152件中 31 - 40件表示
  • アドリアーノ・チェレンターノ

    アドリアーノ・チェレンターノから見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    ミラノ生まれ。時計の修理工など、さまざまな職業に就いたあと、1957年に歌手デビューする。1960年のフェリーニの映画「甘い生活」には本人役で出演し、ロックを熱唱した。1961年にサンレモ音楽祭に出場し、「2万4千回のキス」で準優勝を飾る。数多くのヒット曲を出し、CDの売り上げは1億5000万枚を超える。70歳を過ぎてなお現役で、チェレンターノがメインで司会し歌うテレビ番組も持つ。政治的発言も多く、2005年にイタリア国営放送Raiで放映されていた歌番組“Rockpolitik”では、ベルルスコーニ首相はじめ、時の政治家を風刺しすぎて、放送を阻止しようとした政治家もいたという。歌のほかに、映画監督、俳優、司会など、多彩な活躍をしている。アドリアーノ・チェレンターノ フレッシュアイペディアより)

  • ベッティーノ・クラクシ

    ベッティーノ・クラクシから見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    クラクシは、1987年まで2期4年首相の座にあったが、これは1945年以後のイタリア首相ではデ・ガスペリに次ぐ長さであった(その後、シルヴィオ・ベルルスコーニがこの記録を塗り替えている)。しかし1990年代のタンジェントポリでクラクシも汚職事件に関与したとして捜査の対象となったため、チュニジアに亡命。そのままイタリアに帰国することなく、ハンマメットにて心臓発作で客死した。ベッティーノ・クラクシ フレッシュアイペディアより)

  • DDL intercettazioni

    DDL intercettazioniから見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    マックス・プランク研究所が2006年に調査したところによるとイタリア人が使用する電話が盗聴される割合が他の欧州各国より大きいことが判明した。シルヴィオ・ベルルスコーニ首相と親交がある人物も盗聴被害に遭っている。一例として2007年12月、ベルルスコーニと野党党首、(RAIジェネラルディレクター)との録音された電話のやり取りが週刊誌「」に暴露され、複数のメディアからベルルスコーニ首相への強い批判が巻き起こった。DDL intercettazioni フレッシュアイペディアより)

  • フィンランド料理

    フィンランド料理から見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    フィンランド料理は、イギリス料理と並び評判はあまり良いとは言えない。例として、2005年フランス大統領ジャック・シラクは、フィンランド料理について「欧州で最悪の料理の1つで、英国料理よりはわずかにおいしいだけ」と酷評したと報じられた。また、イタリアの首相シルヴィオ・ベルルスコーニも、フィンランドのスモークトナカイを「パルマ産のハムのほうが比べ物にならないほど美味い」などと語っている。こうしたイメージの悪さは、かつては過酷な風土ゆえ新鮮な果物や野菜が中々手に入りにくく、根菜や黒ライ麦パン、発酵乳製品などに拠らざるを得ず、またフィンランド料理の薄味が外国人にはなじめないこと、さらに古くから塩以外の香辛料も入手が困難であったことなどが原因として挙げられる。フィンランド料理 フレッシュアイペディアより)

  • ステファノ・ボンターデ

    ステファノ・ボンターデから見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    シルヴィオ・ベルルスコーニは1970年代にヴィットリオ・マンガーノを馬丁として雇ったのを機にステファノ・ボンターデと親しく付き合うようになった。ステファノ・ボンターデ フレッシュアイペディアより)

  • 欧州議会議員

    欧州議会議員から見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    リリー・グルーバー - イタリアのテレビジャーナリスト。シルヴィオ・ベルルスコーニのメディア支配に反発して政界入りした。欧州議会議員 フレッシュアイペディアより)

  • BodogFight

    BodogFightから見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    2007年4月14日には、ロシア・サンクトペテルブルク大会を開催。PRIDEヘビー級王者であるエメリヤーエンコ・ヒョードルの参戦を実現し、ヒョードル対マット・リンドランドが行われた。この大会は、ロシアの当時大統領ウラジーミル・プーチン、イタリアの元首相シルヴィオ・ベルルスコーニなど政治家の観戦が目立った。BodogFight フレッシュアイペディアより)

  • マーラ・カルファーニャ

    マーラ・カルファーニャから見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    イタリアのテレビ局に勤務後、モデル・タレントを経て2006年にイタリア代議院に議員当選、政治家に転身した。2008年よりシルヴィオ・ベルルスコーニ政権において機会均等担当大臣に就任し、「世界で最も美しい閣僚」とされたが、2010年11月19日に政界を引退する意向であると報じられた。マーラ・カルファーニャ フレッシュアイペディアより)

  • スロベニアの歴史

    スロベニアの歴史から見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    スロベニア憲法第68条では外国人によるスロベニアの土地購入を禁止していたが、イタリアのシルヴィオ・ベルルスコーニ首相が第二次世界大戦時に失われたイタリアの財産を保証するようスロベニアに求めていたことにより、問題が表面化した。後にスペインの仲介を得たことにより解決へ向かったが、この条文はEU加盟への障害となっていた。そのため、国民投票を行った上でこの条文の修正が行われ、スロベニアのEU加盟への障害が取り除かれることとなった。スロベニアの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • NHK民営化

    NHK民営化から見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    だが、民放に対する規制が緩く、ほぼ野放し状態であったことから、メディアセット社のような寡占企業の台頭をも許した。首相のシルヴィオ・ベルルスコーニ率いる同社は、現在では、4つの主要民放テレビ局のうち、3つ(Rete 4、Canale 5、Italia 1)を支配している。ベルルスコーニは、テレビ放送への影響力をさらに強めるため、2003年にテレビ・ラジオ制度再均衡法(提出した通信大臣の名にちなみ「ガスパリ法」)を議会で可決させた。この法律によって、RAIの分割民営化が定められたほか、マスメディアの寡占規制が緩和される事になっていた。時の大統領カルロ・アツェリオ・チャンピがガスパリ法への署名を拒否したため、法案は議会へと再び戻されたが、結局、若干の修正を経て2004年に成立した。NHK民営化 フレッシュアイペディアより)

152件中 31 - 40件表示