152件中 91 - 100件表示
  • パオロ・マルディーニ

    パオロ・マルディーニから見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    とはいえ、セリエAはもとより世界に於いてトップクラスの資質を保ち続けたこと、平均年齢が高齢化したミランのディフェンダー陣再構築が遅々として進んでいなかったこと、また精神的支柱としての立場を考慮し、シルヴィオ・ベルルスコーニ会長らクラブ首脳陣は慰留を続けた。パオロ・マルディーニ フレッシュアイペディアより)

  • ベッペ・グリッロ

    ベッペ・グリッロから見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    第2回の「Vの日」は、2008年4月25日にトリノで行われた。そこでは、政府から財政支援を受けているイタリアの報道機関がやり玉に挙げられた。グリッロはイタリアの報道の自由の欠如だけでなく、火葬に対する支持を表明したウンベルト・ヴェロネージ元厚生相、イタリア国内の北大西洋条約機構 (NATO) 基地、シルヴィオ・ベルルスコーニをはじめとする政治家、Europa 7に割り振られた周波数をいまだ引き渡さない Rete 4 というテレビ局などを厳しく批判した。ベッペ・グリッロ フレッシュアイペディアより)

  • イタリアの歴史

    イタリアの歴史から見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    1994年には、TVや雑誌などの企業を持つフィニンヴェストの総裁で、上記の「ロッジP2」のメンバーでもあったシルヴィオ・ベルルスコーニは、自らの政党フォルツァ・イタリアを旗揚げし、メディア戦を展開、下院選に当選・連立内閣を結成して首相となった。これらの影響で戦後の最大政党であったキリスト教民主主義 やイタリア社会党などが解体し、政界再編が促された。イタリアの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • ウゴ・チャベス

    ウゴ・チャベスから見たベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    ベラルーシとも友好的で、2006年にはアレクサンドル・ルカシェンコ大統領とミンスクで会談。欧米から「ヨーロッパ最後の独裁者」と非難されているルカシェンコ大統領に対し、チャベス大統領は「欧州でも反米の同志を得た」と述べ連帯を呼びかけた。しかし2009年にベラルーシは欧州側に接近しているためにベラルーシはロシアとの関係は悪化しているが相変わらずチャベスとは仲良く、2009年の訪問の際に「キューバ、アルジェリア、リビア、トルクメニスタンら『悪の枢軸』からのあいさつ状を持ってきたぞ!」と反米ジョークを炸裂し、さらにヴェネツィア国際映画祭を訪問した事に触れ「ベルルスコーニ首相からのあいさつも持ってきた」と言う発言で、ルカシェンコ大統領はベルルスコーニは悪の枢軸でないと突っ込んだ。ウゴ・チャベス フレッシュアイペディアより)

  • マフィア

    マフィアから見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    シルヴィオ・ベルルスコーニ:イタリアの首相マフィア フレッシュアイペディアより)

  • ジョルジャ・メローニ

    ジョルジャ・メローニから見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    無任所大臣(第3次ベルルスコーニ内閣)、下院副議長、下院議員(3期)、国民同盟(AN)及び自由の人民(PdL)党青年団書記長、イタリアの同胞(FdI)副代表などを歴任した。ジョルジャ・メローニ フレッシュアイペディアより)

  • 暗黒街 (2015年の映画)

    暗黒街 (2015年の映画)から見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    2011年11月12日にベルルスコーニ伊首相が退陣を表明するまでの1週間を背景に、権力と金と欲望渦巻くローマを舞台に繰り広げられる政治家とマフィアの血みどろの抗争を描く、ノワール・アクション。暗黒街 (2015年の映画) フレッシュアイペディアより)

  • イタリア放送協会

    イタリア放送協会から見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    テレビ3チャンネル(他にも衛星/デジタル放送向けチャンネルが存在)とラジオ3チャンネルを持つ。運営収入は国民からの受信料と広告収入からなる。ガスパリ法により分割民営化されることになっていたが、シルヴィオ・ベルルスコーニの率いる民間放送局グループ「メディアセット (Mediaset)」に有利だという反発を内外で招き、法案は成立していない。イタリア放送協会 フレッシュアイペディアより)

  • アリタリア-イタリア航空

    アリタリア-イタリア航空から見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    2008年3月に、アリタリア航空はいったんエールフランス-KLMの買収案を受け入れたものの、労働組合側が反対しており、交渉が難航した。また、イタリアのシルヴィオ・ベルルスコーニ首相も、「エールフランス-KLMによる買収を拒否する」と発言したが、その一方で、アリタリア本社の経営審議会は3月26日に満場一致でエールフランス-KLMへの売却案を可決するなど、迷走が続いていた。アリタリア-イタリア航空 フレッシュアイペディアより)

  • イタリア社会党

    イタリア社会党から見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    その後、クラクシの息子やクラクシのもとで活躍したデ=ミケリス元外相らがボゼッリらのSDIとは別に新イタリア社会党(NPSI)を結成。ただし、NPSIはシルヴィオ・ベルルスコーニ中道右派政権の連立与党であり、現在のイタリアの社会民主主義勢力の中心は民主党である。イタリア社会党 フレッシュアイペディアより)

152件中 91 - 100件表示

「シルヴィオ・ベルルスコーニ」のニューストピックワード