116件中 31 - 40件表示
  • ワルテル・ヴェルトローニ

    ワルテル・ヴェルトローニから見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    2008年、ローマ市長を辞職して下院選にPDの首相候補として出馬、結果はシルヴィオ・ベルルスコーニ率いる自由の人民(PdL)が圧勝しPDの下野が確定するも下院議員に復帰、合わせて書記長職の留任を表明した。ワルテル・ヴェルトローニ フレッシュアイペディアより)

  • 2006年イタリア総選挙

    2006年イタリア総選挙から見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    画像:Silvio Berlusconi shakes hands with Bush.jpg|自由の家(CdL)シルヴィオ・ベルルスコーニ2006年イタリア総選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 第2次ロマーノ・プローディ内閣

    第2次ロマーノ・プローディ内閣から見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    2005年に結成した中道左派連合「ルニオーネ」は、1996年の総選挙で政権交代を実現したプローディを再び首相候補に選出、翌2006年の総選挙ではシルヴィオ・ベルルスコーニ率いる中道右派連合「自由の家」を抑え、上下両院で過半数を制した。第2次ロマーノ・プローディ内閣 フレッシュアイペディアより)

  • ニコラ・サルコジ

    ニコラ・サルコジから見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    尊敬する政治家としてイギリスのトニー・ブレアを挙げたほか、イタリアのシルヴィオ・ベルルスコーニを「政治家としての手本」としており、大統領当選時に真っ先に電話するなど親密な関係で知られる。ニコラ・サルコジ フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・エルカーン

    ジョン・エルカーンから見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    2004年9月4日に、伯爵家出身のラビーナ・ボッロメオと結婚した。結婚式にはシルヴィオ・ベルルスコーニ首相などイタリアの政財界の大物がそろって出席した。ジョン・エルカーン フレッシュアイペディアより)

  • フィレッティーノ

    フィレッティーノから見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    シルヴィオ・ベルルスコーニ政権下で行われる財政緊縮策の一環として、1000人以下の村を統廃合し補助金を削減する案に村長のルーカ・セッラーリが反発し、2011年8月に独立を宣言(国名:Principato di Filettino、フィレッティーノ公国)。独自の通貨発行を画策したり、“公国”の君主とするべく旧王家にも接触するなどしたことでイタリア国内でも話題となった。2011年12月には議会選挙が行われた。現在は、ベルルスコーニの下で国会議員を務めた弁護士のカルロ・タオルミーナが“摂政”として暫定君主を務めている。2012年3月には、映画監督のパスクエーレ・スクイティエリを“首相”とする12人の閣僚からなる内閣が発足した。フィレッティーノ フレッシュアイペディアより)

  • ラクイラ地震

    ラクイラ地震から見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    最初の朝までには市民保護局長グイード・ベルトラーゾ、アブルッツォ州知事ジョヴァンニ・キオーディと市民保護局の車両の列がラクイラに到着した。昼には首相シルヴィオ・ベルルスコーニ、内務大臣ロベルト・マローニ、インフラ・運輸大臣アルテロ・マッテオーリが現地に到着した。ラクイラ地震 フレッシュアイペディアより)

  • フィンランド料理

    フィンランド料理から見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    フィンランド料理は、イギリス料理と並び評判が良くない。たとえば2005年、当時のフランス大統領ジャック・シラクは、フィンランド料理について「欧州で最悪の料理の1つで、英国料理よりはわずかにおいしいだけ」と酷評したと報じられたし、イタリアの首相シルヴィオ・ベルルスコーニも、フィンランドのスモークトナカイを「パルマ産のハムのほうが比べ物にならないほど美味い」などと語っている。こうしたイメージの悪さは、かつては過酷な風土ゆえ新鮮な果物や野菜が中々手に入りにくく、根菜や黒ライ麦パン、発酵乳製品などに拠らざるを得ず、またフィンランド料理の薄味が外国人にはなじめないこと、さらに古くから塩以外の香辛料も入手が困難であったことなどが原因として挙げられる。フィンランド料理 フレッシュアイペディアより)

  • 欧州議会議員

    欧州議会議員から見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    リリー・グルーバー - イタリアのテレビジャーナリスト。シルヴィオ・ベルルスコーニのメディア支配に反発して政界入りした。欧州議会議員 フレッシュアイペディアより)

  • ルチアーノ・モッジ

    ルチアーノ・モッジから見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    1994年からユヴェントスのGMに就任。その背景には、ライバルクラブであるACミランの会長シルヴィオ・ベルルスコーニやインテルの会長マッシモ・モラッティに対抗できうる人物を、財力で劣るユヴェントスが欲しがったことがある。ほどなく彼はイタリアサッカー界に絶大な権力を発揮し、時にその強引な手腕が批判を集めたが、常勝ユヴェントスの座を確固たるものにし、多くのタイトルが彼の下で獲得された。元代表取締役のアントニオ・ジラウド、元副会長のロベルト・ベッテガを加えた3人の幹部は揺るぎない地位を確立し、「ユーヴェ3巨頭」と称された。ルチアーノ・モッジ フレッシュアイペディアより)

116件中 31 - 40件表示

「シルヴィオ・ベルルスコーニ」のニューストピックワード