116件中 81 - 90件表示
  • マーラ・カルファーニャ

    マーラ・カルファーニャから見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    イタリアのテレビ局に勤務後、モデル・タレントを経て2006年にイタリア議会下院に議員当選、政治家に転身した。2008年よりシルヴィオ・ベルルスコーニ政権にて機会均等担当大臣に就任し、「世界で最も美しい閣僚」とされたが、2010年11月19日に政界を引退する意向であると報じられた。マーラ・カルファーニャ フレッシュアイペディアより)

  • メッシーナ海峡大橋

    メッシーナ海峡大橋から見たベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    2008年に着工し2015年の完成予定だったが、2006年、計画を発表したベルルスコーニ政権からロマーノ・プローディ政権へ政権交代し、膨大な予算・地震の危険性・マフィアの建設への関与などから橋の建設計画は中止された。メッシーナ海峡大橋 フレッシュアイペディアより)

  • 民主党 (イタリア)

    民主党 (イタリア)から見たベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    2011年11月12日、ベルルスコーニ首相が、脱税と売春婦等のスキャンダルで辞任。新政権の首相にはモンティ元欧州委員が就任し、イタリアが直面する財政危機問題に取り組むことになった。ナポリターノ大統領は、13日から政治指導者らとの協議を開始し、マリオ・モンティに組閣を要請した。民主党は、2013年の任期満了までモンティ首相を支える方針を明らかにした。その一方で、党内からは、「2013年の予算法を前倒しし、秋に選挙を実施する可能性を検討すべきだ」という意見も出された。( ファッシナ議員)民主党 (イタリア) フレッシュアイペディアより)

  • アルベルト・ザッケローニ

    アルベルト・ザッケローニから見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    ウディネーゼから移籍させた教え子のビアホフやヘルヴェグに加え、ズボニミール・ボバンらを中核として優勝争いを展開。終盤に失速したラツィオを逆転しスクデットを獲得する。しかし、翌1999-2000シーズンのCLでは最終節でガラタサライに逆転負けを喫し1次リーグで敗退。選手層の薄さもあってリーグ戦も3位に終わる。翌シーズンは自らのシステム3-4-3を貫こうとしたことで、4バックを標榜するベルルスコーニ会長と対立。チームも低迷(CL2次リーグ敗退)したことにより、シーズン途中で更迭され、後任にチェーザレ・マルディーニが就任した。アルベルト・ザッケローニ フレッシュアイペディアより)

  • ムアンマル・アル=カッザーフィー

    ムアンマル・アル=カッザーフィーから見たベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    2009年9月にリビア革命40周年記念式典が行われ、リビア原油の主要輸出先であるイタリアのベルルスコーニ首相が植民地支配の謝罪・賠償合意に訪問し、式典にはベネズエラのチャベス大統領、スーダンのバシール大統領、ジンバブエのムガベ大統領、カタールのハマド首長、フィリピンのアロヨ大統領、イラクのハーシミー副大統領らが姿を見せ、最高指導者のカッザーフィーと笑顔で握手するなどした。リビアの国営通信社によると約50カ国から首脳や閣僚らが参列したが西側諸国は参加せず多くはアフリカや中東諸国だった。ムアンマル・アル=カッザーフィー フレッシュアイペディアより)

  • フォルツァ・イタリア

    フォルツァ・イタリアから見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    フォルツァ・イタリア()は、かつて存在したイタリアの政党。フォルツァとはイタリア語でがんばれを意味し、「フォルツァ・イタリア」の言葉は本党の設立以前から使われてきた。1994年、シルヴィオ・ベルルスコーニにより結成され、ベルルスコーニは初代党首に就任した。フォルツァ・イタリア フレッシュアイペディアより)

  • マルティン・シュルツ

    マルティン・シュルツから見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    2003年7月2日、欧州議会内で事件が起こる。当時議員にすぎないシュルツが、イタリアの首相シルヴィオ・ベルルスコーニが政府の長でありながらメディアの経営者でもあることを取りあげ、ベルルスコーニを「利害競合のウィルス」であると厳しく非難した。これに対してベルルスコーニはシュルツに、イタリアで撮影される映画で強制収容所の看守役を勧めた。この欧州議会でのやり取りにおけるベルルスコーニの発言は冗談として認識されている。これはアメリカのコメディ番組 Hogan's Heroes に出てくる捕虜収容所の看守の名前シュルツ (Schultz) とシュルツ (Schulz) が似ていることにかけたものと理解されたからである。マルティン・シュルツ フレッシュアイペディアより)

  • イタリア放送協会

    イタリア放送協会から見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    テレビ3チャンネル(他にも衛星/デジタル放送向けチャンネルが存在)とラジオ3チャンネルを持つ。運営収入は国民からの受信料と広告収入からなる。ガスパリ法により分割民営化されることになっていたが、シルヴィオ・ベルルスコーニの率いる民間放送局グループ「メディアセット (Mediaset)」に有利だという反発を内外で招き、法案は成立していない。イタリア放送協会 フレッシュアイペディアより)

  • ガスパリ法

    ガスパリ法から見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    2003年12月2日、シルヴィオ・ベルルスコーニ内閣の下、議会で可決されたが、ベルルスコーニ首相自身が民放3局を持つメディア王であることから、この法案は首相個人を利するものであり非民主主義的だ、としてイタリア内外の非難を浴びていた。ガスパリ法 フレッシュアイペディアより)

  • ロマーノ・プローディ

    ロマーノ・プローディから見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    1995年2月、シルヴィオ・ベルルスコーニ首相率いる与党・フォルツァ・イタリアに対抗する中道左派勢力の首相候補として名乗りを上げ、下院(代議院)選挙への出馬を表明。中道左翼連合「オリーブの木」を結成し議長に就任した。ロマーノ・プローディ フレッシュアイペディアより)

116件中 81 - 90件表示

「シルヴィオ・ベルルスコーニ」のニューストピックワード