93件中 81 - 90件表示
  • シルヴィオ・ベルルスコーニ

    シルヴィオ・ベルルスコーニから見たオリーブの木

    2度目の政権においては、失業率の改善など経済の漸進的な回復を背景に5年の長期にわたって政権を維持、2008年には再度政権返り咲きを果たした。3度にわたる政権担当期間の合計は9年に及ぶが、これは連続して7年余り首相職にあったアルチーデ・デ・ガスペリの在職日数を大きく超えて戦後イタリアで最長である。中小政党が乱立し政権基盤が不安定で短命に終わりがちだったイタリア内閣史においては例外的な強いリーダーを体現している。90年代の政界進出以降、曲折を経ながらも乱立していた右派勢力の結集に成功(現在は自由の人民(自由国民党))、対応する形で左派もオリーブの木、ルニオーネ、民主党など様々な形を取りながら概ね統一勢力として右派と対峙した結果、ベルルスコーニ時代にイタリア政治は長年の小党分立時代を脱し、2008年の総選挙では中小政党の多くが壊滅、実質的な二大政党時代に入りつつある。シルヴィオ・ベルルスコーニ フレッシュアイペディアより)

  • シルヴィオ・ベルルスコーニ

    シルヴィオ・ベルルスコーニから見たミラノ大学

    サレジオ会系の寄宿学校在学中に第二次世界大戦と王政廃止を経験している。卒業後にミラノ大学で法律学を学び、広告業における法律を専攻分野にして1961年に卒業資格を得ている。学校での成績は「優等」として記録されているが、一方で徴兵制であった当時のイタリアで兵役義務を回避したとのスキャンダルが報道された事もある。在学中は音楽に熱中しており、コントラバス奏者のコミュニティに参加していた。このグループでの友人知人は後にベルルスコーニの事業に関わる人脈となっている。現在でも音楽に対する嗜好は変わらず、自身が保有するサッカークラブACミランの応援詩を自ら作曲したりしている。シルヴィオ・ベルルスコーニ フレッシュアイペディアより)

  • シルヴィオ・ベルルスコーニ

    シルヴィオ・ベルルスコーニから見たトナカイ

    2005年:フィンランドのスモークトナカイについて「パルマ産のハムのほうが比べ物にならないほど美味い」と発言し、フィンランド人を怒らせた。なお2008年、アメリカで行われた料理の国際コンペティションで、フィンランドのピザがイタリアをおさえ優勝したが、このピザレストラン・コティピザでは、トナカイを使ったピザに「ベルルスコーニ」と名づけている。シルヴィオ・ベルルスコーニ フレッシュアイペディアより)

  • シルヴィオ・ベルルスコーニ

    シルヴィオ・ベルルスコーニから見たセリエA (サッカー)

    ベルルスコーニは政治家としてだけでなく、サッカークラブのACミラン会長・オーナーとしての側面も持っている。ミランはそれまですこぶる低迷していたが、元々このクラブのファンであったベルルスコーニの会長就任後、セリエA3連覇や、UEFAチャンピオンズリーグでの5度の優勝など、20年以上にわたってイタリアはもとより欧州でも屈指の強豪クラブを作り上げた。また、毎年8月に父親の名を冠したルイジ・ベルルスコーニ杯という大会が開催されている。シルヴィオ・ベルルスコーニ フレッシュアイペディアより)

  • シルヴィオ・ベルルスコーニ

    シルヴィオ・ベルルスコーニから見た二大政党

    2012年12月8日、こうした状況下を見てベルルスコーニは前言を翻して2013年に実施される総選挙への出馬を表明し、「改革の終了」をスローガンに掲げて戦う事を宣言した。国民の間ではベルルスコーニの無責任な政治行動への反感以上にモンティ政権に対する不満が重積していた為、支持率調査では予想以上の追い上げを見せている。また同時期に同じく反モンティを掲げて設立された五つ星運動が若年層を中心に支持を集めており、モンティ政権支持を表明した民主党を含めて二大政党時代から三大政党時代へと移り変わりつつある。シルヴィオ・ベルルスコーニ フレッシュアイペディアより)

