116件中 51 - 60件表示
  • 2006年度世界長者番付

    2006年度世界長者番付から見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    032.シルヴィオ・ベルルスコーニ (1兆1000億) イタリア2006年度世界長者番付 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年度世界長者番付

    2007年度世界長者番付から見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    040.シルヴィオ・ベルルスコーニとその一族 (118億ドル フィニンヴェスト)2007年度世界長者番付 フレッシュアイペディアより)

  • 麻生内閣

    麻生内閣から見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    麻生首相がイギリス・ロンドンでブラウン英国首相、ベルルスコーニイタリア首相と会談。北朝鮮によるミサイル発射実験が行われた場合、国連安全保障理事会決議違反として対応することを三者で確認した。麻生内閣 フレッシュアイペディアより)

  • 閣下

    閣下から見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    表記は「国名」+「大統領/首相」+「名前」+「閣下」となっている。(例・ 「イタリア共和国大統領ジョルジョ・ナポリターノ閣下」や「イタリア共和国首相シルヴィオ・ベルルスコーニ閣下」)閣下 フレッシュアイペディアより)

  • BodogFight

    BodogFightから見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    2007年4月14日には、ロシア・サンクトペテルブルク大会を開催。PRIDEヘビー級王者であるエメリヤーエンコ・ヒョードルの参戦を実現し、メーンで、ヒョードルvsマット・リンドランドが行われた。この大会は、ロシアの当時大統領ウラジーミル・プーチン、イタリアの元首相シルヴィオ・ベルルスコーニなど政治家の観戦が目立った。BodogFight フレッシュアイペディアより)

  • 2009年欧州議会議員選挙

    2009年欧州議会議員選挙から見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    イタリアの国民同盟は諸国民のヨーロッパ連合に参加する国内政党でもっとも多くの欧州議会議員が所属していたが、2009年3月29日にシルヴィオ・ベルルスコーニ率いるフォルツァ・イタリアと合流して新党「自由の人民」を結成した。自由の人民はフォルツァ・イタリアを引き継いで欧州人民党に参加しており、2009年の選挙で自由の人民は欧州人民党グループとして候補者名簿を作成することになっていた。つまりこれは会派から国民同盟が離脱することと同じであり、諸国民のヨーロッパ連合は選挙後の議員数を減らすということが見込まれた。国民同盟の一連の動きは国民保守系や欧州懐疑系の諸政党の力をそぎ、またより穏健的な中道右派への転換や、欧州人民党への参加を促すことになった。2009年欧州議会議員選挙 フレッシュアイペディアより)

  • ベッティーノ・クラクシ

    ベッティーノ・クラクシから見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    クラクシは、1987年まで2期4年首相の座にあったが、これは1945年以後のイタリア首相ではデ・ガスペリに次ぐ長さであった(その後、シルヴィオ・ベルルスコーニがこの記録を塗り替えている)。しかし1990年代のタンジェントポリでクラクシも汚職事件に関与したとして捜査の対象となったため、チュニジアに亡命。そのままイタリアに帰国することなく、ハンマメットにて心臓発作で客死した。ベッティーノ・クラクシ フレッシュアイペディアより)

  • フィニンヴェスト

    フィニンヴェストから見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    「フィニンヴェスト」と言う会社はシルヴィオ・ベルルスコーニにより1978年ミラノに設立されたが、既に彼は1961年からイタリアの富豪として、土木分野での実業家活動(ミラノ2、ミラノ3、ブルゲーリオ)などを始めていた。フィニンヴェスト フレッシュアイペディアより)

  • シャドー (映画)

    シャドー (映画)から見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    演:ベロニカ・ラーリオ(元・シルヴィオ・ベルルスコーニ・イタリア首相夫人)シャドー (映画) フレッシュアイペディアより)

  • イタリア共和党

    イタリア共和党から見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    1990年代前半にイタリア政界が冷戦の終結およびタンジェントポリの直撃を受け政界再編の大波を被ると共和党も勢力を左右に分裂させ、ますます規模を縮小させていった。だが他党が最終的に解散もしくは党名変更に至ったにもかかわらず、野党であった共和党は辛うじて生き延び、1996年の総選挙では中道左派政党連合「オリーブの木」に加わった。しかし選挙後にはロマーノ・プロディ内閣を支持しつつも批判する立場に転じ、2001年の総選挙では立ち位置を一転させてシルヴィオ・ベルルスコーニ率いる中道右派政党連合「自由の家」と選挙協力に踏み切り、これを批判する党内左派の議員が離党し、欧州共和運動などを結成してオリーブの木に残留した。2006年の総選挙でも保守政党フォルツァ・イタリアとの統一名簿で、2008年の総選挙でも保守政党・自由の人民から、それぞれ当選者を出した。イタリア共和党 フレッシュアイペディアより)

116件中 51 - 60件表示

「シルヴィオ・ベルルスコーニ」のニューストピックワード