152件中 71 - 80件表示
  • 自治運動 (イタリア)

    自治運動 (イタリア)から見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    2008年2月、シルヴィオ・ベルルスコーニの自由の人民との連合文書に署名した。自治運動 (イタリア) フレッシュアイペディアより)

  • ルチアーノ・モッジ

    ルチアーノ・モッジから見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    1994年からユヴェントスのGMに就任。その背景には、ライバルクラブであるACミランの会長シルヴィオ・ベルルスコーニやインテルの会長マッシモ・モラッティに対抗できうる人物を、財力で劣るユヴェントスが欲しがったことがある。ほどなく彼はイタリアサッカー界に絶大な権力を発揮し、時にその強引な手腕が批判を集めたが、常勝ユヴェントスの座を確固たるものにし、多くのタイトルが彼の下で獲得された。元代表取締役のアントニオ・ジラウド、元副会長のロベルト・ベッテガを加えた3人の幹部は揺るぎない地位を確立し、「ユーヴェ3巨頭」と称された。ルチアーノ・モッジ フレッシュアイペディアより)

  • 第43回先進国首脳会議

    第43回先進国首脳会議から見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    シルヴィオ・ベルルスコーニが首相として1987年に開催して以来のイタリアでのG7サミットであった。またアンゲラ・メルケルとテリーザ・メイの女性首脳が参加し、G7サミット史上初の2人の女性首脳が出席するサミットとなった。第43回先進国首脳会議 フレッシュアイペディアより)

  • ウニクレディト

    ウニクレディトから見たベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    ベルルスコーニ政権下、2002年の7月から9月にかけて、「S3プロジェクト」として7つの銀行が合併。ウニクレディト フレッシュアイペディアより)

  • ウンベルト・ボッシ

    ウンベルト・ボッシから見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    元々はイタリア共産党を支持する共産主義者であったが(なお、北部同盟でボッシの後任に就いたマッテオ・サルヴィーニも共産主義からの転向者である)、革新思想に属する地方分権について興味を抱いたことから、次第に地域運動に軸を移すようになる。当時、経済が深刻な低迷に陥り、旧来の巨大政党が衰退するという混乱期のイタリアにおいて、その敵対者に対する苛烈な言動(現在は友好関係にあるシルヴィオ・ベルルスコーニと対立した際には、彼を「マフィア」呼ばわりして問題になった)と地方の権利確保のためなら国家分裂をも辞さない強硬姿勢から支持を集め、党勢を伸ばした。ウンベルト・ボッシ フレッシュアイペディアより)

  • ピム・フォルタイン

    ピム・フォルタインから見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    フォルタインは、ベルギーのFilip Dewinter、オーストリアのイェルク・ハイダー、フランスのジャン=マリー・ル・ペンなどの極右政治家と比較されるたびに、明確に距離を置いた。フォルタインは自身の位置付けをイタリアのシルヴィオ・ベルルスコーニのような「中道左派」であるとし、元オランダ首相ヨープ・デン・アイル、アメリカ合衆国大統領ジョン・F・ケネディを称賛していた。ピム・フォルタイン フレッシュアイペディアより)

  • 2013年の政治

    2013年の政治から見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    28日 - イタリアのベルルスコーニ元首相は、連立政権からの離脱を表明。自由国民党の5閣僚に辞任を指示。2013年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • バローゾ委員会

    バローゾ委員会から見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    2008年になるとバローゾは再任について、自らは欧州議会の政治会派次第であると述べたものの、ニコラ・サルコジやシルヴィオ・ベルルスコーニがバローゾ支持を表明するなど、着々と2期目に向けた支持を固めていった。2008年7月19日、バローゾからはじめて再任を模索する発言がなされ、欧州人民党もバローゾの再任を支持した。2009年の欧州議会議員選挙で欧州人民党グループは最大会派の地位を維持したが絶対多数には届かず、バローゾ再任にはほかの会派の支持を取り付けなければならなかった。しかしながら第2会派の欧州社会党系会派(選挙後に社会民主進歩同盟となる)や第3会派の欧州自由民主同盟はバローゾの対立候補を擁立することができなかった。それでもなお社会民主進歩同盟、欧州自由民主同盟、欧州緑グループ・欧州自由連盟による反バローゾの緩やかな「赤・黄・緑」連携が形成され、バローゾから譲歩を引き出そうとした。3会派はバローゾに対して、2期目における政策指針を明確に打ち出し、委員会における主要ポストを自分たちが所属する政党から指名するよう求めた。また3会派はバローゾの任命に関してより影響力を持つために、バローゾの再任についての採決をリスボン条約の発効後まで延期しようとした。バローゾ委員会 フレッシュアイペディアより)

  • 石田憲

    石田憲から見たベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    「イタリア版劇場政治――ベルルスコーニ前首相の対外「失言」録に見るメディア・ポピュリズム」『法学雑誌』(大阪市立大学)第54巻、第2号(2007年)、773-798。石田憲 フレッシュアイペディアより)

  • ペール・シュタインブリュック

    ペール・シュタインブリュックから見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    率直な物言いを身上としているが、そのために失言とされることも多い。2013年、タウンミーティングで2013年イタリア総選挙について触れた際、同選挙に出馬したコメディアン出身のベッペ・グリーリョを「職業的なピエロ」、同国のシルヴィオ・ベルルスコーニ元首相を「男性ホルモンのとりわけ多いピエロ」と表現した。この発言を受けて同国のジョルジョ・ナポリターノ大統領は予定されていたシュタインブリュックとの会見を中止した。社民党内からもシュタインブリュックの外交感覚のなさやイタリア国民への敬意の欠如が批判された。ペール・シュタインブリュック フレッシュアイペディアより)

152件中 71 - 80件表示

「シルヴィオ・ベルルスコーニ」のニューストピックワード