左派連合は、ベルルスコーニ政権総辞職後に発足したランベルト・ディーニ率いる非政治家内閣を信任、政権への影響力を持つ一方で次期総選挙に向けて中道勢力との連携が課題であった。オリーブの木 フレッシュアイペディアより)

  • 1994年の政治

    1994年の政治から見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    1月18日 - イタリアの実業家、シルヴィオ・ベルルスコーニが新党「フォルツァ・イタリア」(FI)を結成し、次期総選挙への出馬を表明する。1994年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年イタリア総選挙

    2008年イタリア総選挙から見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    ファイル:Silvio Berlusconi in Japan.jpg|自由の人民(PdL)シルヴィオ・ベルルスコーニ2008年イタリア総選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 共産主義再建党

    共産主義再建党から見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    1996年の総選挙においてロマーノ・プローディ率いる中道左派連合「オリーブの木」がシルヴィオ・ベルルスコーニ率いるフォルツァ・イタリアを破ったが議会過半数に及ばなかった。そこで当時書記長であったベルティノッティは閣外協力で合意したことによりプローディ政権が発足、再建党は与党入りした。共産主義再建党 フレッシュアイペディアより)

  • ロッジP2

    ロッジP2から見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    その中には、第二次世界大戦後の王制廃止により、スイスやポルトガルでの亡命生活を余儀なくされていたヴィットーリオ・エマヌエーレ・ディ・サヴォイア元イタリア王国王太子の他にも、30人のイタリアの現役将軍、38人の現役国会議員、4人の現役閣僚、更には情報部員や後にイタリア首相となるシルヴィオ・ベルルスコーニなどの実業家、大学教授などが含まれており、「P2事件」と呼ばれイタリア政界を揺るがす大スキャンダルとなり、ときのアルナルド・フォルラーニ首相は辞任に追い込まれた。ロッジP2 フレッシュアイペディアより)

  • 北部同盟 (イタリア)

    北部同盟 (イタリア)から見たベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    1994年の総選挙で北部同盟は同じく既存政党の票をさらって躍進したベルルスコーニのフォルツァ・イタリアが主導する右派連合「自由の極」に加わって選挙を戦い、ジャンフランコ・フィーニの国民同盟(旧ネオ・ファシスト党)や キリスト教中道民主連合らと共に第一次ベルルスコーニ内閣を樹立した。しかしその背後で選挙戦そのものは苦戦を強いられており、労働者層の多くがキリスト教民主主義を主張したフォルツァ・イタリア党に投票したことで、得票率は以前より後退してしまっていた。しかし選挙区の幾つかの投票区構造などから、得票率から見れば過大な議席数を得て存在感を発揮することができた。政権でも下院議長や、5つの大臣職(副首相・工業大臣・経済大臣・欧州議会担当大臣・行政改革担当大臣)を与える厚遇だったが、友好関係は長く続かなかった。北部同盟 (イタリア) フレッシュアイペディアより)

  • 2013年イタリア総選挙

    2013年イタリア総選挙から見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    2011年11月、悪化していた財政危機の責任を取るためベルルスコーニ首相が辞任した後、ナポリターノ大統領はエコノミストであるモンティを後継首相に指名、上下両院で北部同盟を除く各政党の承認を経て政治家を排除した企業幹部や外交官などで構成される実務型内閣を発足させた。モンティ首相は緊縮財政政策を実施、同時に年金支給開始年齢の引き上げや物価スライド制の廃止といった年金改革や、資産税や付加価値税の増税、解雇規制の緩和などを実施した。2013年イタリア総選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年

    2008年から見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    4月13日・14日 - イタリア議会(元老院・代議院)総選挙が施行され、シルヴィオ・ベルルスコーニ率いる右派・中道連合の自由の人民が両院で過半数を獲得した。この結果、イタリアは第三次ベルルスコーニ政権が発足することが確実な情勢となった。2008年 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
116件中 1 - 10件表示

「シルヴィオ・ベルルスコーニ」のニューストピックワード