152件中 41 - 50件表示
  • バルバラ・ベルルスコーニ

    バルバラ・ベルルスコーニから見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    バルバラ・ベルルスコーニは、1984年夏にスイスバーゼル=ラント準州アルレスハイムで、シルヴィオ・ベルルスコーニとヴェロニカ・ラリオの娘として生まれた。バルバラ・ベルルスコーニの代父はベッティーノ・クラクシであった。バルバラ・ベルルスコーニ フレッシュアイペディアより)

  • 第31回主要国首脳会議

    第31回主要国首脳会議から見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    イタリア — シルヴィオ・ベルルスコーニ(首相)第31回主要国首脳会議 フレッシュアイペディアより)

  • リカルド・マルティネリ

    リカルド・マルティネリから見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    2011年12月、かつての軍事政権の指導者であるマヌエル・ノリエガの身柄が、マルティネリ政権によってフランスからパナマに移送された。批評家はこの件について、マルティネリが行政の不祥事から国民の注意をそらすために要請したものだと非難したが、この非難はフランスとパナマの両政府から否定された。マルティネリがイタリアのシルヴィオ・ベルルスコーニ首相の補佐官であるヴァルター・ラヴィトーラから賄賂を受け取っていたという主張を含むこの汚職事件は、彼の人気に傷をつけた。リカルド・マルティネリ フレッシュアイペディアより)

  • プピ・アヴァティ

    プピ・アヴァティから見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    イタリアの映画人には珍しく政治的には保守の立場を取り、シルヴィオ・ベルルスコーニへの支持を表明しているが、一方で左翼と行動を共にすることも多い。アヴァティ自身は2010年にテレビ番組"Niente di personale"に出演した際に、自身の政治的立場について「私は右翼でも左翼でも中道派でもない。しいて言うならば“二階”だ。」と述べている。プピ・アヴァティ フレッシュアイペディアより)

  • フランコ・フラッティーニ

    フランコ・フラッティーニから見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    第2次ベルルスコーニ政権で外相を務め、その後欧州委員会(バローゾ委員会)で副委員長・司法・自由・安全担当に就く。2008年イタリア総選挙で自由の人民が勝利してベルルスコーニが政権を奪還したさい、欧州委員を辞任して再び同国外相の職に戻った。フランコ・フラッティーニ フレッシュアイペディアより)

  • ジュリエット・キエザ

    ジュリエット・キエザから見たベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    1979年以降、ウニタ紙(再建共産党系)常勤編集者を皮切りに、ジャーナリストとして、同紙モスクワ特派員、ラ・スタンパ紙モスクワ特派員、民放カナレ5局(ベルルスコーニ系)ニュース、国営イタリア放送協会RAI1局ニュース、同3局ニュースに勤務した。また、ラジオスイス国際、ラジオ・バチカン、BBCロシア語、リバティラジオ、ロシアNTV(露)、ドイツDeutsche Welleなど国外の放送局に協力した。ジュリエット・キエザ フレッシュアイペディアより)

  • ロベルト・カルヴィ

    ロベルト・カルヴィから見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    事件に先立つ1981年3月に、アンブロシアーノ銀行の使途不明金に対する関与や、1980年に起きたボローニャ駅爆破テロ事件を含む複数の極右テロへの関与などの容疑でイタリア当局に逮捕状が出されていた「ロッジP2」のジェッリ代表のナポリの別宅をイタリア警察が捜索した際に、「ロッジP2」に、第二次世界大戦後の王制廃止により亡命生活を余儀なくされていたヴィットーリオ・エマヌエーレ・ディ・サヴォイア元イタリア王国王太子をはじめ、30人の現役将軍、38人の現役国会議員、4人の現役閣僚、更には情報部員や後にイタリア首相となるシルヴィオ・ベルルスコーニやカルヴィ、シンドーナなどの実業家、大学教授など932人のメンバーがいることがジェッリ代表が持っていたリストから確認された。ロベルト・カルヴィ フレッシュアイペディアより)

  • ピエル・シルヴィオ・ベルルスコーニ

    ピエル・シルヴィオ・ベルルスコーニから見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    ピエル・シルヴィオ・ベルルスコーニは、1969年春にシルヴィオ・ベルルスコーニとカーラ・ベルルスコーニの長男として生まれた。ピエル・シルヴィオ・ベルルスコーニ フレッシュアイペディアより)

  • グリエルモ・エピファーニ

    グリエルモ・エピファーニから見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    民主党書記長在任中、エンリコ・レッタ政権の連立パートナーである自由の人民のシルヴィオ・ベルルスコーニが脱税事件で有罪判決を受けたときに、政界引退を求めたグリエルモ・エピファーニ フレッシュアイペディアより)

  • シャドー (1982年の映画)

    シャドー (1982年の映画)から見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    演:ヴェロニカ・ラーリオ(元・シルヴィオ・ベルルスコーニ・イタリア首相夫人)シャドー (1982年の映画) フレッシュアイペディアより)

152件中 41 - 50件表示

「シルヴィオ・ベルルスコーニ」のニューストピックワード