116件中 71 - 80件表示
  • 欧州連合の拡大

    欧州連合の拡大から見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    ロシアとEUとの関係強化に賛成を唱えるものは多くいるが、その中にはイタリアの首相を務めたシルヴィオ・ベルルスコーニがいる。2002年5月26日にイタリアのメディアが掲載した記事において、ベルルスコーニはロシアのヨーロッパへの統合の次のステップはEUへの加盟であるとしている。また最近では2005年11月17日にロシアの加盟の見通しに関して、たとえそれが夢であったとしても、それは遠すぎる夢ではないと確信しており、いつの日か実現するものと考えている、と述べている。またこれ以外にもベルルスコーニは同様のコメントを発している。欧州連合の拡大 フレッシュアイペディアより)

  • ムアンマル・アル=カッザーフィーの死

    ムアンマル・アル=カッザーフィーの死から見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    - シルヴィオ・ベルルスコーニ首相は、リビアにおける戦争は終わったと称賛。ムアンマル・アル=カッザーフィーの死 フレッシュアイペディアより)

  • テレシンコ

    テレシンコから見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    テレシンコはTVE、アンテナ3と並ぶスペインを代表する民間テレビ放送局である。1990年3月に開局。イタリアのメディア王であるシルヴィオ・ベルルスコーニが率いるメディアセットの傘下として開局した。テレシンコ フレッシュアイペディアより)

  • ACミラン

    ACミランから見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    その後、後にイタリア首相を務めるシルヴィオ・ベルルスコーニが1986年にクラブを買収して会長に就任した。ベルルスコーニは有力選手を大補強し、クラブを立て直した。当時はほぼ無名だったが、後にこのチームでサッカーに革命を起こすことになるアリゴ・サッキをパルマから監督として招き入れた。そして、ベルルスコーニが会長に就任して2シーズン目、サッキが指揮を執って1シーズン目の1987-88シーズンには2敗という成績でスクデットを獲得した。また、ベルルスコーニは1987年には当時の史上最高額移籍金でルート・フリットをPSVから獲得、マルコ・ファン・バステンをアヤックスから獲得し、1988年にはフランク・ライカールトをサラゴサから獲得した。ACミラン フレッシュアイペディアより)

  • クラウディオ・ボルギ

    クラウディオ・ボルギから見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    1980年代初頭にアルヘンティノス・ジュニアーズからデビュー。アルゼンチン期待の若手選手とされ、ディエゴ・マラドーナの後継者と評価された。プリメーラ・ディビシオンではメトロポリターノ1984とナシオナル1985で2度優勝。1985年にはコパ・リベルタドーレスに出場し、決勝でアメリカ・デ・カリ(コロンビア)を破って優勝した。年末には日本で開催されたインターコンチネンタルカップに出場。ユヴェントスFC(イタリア)に敗れたが、ACミラン(イタリア)のシルヴィオ・ベルルスコーニ会長の興味を惹き、1987年にACミランに移籍した。オランダ代表のマルコ・ファン・バステンやルート・フリットとチームメイトとなったが、当時のセリエAでは外国人選手が2人までしか許されておらず、1987-88シーズンはカルチョ・コモにレンタル移籍した。1988年、外国人選手の最大人数が3人に増やされたが、ミランのアリゴ・サッキ監督は、ベルルスコーニ会長が望んだボルギのミラン復帰ではなく、オランダ代表のフランク・ライカールトとの契約を優先した。クラウディオ・ボルギ フレッシュアイペディアより)

  • ジャン=クロード・ヴァン・ダム

    ジャン=クロード・ヴァン・ダムから見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    2007年4月、ヴァンダムはサンクトペテルブルクを訪れ、総合格闘技大会BodogFightをウラジミール・プーチン、シルヴィオ・ベルルスコーニらと観戦、エメリヤーエンコ・ヒョードルに映画出演を依頼した。ジャン=クロード・ヴァン・ダム フレッシュアイペディアより)

  • フリーメイソン

    フリーメイソンから見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    ロッジP2はイタリアに本拠を置いていた団体。メンバーはイタリアの政府や軍関係者、警察関係者内の反共産主義者を中心としていたが、南アメリカの軍事独裁政権との関係が深く、その活動内容がフリーメイソン内から非難され1976年に破門された。しかしその後も元代表のリーチオ・ジェッリらが極右組織と組んで活動し、1980年にはメンバーがボローニャ駅爆破テロ事件を引き起こした。元イタリア王国王太子のヴィットーリオ・エマヌエーレ・ディ・サヴォイアやシルヴィオ・ベルルスコーニ首相、バチカンの金融スキャンダルを引き起こし暗殺されたアンブロシアーノ銀行頭取のロベルト・カルヴィもメンバーであった。フリーメイソン フレッシュアイペディアより)

  • 南チロル人民党

    南チロル人民党から見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    連携する政党はタンジェントポリ以前はキリスト教民主主義(DC)およびイタリア社会党(PSI)が中心だったが、1990年代に入ってからはイタリア共産党の流れを引く社会民主主義の左翼民主主義者、およびこの党が拡大した民主党などの中道左派から支援を受けて地元の政権を維持してきた(ほかに中道のキリスト教中道民主連合とも提携した)。いっぽう、2006年イタリア総選挙においては中道左派政党連合の「ルニオーネ」に加わったものの、2008年の総選挙では左右両派とも選挙協力せず、独自に臨んで議席を獲得した。その後はイタリア議会において中道右派の自由の人民や北部同盟と足並みをそろえる傾向もみられた。しかし2010年にイタリアのための未来と自由が自由の人民から分裂して結成された後には、これに同調しシルヴィオ・ベルルスコーニ首相を批判する動きも見せた。南チロル人民党 フレッシュアイペディアより)

  • 自由の人民 (イタリア)

    自由の人民 (イタリア)から見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    党首は、シルヴィオ・ベルルスコーニ(初代)。自由の人民 (イタリア) フレッシュアイペディアより)

  • イタリア人民党 (1994-2002)

    イタリア人民党 (1994-2002)から見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    1994年1月、小選挙区制が初導入された総選挙を前に、戦後一貫して与党(連立与党)だったキリスト教民主主義(DC)が改組されて成立。しかし、ピエル・フェルディナンド・カジーニ率いるDC右派はシルヴィオ・ベルルスコーニ率いる保守新党だったフォルツァ・イタリアとの連携を主張してキリスト教民主中道(のちのキリスト教中道民主連合につながる)を結成したため、DC時代に比べて中道もしくは中道左派の傾向が強い政党(キリスト教左派)となった。党内の実力者にはチリアーコ・デ・ミータ元首相らがいた。しかし結成直後の総選挙でDC以来の第1党としての支配政党の地位を失ってベルルスコーニ政権の樹立を許し、野党となった。イタリア人民党 (1994-2002) フレッシュアイペディアより)

116件中 71 - 80件表示

「シルヴィオ・ベルルスコーニ」のニューストピックワード