152件中 21 - 30件表示
  • ウルバーノ・カイロ

    ウルバーノ・カイロから見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    カイロはミラノで広告代理業、雑誌の編集・出版などのメディア関連ビジネスを営み、ACミランのオーナー・シルヴィオ・ベルルスコーニの戦略コンサルタントも務める敏腕の実業家として蓄財した。ウルバーノ・カイロ フレッシュアイペディアより)

  • フィニンヴェスト

    フィニンヴェストから見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    「フィニンヴェスト」と言う会社はシルヴィオ・ベルルスコーニにより1978年ミラノに設立されたが、既に彼は1961年からイタリアの富豪として、土木分野での実業家活動(ミラノ2、ミラノ3、ブルゲーリオ)などを始めていた。フィニンヴェスト フレッシュアイペディアより)

  • 第2次ロマーノ・プローディ内閣

    第2次ロマーノ・プローディ内閣から見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    2005年に結成した中道左派連合「ルニオーネ」は、1996年の総選挙で政権交代を実現したプローディを再び首相候補に選出、翌2006年の総選挙ではシルヴィオ・ベルルスコーニ率いる中道右派連合「自由の家」を抑え、上下両院で過半数を制した。第2次ロマーノ・プローディ内閣 フレッシュアイペディアより)

  • 1994年欧州議会議員選挙 (イタリア)

    1994年欧州議会議員選挙 (イタリア)から見たベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    3月に総選挙が行われ、右派政党のフォルツァ・イタリア(頑張れイタリア)を中核とするベルルスコーニ政権が発足して間もない6月に行われた選挙である。1994年欧州議会議員選挙 (イタリア) フレッシュアイペディアより)

  • フィレッティーノ

    フィレッティーノから見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    シルヴィオ・ベルルスコーニ政権下で行われる財政緊縮策の一環として、1000人以下の村を統廃合し補助金を削減する案に村長のルーカ・セッラーリが反発し、2011年8月に独立を宣言(国名:Principato di Filettino、フィレッティーノ公国)。独自の通貨発行を画策したり、“公国”の君主とするべく旧王家にも接触するなどしたことでイタリア国内でも話題となった。2011年12月には議会選挙が行われた。現在は、ベルルスコーニの下で国会議員を務めた弁護士のカルロ・タオルミーナが“摂政”として暫定君主を務めている。2012年3月には、映画監督のパスクエーレ・スクイティエリを“首相”とする12人の閣僚からなる内閣が発足した。フィレッティーノ フレッシュアイペディアより)

  • 第4次ベルルスコーニ内閣

    第4次ベルルスコーニ内閣から見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    第4次ベルルスコーニ内閣(だい4じベルルスコーニないかく、Governo Prodi I)は、イタリアの内閣。首相(閣僚評議会議長)はシルヴィオ・ベルルスコーニ(第81代)。第4次ベルルスコーニ内閣 フレッシュアイペディアより)

  • ワルテル・ヴェルトローニ

    ワルテル・ヴェルトローニから見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    2008年、ローマ市長を辞職して下院選にPDの首相候補として出馬、結果はシルヴィオ・ベルルスコーニ率いる自由の人民(PdL)が圧勝しPDの下野が確定するも下院議員に復帰、合わせて書記長職の留任を表明した。ワルテル・ヴェルトローニ フレッシュアイペディアより)

  • オランダトリオ

    オランダトリオから見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    1986年、実業家のシルヴィオ・ベルルスコーニがACミランの会長職に就任し、潤沢な資金を得ることができるようになったミランは、1987年に当時オランダ・アヤックスのエースストライカーだったファン・バステン、そして同じくオランダのPSVアイントホーフェンをリーグ優勝に導いたフリットを獲得。同年に就任したアリゴ・サッキ監督の下、両名の活躍もあり、ACミランはこのシーズンのリーグ優勝を果たす。オランダトリオ フレッシュアイペディアより)

  • 第35回主要国首脳会議

    第35回主要国首脳会議から見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    当初、サミットの開催地にはサルデーニャ州ラ・マッダレーナが選ばれており、現地では準備が急ピッチで進んでいた。しかし、閣僚評議会議長のシルヴィオ・ベルルスコーニは、2009年4月になって突如ラクイラへの変更を表明した。ラクイラは2009年のラクイラ地震により大きな被害を受けており、ベルルスコーニはサミットを被災地復興の足がかりにする考えを示した。また、開催地を変更することで、支出を2億2000万ユーロ削減できるとしている。ただ、ラクイラでは余震が頻発していたことから、開催期間中に大規模な余震が発生した際には首脳らをローマに避難させ、避難先で議事を継続する計画が発表された。イタリアの防災当局は、マグニチュード4以上の余震が発生した場合に、首脳だけでなく全出席者を避難させると表明した。第35回主要国首脳会議 フレッシュアイペディアより)

  • ロマーノ・プローディ

    ロマーノ・プローディから見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    1995年2月、シルヴィオ・ベルルスコーニ首相率いる与党・フォルツァ・イタリアに対抗する中道左派勢力の首相候補として名乗りを上げ、下院(代議院)選挙への出馬を表明。中道左翼連合「オリーブの木」を結成し議長に就任した。ロマーノ・プローディ フレッシュアイペディアより)

152件中 21 - 30件表示