152件中 51 - 60件表示
  • ベルナルド・プロベンツァーノ

    ベルナルド・プロベンツァーノから見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    1993年にリイナが逮捕された後も長い間逃亡生活を送っていたが、2006年4月11日にコルレオーネの自宅で逮捕され、手錠をはめられる時に「取り返しの付かないことになることは承知だろうな」と警官に向かって言った。その後、殺人罪で終身刑の判決を受けた(逮捕前にすでに6回終身刑の判決を受けている)。この頃、当時絶対に負けないといわれていた大物政治家シルヴィオ・ベルルスコーニが選挙で負けた数時間後に、絶対捕まらないと言われたマフィアのプロヴェンツァーノが捕まり、この2人の関係が注目された。一説によると大物政治家が権力を失ったことで関係を持っていたマフィアを守れなくなったのではないかという説がある。ベルナルド・プロベンツァーノ フレッシュアイペディアより)

  • サウス・ストリーム

    サウス・ストリームから見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    2009年5月15日、黒海沿岸の都市ソチでロシア・プーチン首相とイタリア・ベルルスコーニ首相立ち会いのもと、ロシア、イタリア、ブルガリア、セルビア、ギリシャのガス企業がサウス・ストリーム・パイプライン建設合意書に署名した。2009年8月6日には、プーチン首相とトルコのエルドアン首相が、ベルルスコーニ首相立ち会いの下、サウス・ストリーム・パイプラインがトルコ領海内を通過するとの議定書に署名した。2009年11月14日、モスクワでのプーチン首相とスロベニアのボルト・パホル首相との会談後、ロシア・セルゲイ・シマトコエネルギー相とスロベニアのマテイ・ラホウニク(Matej Lahovnik)経済相はパイプラインの一部がスロベニアを経由してイタリア北部に至るものとする条件に合意した。サウス・ストリーム フレッシュアイペディアより)

  • オマル・ムフタール

    オマル・ムフタールから見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    カダフィは2009年6月10日にムフタールの息子と共にローマを訪問するが、その際にムフタールがイタリア軍に捕縛された時の写真を胸に付けてシルヴィオ・ベルルスコーニ首相と会談し物議を呼んだ。オマル・ムフタール フレッシュアイペディアより)

  • ジョヴァンニ・スパドリーニ

    ジョヴァンニ・スパドリーニから見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    首相退任後は、1983年から1987年までベッティーノ・クラクシ(イタリア社会党初の首相)率いる連立政権下で国防相を務めた。国防相ポストの退任後はすぐ上院議長に転じ、タンジェントポリとそれに伴う政界再編の時期を経て1994年4月までその地位にあった(この間、1991年には終身上院議員となった)。1992年には短期間、大統領職を代行したこともある。しかし1994年イタリア総選挙においてシルヴィオ・ベルルスコーニのフォルツァ・イタリアをはじめとする中道右派連合が勝利したことにより上院議長の退任を余儀なくされ、その4ヶ月後にローマで死去した。ジョヴァンニ・スパドリーニ フレッシュアイペディアより)

  • フランチェスコ・ルテッリ

    フランチェスコ・ルテッリから見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    1999年、市長在任のまま欧州民主党から欧州議会選挙に出馬、当選する。2001年、中道左派連合「オリーブの木」の首相候補に指名され市長を辞職して下院選に再出馬するも、シルヴィオ・ベルルスコーニ率いる中道右派連合「自由の家」に敗北する。フランチェスコ・ルテッリ フレッシュアイペディアより)

  • アントニオ・タブッキ

    アントニオ・タブッキから見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    1994年は、タブッキにとって重要な年になる。『フェルナンド・ペソア最後の三日間』(セッレリオ社)が発表された年であり、それ以上に、彼の評価を決定的なものにした、スーパー・カンピエッロ賞、スカンノ賞、ヨーロッパ文学のためのジャン・モネ賞受賞作『供述によるとペレイラは…』(フェルトリネッリ社)が発表された年であるからだ。この小説の主人公は、情報・政敵・すべての反=民主主義体制から自由を擁護する象徴である。折しもイタリアでは、選挙期間中で、マスコミ王 シルヴィオ・ベルルスコーニに対する批判がこの本をめぐって沸き起こった。ロベルト・ファエンツァ監督による同名の映画化作品(1995年)では、マルチェロ・マストロヤンニがペレイラを、ダニエル・オートゥイユがカルドーゾ医師を演じた。アントニオ・タブッキ フレッシュアイペディアより)

  • アントニオ・タイヤーニ

    アントニオ・タイヤーニから見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    1994年にフォルツァ・イタリアの結成に参加し、2005年までラツィオ州における同党の地域調整官を務めた。1994年から1995年の第1次シルヴィオ・ベルルスコーニ政権では、首相のスポークスマンに起用された。アントニオ・タイヤーニ フレッシュアイペディアより)

  • メッシーナ海峡大橋

    メッシーナ海峡大橋から見たベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    2008年に着工し2015年の完成予定だったが、2006年、計画を発表したベルルスコーニ政権からロマーノ・プローディ政権へ政権交代し、膨大な予算・地震の危険性・マフィアの建設への関与などから橋の建設計画は中止された。メッシーナ海峡大橋 フレッシュアイペディアより)

  • 着床前診断

    着床前診断から見たベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    ローマ・カトリック教会はかつてエイズ予防目的のコンドーム使用にも反対するなど、生殖についてきわめて保守的な姿勢で知られるが、着床前診断を含む生殖医療にもきわめて制限的である。ローマ・カトリック教会は受精の瞬間から受精卵に人としての尊厳が生じると考えるためである。従って、ローマ・カトリック教会は中絶にも着床前診断にも反対している。ローマ法王庁のお膝元であるイタリアではベルルスコーニ首相が2004年に生殖医療を厳しく制限する法律を作った。着床前診断 フレッシュアイペディアより)

  • レティツィア・モラッティ

    レティツィア・モラッティから見たベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    政界にも進出し、2001年から2006年の第2、第3次ベルルスコーニ内閣において教育相を務めた。在任中は教育体系と大学教育の改革を推し進めたが、批判も受けた。レティツィア・モラッティ フレッシュアイペディアより)

152件中 51 - 60件表示

「シルヴィオ・ベルルスコーニ」のニューストピックワード