116件中 41 - 50件表示
  • バローゾ委員会

    バローゾ委員会から見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    2008年になるとバローゾは再任について、自らは欧州議会の政治会派次第であると述べたものの、ニコラ・サルコジやシルヴィオ・ベルルスコーニがバローゾ支持を表明するなど、着々と2期目に向けた支持を固めていった。2008年7月19日、バローゾからはじめて再任を模索する発言がなされ、欧州人民党もバローゾの再任を支持した。2009年の欧州議会議員選挙で欧州人民党グループは最大会派の地位を維持したが絶対多数には届かず、バローゾ再任にはほかの会派の支持を取り付けなければならなかった。しかしながら第2会派の欧州社会党系会派(選挙後に社会民主進歩同盟となる)や第3会派の欧州自由民主同盟はバローゾの対立候補を擁立することができなかった。それでもなお社会民主進歩同盟、欧州自由民主同盟、欧州緑グループ・欧州自由連盟による反バローゾの緩やかな「赤・黄・緑」連携が形成され、バローゾから譲歩を引き出そうとした。3会派はバローゾに対して、2期目における政策指針を明確に打ち出し、委員会における主要ポストを自分たちが所属する政党から指名するよう求めた。また3会派はバローゾの任命に関してより影響力を持つために、バローゾの再任についての採決をリスボン条約の発効後まで延期しようとした。バローゾ委員会 フレッシュアイペディアより)

  • パオロ・ボルセリーノ

    パオロ・ボルセリーノから見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    彼は最後となったテレビ局の取材において、1992年5月21日、インタビュアーのジャン・ピエール・モスカルドとファブリツィオ・カルヴィに、マフィアと裕福な実業家、例えば後に首相となったシルヴィオ・ベルルスコーニとマフィアとの繋がりの可能性について語った。パオロ・ボルセリーノ フレッシュアイペディアより)

  • イラク日本人人質事件

    イラク日本人人質事件から見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    ある警察庁幹部は「期限を切って要求を突き付ける手口は、イスラム社会のやり方にはない」と言った。しかしイタリア人人質事件では、期限こそ区切っていないが、イタリア軍の撤退を要求し、ベルルスコーニ首相が撤退を拒否したのちに人質を殺害した事件があった。不自然な要求とは言えないイラク日本人人質事件 フレッシュアイペディアより)

  • 第4次ベルルスコーニ内閣

    第4次ベルルスコーニ内閣から見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    第4次ベルルスコーニ内閣(だい4じベルルスコーニないかく、Governo Prodi I)は、イタリアの内閣。首相(閣僚評議会議長)はシルヴィオ・ベルルスコーニ(第81代)。第4次ベルルスコーニ内閣 フレッシュアイペディアより)

  • ルカ・コルデーロ・ディ・モンテゼーモロ

    ルカ・コルデーロ・ディ・モンテゼーモロから見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    2010年4月20日に、フィアットの会長を退任し、会長の座をジャンニ・アニェッリの孫のジョン・エルカーン副会長に譲ると発表された。なおフィアット会長退任後も同社取締役とフェラーリ部門会長の座に留まる。また、不祥事が続いているシルヴィオ・ベルルスコーニ首相の後を狙って政界進出するという噂も囁かれていたが、その後フェラーリとの契約の3年延長が発表された。ルカ・コルデーロ・ディ・モンテゼーモロ フレッシュアイペディアより)

  • マルゲリータ (政党)

    マルゲリータ (政党)から見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    キリスト教左派政治勢力は、ローマ市長であったフランチェスコ・ルテッリを代表とする政党連合「マルゲリータ」を発足させた。ルテッリは「オリーブの木」最大政党・左翼民主主義者(DS)の支持を受け「オリーブの木」の首相候補となった。しかし2001年の総選挙ではシルヴィオ・ベルルスコーニに率いる中道右派連合「自由の家」に敗北した。マルゲリータ (政党) フレッシュアイペディアより)

  • NHK民営化

    NHK民営化から見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    だが、民放に対する規制が緩く、ほぼ野放し状態であったことから、メディアセット社のような寡占企業の台頭をも許した。首相のシルヴィオ・ベルルスコーニ率いる同社は、現在では、4つの主要民放テレビ局のうち、3つ(Rete 4、Canale 5、Itaria 1)を支配している。ベルルスコーニは、テレビ放送への影響力をさらに強めるため、2003年にガスパリ法を議会で可決させた。この法律によって、RAIの分割民営化が定められたほか、マスメディアの寡占規制が緩和される事になっていた。チャンピ大統領がガスパリ法への署名を拒否したため、法案は議会へと再び戻されたが、結局、若干の修正を経て2004年に成立した。NHK民営化 フレッシュアイペディアより)

  • 着床前診断

    着床前診断から見たベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    ローマカトリック教会はエイズ予防目的のコンドーム使用にも反対するなど、生殖についてきわめて保守的な姿勢で知られるが、着床前診断を含む生殖医療にもきわめて制限的である。ローマカトリック教会は受精の瞬間から受精卵に人としての尊厳が生じると考えるためである。従って、ローマカトリック教会は中絶にも出生前診断にも反対している。ローマ法王庁のお膝元であるイタリアではベルルスコーニ首相が2004年に生殖医療を厳しく制限する法律を作り、これは、Pope(法王)への贈り物と揶揄された。着床前診断 フレッシュアイペディアより)

  • ロベルト・カルヴィ

    ロベルト・カルヴィから見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    事件に先立つ1981年3月に、アンブロシアーノ銀行の使途不明金に対する関与や、1980年に起きたボローニャ駅爆破テロ事件を含む複数の極右テロへの関与などの容疑でイタリア当局に逮捕状が出されていた「ロッジP2」のジェッリ代表のナポリの別宅をイタリア警察が捜索した際に、「ロッジP2」に、第二次世界大戦後の王制廃止により亡命生活を余儀なくされていたヴィットーリオ・エマヌエーレ・ディ・サヴォイア元イタリア王国王太子をはじめ、30人の現役将軍、38人の現役国会議員、4人の現役閣僚、更には情報部員や後にイタリア首相となるシルヴィオ・ベルルスコーニやカルヴィ、シンドーナなどの実業家、大学教授など932人のメンバーがいることがジェッリ代表が持っていたリストから確認された。ロベルト・カルヴィ フレッシュアイペディアより)

  • スロベニアの歴史

    スロベニアの歴史から見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    スロベニア憲法第68条では外国人によるスロベニアの土地購入を禁止していたが、イタリアのシルヴィオ・ベルルスコーニ首相が第二次世界大戦時に失われたイタリアの財産を保証するようスロベニアに求めていたことにより、問題が表面化した。後にスペインの仲介を得たことにより解決へ向かったが、この条文はEU加盟への障害となっていた。そのため、国民投票を行った上でこの条文の修正が行われ、スロベニアのEU加盟への障害が取り除かれることとなった。スロベニアの歴史 フレッシュアイペディアより)

116件中 41 - 50件表示

「シルヴィオ・ベルルスコーニ」のニューストピックワード