116件中 91 - 100件表示
  • パオロ・マルディーニ

    パオロ・マルディーニから見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    とはいえ、セリエAはもとより世界に於いてトップクラスの資質を保ち続けたこと、平均年齢が高齢化したミランのディフェンダー陣再構築が遅々として進んでいなかったこと、また精神的支柱としての立場を考慮し、シルヴィオ・ベルルスコーニ会長らクラブ首脳陣は慰留を続けた。パオロ・マルディーニ フレッシュアイペディアより)

  • マフィア

    マフィアから見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    シルヴィオ・ベルルスコーニ:イタリアの首相マフィア フレッシュアイペディアより)

  • 1936年

    1936年から見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    9月29日 - シルヴィオ・ベルルスコーニ、政治家、(第74・79・81代)イタリア首相1936年 フレッシュアイペディアより)

  • 財閥

    財閥から見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    フィニンヴェスト - 現代イタリアにおける大手の複合企業体(新興財閥扱い)。後に首相となるシルヴィオ・ベルルスコーニにより設立、同国の有力プロサッカーチーム・ACミランの買収に関与。財閥 フレッシュアイペディアより)

  • ロンバルディア州

    ロンバルディア州から見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    シルヴィオ・ベルルスコーニ - 実業家、イタリア共和国首相。ミラノ生まれ。ロンバルディア州 フレッシュアイペディアより)

  • イタリアの歴史

    イタリアの歴史から見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    1994年には、TVや雑誌などの企業を持つフィニンヴェストの総裁で、上記の「ロッジP2」のメンバーでもあったシルヴィオ・ベルルスコーニは、自らの政党フォルツァ・イタリアを旗揚げし、メディア戦を展開、下院選に当選・連立内閣を結成して首相となった。これらの影響で戦後の最大政党であったキリスト教民主主義 やイタリア社会党などが解体し、政界再編が促された。イタリアの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • ウゴ・チャベス

    ウゴ・チャベスから見たベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    ベラルーシとも友好的で、2006年にはアレクサンドル・ルカシェンコ大統領とミンスクで会談。欧米から「ヨーロッパ最後の独裁者」と非難されているルカシェンコ大統領に対し、チャベス大統領は「欧州でも反米の同志を得た」と述べ連帯を呼びかけた。しかし2009年にベラルーシは欧州側に接近しているためにベラルーシはロシアとの関係は悪化しているが相変わらずチャベスとは仲良く、2009年の訪問の際に「キューバ、アルジェリア、リビア、トルクメニスタンら『悪の枢軸』からのあいさつ状を持ってきたぞ!」と反米ジョーク炸裂し、さらにヴェネツィア国際映画祭を訪問した事に触れ「ベルルスコーニ首相からのあいさつも持ってきた」と言う発言で、ルカシェンコ大統領はベルルスコーニは悪の枢軸でないと突っ込んだ。ウゴ・チャベス フレッシュアイペディアより)

  • フランコ・フラッティーニ

    フランコ・フラッティーニから見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    第2次ベルルスコーニ政権で外相を務め、その後欧州委員会(バローゾ委員会)で副委員長・司法・自由・安全担当に就く。2008年イタリア総選挙で自由の人民が勝利してベルルスコーニが政権を奪還したさい、欧州委員を辞任して再び同国外相の職に戻った。フランコ・フラッティーニ フレッシュアイペディアより)

  • ロバート・デ・ニーロ

    ロバート・デ・ニーロから見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    2005年にイタリアのシルヴィオ・ベルルスコーニ首相が彼を「著名なイタリア系移民」として表彰しようとしたが、一部市民団体がデ・ニーロは『ゴッドファーザー』などで「イタリア=マフィア」のマイナスイメージを植え付けた人物だとして抗議。紆余曲折の末、2006年のローマ映画祭の最終日のセレモニーの際に名誉市民権が授与された。ロバート・デ・ニーロ フレッシュアイペディアより)

  • アリタリア-イタリア航空

    アリタリア-イタリア航空から見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    2008年3月に、アリタリア航空はいったんエールフランス-KLMの買収案を受け入れたものの、労働組合側が反対しており、交渉が難航した。また、イタリアのシルヴィオ・ベルルスコーニ首相も、「エールフランス-KLMによる買収を拒否する」と発言したが、その一方で、アリタリア本社の経営審議会は3月26日に満場一致でエールフランス-KLMへの売却案を可決するなど、迷走が続いていた。アリタリア-イタリア航空 フレッシュアイペディアより)

116件中 91 - 100件表示

「シルヴィオ・ベルルスコーニ」のニューストピックワード