152件中 61 - 70件表示
  • エジプト革命 (2011年)

    エジプト革命 (2011年)から見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    - シルヴィオ・ベルルスコーニ首相は「大統領がとどまっても民主化できると期待する。西側からは、最も賢い人とみなされている」とムバーラク大統領の支持を表明している。エジプト革命 (2011年) フレッシュアイペディアより)

  • ブッシュの靴

    ブッシュの靴から見たベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    2009年12月13日、イタリアのベルルスコーニ首相が土産物の置物を暴漢に投げつけられるという事件が起きた。ブッシュの靴 フレッシュアイペディアより)

  • 新中道右派

    新中道右派から見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    シルヴィオ・ベルルスコーニ率いる中道右派政党「自由の人民」の書記長であったアンジェリーノ・アルファノを中心とした反ベルルスコーニ派による院内会派を前身とする。自由の人民解散後のフォルツァ・イタリア再結成にアルファノらは参画せず、NCDを政党化した。以降、対ポピュリズムの左右大連立に参加を続け、レッタ内閣、レンツィ内閣、ジェンティローニ内閣に与党として参加している。新中道右派 フレッシュアイペディアより)

  • 新イタリア社会党

    新イタリア社会党から見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    しかし、社会党時代とは異なり、中道左派陣営(オリーブの木→ルニオーネ)に所属することはせずにシルヴィオ・ベルルスコーニ首相が率いる中道右派陣営「自由の家」に所属し、ベルルスコーニ政権にも連立与党として参加していた。社会民主主義政党の国際団体である社会主義インターナショナルにも加盟していない。新イタリア社会党 フレッシュアイペディアより)

  • イタリア共和党

    イタリア共和党から見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    1990年代前半にイタリア政界が冷戦の終結およびタンジェントポリの直撃を受け政界再編の大波を被ると共和党も勢力を左右に分裂させ、ますます規模を縮小させていった。だが他党が最終的に解散もしくは党名変更に至ったにもかかわらず、野党であった共和党は辛うじて生き延び、1996年の総選挙では中道左派政党連合「オリーブの木」に加わった。しかし選挙後にはロマーノ・プロディ内閣を支持しつつも批判する立場に転じ、2001年の総選挙では立ち位置を一転させてシルヴィオ・ベルルスコーニ率いる中道右派政党連合「自由の家」と選挙協力に踏み切り、これを批判する党内左派の議員が離党し、欧州共和運動などを結成してオリーブの木に残留した。2006年の総選挙でも保守政党フォルツァ・イタリアとの統一名簿で、2008年の総選挙でも保守政党・自由の人民から、それぞれ当選者を出した。イタリア共和党 フレッシュアイペディアより)

  • イタリア人民党 (1994-2002)

    イタリア人民党 (1994-2002)から見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    1994年1月、小選挙区制が初導入された総選挙を前に、戦後一貫して与党(連立与党)だったキリスト教民主主義 (DC) が改組されて成立。しかし、ピエル・フェルディナンド・カジーニ率いるDC右派はシルヴィオ・ベルルスコーニ率いる保守政党のフォルツァ・イタリアとの連携を主張してキリスト教民主中道(のちのキリスト教中道民主連合につながる)を結成したため、DC時代に比べて中道もしくは中道左派の傾向が強い政党(キリスト教左派)となった。党内の実力者にはチリアーコ・デ・ミータ元首相らがいた。しかし結成直後の総選挙でDC以来の第1党としての支配政党の地位を失ってベルルスコーニ政権の樹立を許し、野党となった。イタリア人民党 (1994-2002) フレッシュアイペディアより)

  • 左翼民主主義者 (イタリア)

    左翼民主主義者 (イタリア)から見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    1998年、左翼民主党を改名して結成。マッシモ・ダレマが首相に就任した。2001年の総選挙では、シルヴィオ・ベルルスコーニの中道右派連合に敗北し、政権を奪取された。左翼民主主義者 (イタリア) フレッシュアイペディアより)

  • マルゲリータ (政党)

    マルゲリータ (政党)から見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    キリスト教左派政治勢力は、ローマ市長であったフランチェスコ・ルテッリを代表とする政党連合「マルゲリータ」を発足させた。ルテッリは「オリーブの木」最大政党・左翼民主主義者(DS)の支持を受け「オリーブの木」の首相候補となった。しかし2001年の総選挙ではシルヴィオ・ベルルスコーニに率いる中道右派連合「自由の家」に敗北した。マルゲリータ (政党) フレッシュアイペディアより)

  • 左翼民主党 (イタリア)

    左翼民主党 (イタリア)から見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    1994年、ベルルスコーニの中道右派連合に敗北したため、アキレ・オケットが党首を辞任。マッシモ・ダレマが後任の党首に就任した。左翼民主党 (イタリア) フレッシュアイペディアより)

  • 南チロル人民党

    南チロル人民党から見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    連携する政党はタンジェントポリ以前はキリスト教民主主義 (DC) およびイタリア社会党 (PSI) が中心だったが、1990年代に入ってからはイタリア共産党の流れを引く社会民主主義の左翼民主主義者、およびこの党が拡大した民主党などの中道左派から支援を受けて地元の政権を維持してきた(ほかに中道のキリスト教中道民主連合とも提携した)。一方、2006年イタリア総選挙においては中道左派政党連合の「ルニオーネ」に加わったものの、2008年の総選挙では左右両派とも選挙協力せず、独自に臨んで議席を獲得した。その後はイタリア議会において中道右派の自由の人民や北部同盟と足並みをそろえる傾向もみられた。しかし2010年にイタリアのための未来と自由が自由の人民から分裂して結成された後には、これに同調しシルヴィオ・ベルルスコーニ首相を批判する動きも見せた。南チロル人民党 フレッシュアイペディアより)

152件中 61 - 70件表示