  • シルヴィオ・ベルルスコーニ

    シルヴィオ・ベルルスコーニから見た憲法裁判所

    他方で圧倒的なメディア支配力と資金力を背景にした強圧的な政治姿勢には、「独裁的である」との批判が内外から寄せられている。再び政権について以降は、メディアセットの競合となる国営放送「RAI」に対しても影響力を行使しようと画策した。2002年にはメディアセット社が、民放1局を衛星放送に切り替えるように憲法裁判所から判決を下されたものの、翌2003年12月にいわゆるガスパリ法案が議会で可決する。メディア寡占規制が緩和されると同時に、国営放送RAIは分割民営化されることになると見られていた。しかし、イタリア内外で非難を浴びたため、カルロ・アツェリオ・チャンピ大統領は署名を拒否し、法案を下院に差し戻した(参照:イタリア共和国憲法)。「ロッジP2」のメンバーであったこと、マフィアや極右勢力との人脈も度々報道されている。シルヴィオ・ベルルスコーニ フレッシュアイペディアより)

  • シルヴィオ・ベルルスコーニ

    シルヴィオ・ベルルスコーニから見た洞爺湖サミット

    日本に対しては2005年10月19日に来日する予定であったが、2006年4月9日、10日投票のイタリア総選挙の準備のため、来日をキャンセルした。しかし、2008年5月にイタリア首相に復帰したことにより、7月の主要国首脳会議(洞爺湖サミット)に出席するために初来日した。なお、2008年に福田康夫がイタリアを訪問したが、国際連合食糧農業機関(FAO)本部で開催の食糧サミットの参加のための非公式訪問である。シルヴィオ・ベルルスコーニ フレッシュアイペディアより)

  • シルヴィオ・ベルルスコーニ

    シルヴィオ・ベルルスコーニから見たイラク

    "con la sinistra al potere, miseria terrore e morte"(左翼が権力を握ると悲惨、恐怖、死が来る)と主張し、一方でイラクのサッダーム・フセイン大統領と比較して「ムッソリーニは政敵を殺したり引退させたりしなかった。離島に追放しただけ」と発言した。ちなみに、アメリカのイラク戦争に加担することはイタリア国内ではほとんど支持されていないのに、あえてその方針をとったことに対して聞かれると「アメリカに逆らうことは政治的自殺に等しい」と率直に答えた。シルヴィオ・ベルルスコーニ フレッシュアイペディアより)

  • シルヴィオ・ベルルスコーニ

    シルヴィオ・ベルルスコーニから見た民主党

    2012年12月8日、こうした状況下を見てベルルスコーニは前言を翻して2013年に実施される総選挙への出馬を表明し、「改革の終了」をスローガンに掲げて戦う事を宣言した。国民の間ではベルルスコーニの無責任な政治行動への反感以上にモンティ政権に対する不満が重積していた為、支持率調査では予想以上の追い上げを見せている。また同時期に同じく反モンティを掲げて設立された五つ星運動が若年層を中心に支持を集めており、モンティ政権支持を表明した民主党を含めて二大政党時代から三大政党時代へと移り変わりつつある。シルヴィオ・ベルルスコーニ フレッシュアイペディアより)

  • シルヴィオ・ベルルスコーニ

    シルヴィオ・ベルルスコーニから見たガスパリ法

    他方で圧倒的なメディア支配力と資金力を背景にした強圧的な政治姿勢には、「独裁的である」との批判が内外から寄せられている。再び政権について以降は、メディアセットの競合となる国営放送「RAI」に対しても影響力を行使しようと画策した。2002年にはメディアセット社が、民放1局を衛星放送に切り替えるように憲法裁判所から判決を下されたものの、翌2003年12月にいわゆるガスパリ法案が議会で可決する。メディア寡占規制が緩和されると同時に、国営放送RAIは分割民営化されることになると見られていた。しかし、イタリア内外で非難を浴びたため、カルロ・アツェリオ・チャンピ大統領は署名を拒否し、法案を下院に差し戻した(参照:イタリア共和国憲法)。「ロッジP2」のメンバーであったこと、マフィアや極右勢力との人脈も度々報道されている。シルヴィオ・ベルルスコーニ フレッシュアイペディアより)

93件中 81 - 90件表示

「シルヴィオ・ベルルスコーニ」のニューストピックワード