116件中 11 - 20件表示
  • 2011年

    2011年から見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    イタリアの検察当局が、未成年買春などの疑いで、ベルルスコーニ首相の捜査を開始。2011年 フレッシュアイペディアより)

  • ベルルスコーニ

    ベルルスコーニから見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    ベルルスコーニ フレッシュアイペディアより)

  • ウルバーノ・カイロ

    ウルバーノ・カイロから見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    カイロはミラノで広告代理業、雑誌の編集・出版などのメディア関連ビジネスを営み、ACミランのオーナー・シルヴィオ・ベルルスコーニの戦略コンサルタントも務める敏腕の実業家として蓄財した。ウルバーノ・カイロ フレッシュアイペディアより)

  • フランチェスコ・ルテッリ

    フランチェスコ・ルテッリから見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    1999年、市長在任のまま欧州民主党から欧州議会選挙に出馬、当選する。2001年、中道左派連合「オリーブの木」の首相候補に指名され市長を辞職して下院選に再出馬するも、シルヴィオ・ベルルスコーニ率いる中道右派連合「自由の家」に敗北する。フランチェスコ・ルテッリ フレッシュアイペディアより)

  • シルビオ・ベルルスコーニ

    シルビオ・ベルルスコーニから見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    シルビオ・ベルルスコーニ フレッシュアイペディアより)

  • オランダトリオ

    オランダトリオから見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    1986年、実業家のシルヴィオ・ベルルスコーニがACミランの会長職に就任し、潤沢な資金を得ることができるようになったミランは、1987年に当時オランダ・アヤックスのエースストライカーだったファン・バステン、そして同じくオランダのPSVアイントホーフェンをリーグ優勝に導いたフリットを獲得。同年に就任したアリゴ・サッキ監督の下、両名の活躍もあり、ACミランはこのシーズンのリーグ優勝を果たす。オランダトリオ フレッシュアイペディアより)

  • ウンベルト・ボッシ

    ウンベルト・ボッシから見たベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    元々はイタリア共産党を支持する共産主義者であったが、革新思想に属する地方分権について興味を抱いた事から次第に地域運動に軸を移すようになる。当時、経済が深刻な低迷に陥り、旧来の巨大政党が衰退するという混乱期のイタリアにおいて、その敵対者に対する苛烈な言動(現在は友好関係にあるベルルスコーニと対立した際には、彼を「マフィア」呼ばわりして問題になった)と地方の権利確保の為なら国家分裂をも辞さない強硬姿勢から支持を集め、党勢を伸ばした。ウンベルト・ボッシ フレッシュアイペディアより)

  • ステファノ・ボンターデ

    ステファノ・ボンターデから見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    シルヴィオ・ベルルスコーニは1970年代にヴィットリオ・マンガーノを馬丁として雇ったのを機にステファノ・ボンターデと親しく付き合うようになった。ステファノ・ボンターデ フレッシュアイペディアより)

  • ジュリエット・キエザ

    ジュリエット・キエザから見たベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    1979年以降、ウニタ紙(再建共産党系)常勤編集者を皮切りに、ジャーナリストとして、同紙モスクワ特派員、ラ・スタンパ紙モスクワ特派員、民放カナレ5局(ベルルスコーニ系)ニュース、国営イタリア放送協会RAI1局ニュース、同3局ニュースに勤務した。また、ラジオスイス国際、ラジオ・バチカン、BBCロシア語、リバティラジオ、ロシアNTV(露)、ドイツDeutsche Welleなど国外の放送局に協力した。ジュリエット・キエザ フレッシュアイペディアより)

  • 第35回主要国首脳会議

    第35回主要国首脳会議から見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    当初、サミットの開催地にはサルデーニャ州ラ・マッダレーナが選ばれており、現地では準備が急ピッチで進んでいた。しかし、閣僚評議会議長のシルヴィオ・ベルルスコーニは、2009年4月になって突如ラクイラへの変更を表明した。ラクイラは2009年のラクイラ地震により大きな被害を受けており、ベルルスコーニはサミットを被災地復興の足がかりにする考えを示した。また、開催地を変更することで、支出を2億2000万ユーロ削減できるとしている。ただ、ラクイラでは余震が頻発していたことから、開催期間中に大規模な余震が発生した際には首脳らをローマに避難させ、避難先で議事を継続する計画が発表された。イタリアの防災当局は、マグニチュード4以上の余震が発生した場合に、首脳だけでなく全出席者を避難させると表明した。第35回主要国首脳会議 フレッシュアイペディアより)

116件中 11 - 20件表示

「シルヴィオ・ベルルスコーニ」のニューストピックワード