4574件中 91 - 100件表示
  • 山端庸介

    山端庸介から見たシンガポールシンガポール

    山端 庸介(やまはた ようすけ、1917年8月6日 - 1966年4月18日)は日本の写真家、従軍カメラマン。法政大学中退。英領シンガポール生まれ。山端庸介 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年尖閣諸島抗議デモ

    2010年尖閣諸島抗議デモから見たシンガポールシンガポール

    2010年10月2日渋谷デモの報道は、主催者側の事前報道として9月28日にチャンネル桜が運営するSo-TVで事前予告を行い、主催者側の事前通達に基づいて翌29日にウォールストリートジャーナルがデモ予定に触れた報道を行い、同記事を聯合ニュース韓国語版と日本経済新聞英字版がそれぞれ配信し、10月1日にはBBC中国語版もデモ予定に触れた。デモ開催後にはロイター、ウォールストリートジャーナル、CNN、フランス通信社等の大手国際メディアを始め、中国、韓国、台湾、タイ、ベトナム、インドネシア、シンガポール等のアジア諸国、その他オーストラリア、チェコ、ブラジル、イラン、クウェート、カナダ等の世界各国で報道や配信が行われた。2010年尖閣諸島抗議デモ フレッシュアイペディアより)

  • KTMインターシティ

    KTMインターシティから見たシンガポールシンガポール

    KTMインターシティ(, )は、マレー鉄道の長距離旅客列車の総称である。3本の本線で運行されている。北部はタイ国有鉄道に直通運転しており、南はシンガポールまで運行している。KTMインターシティ フレッシュアイペディアより)

  • 中国系イギリス人

    中国系イギリス人から見たシンガポールシンガポール

    ヴァネッサ・メイ - シンガポール出身のヴァイオリニスト。中国系イギリス人 フレッシュアイペディアより)

  • デイス (潜水艦)

    デイス (潜水艦)から見たシンガポールシンガポール

    3月18日、デイスは3回目の哨戒でフラウンダー (USS Flounder, SS-251) とともにニューギニア、パラオおよびフィリピン南部方面に向かった。3月22日から27日までホーランジア方面で特別任務を行い、3月27日にマヌス島に寄港し給油を行い、哨戒を再開する。3月31日、デイスは浮上航行中に爆撃を受け、投じられた2発の爆弾のうち1発は、デイスからわずか50フィートしか離れていない箇所に落ちた。4月5日にはの入り口で空母と思しき艦艇を発見し、追跡したものの距離が縮まらず攻撃できなかった。翌4月6日未明にもの地点で、パラオからシンガポール南方のリンガ泊地に向かう第二艦隊(栗田健男中将)の一部と思しき7つの目標を探知し、ダーター (USS Darter, SS-227) とともに艦隊を追跡し、目標は推定22ノットの高速で航行していたものの魚雷を6本発射したが、命中しなかった。4月7日、僚艦スキャンプ (USS Scamp, SS-277) が駆逐艦と水上偵察機の攻撃で中破したため、デイスはスキャンプの掩護を命じられ、スキャンプをマヌス島ゼーアドラー湾まで送り届けた。4月19日に再び出撃し、ダバオ近海で哨戒した。5月2日朝にはの地点でタンカーと駆逐艦、哨戒艇を発見し、魚雷を5本発射したが命中しなかった。5月13日、デイスは55日間の行動を終えてブリスベンに帰投した。デイス (潜水艦) フレッシュアイペディアより)

  • マレー蘭印紀行

    マレー蘭印紀行から見たシンガポールシンガポール

    金子は、1928年(昭和3年)から1932年(昭和7年)にかけて中国、ヨーロッパ、南洋を放浪した。本紀行は、この放浪のうちの南洋のマレー半島、シンガポール、ジャワ、スマトラでの見聞をもとに書かれたものである。本紀行は、8つの章から構成される。すなわち、「センブロン河」、「」、「」、「」、「コーラルンプル」、「シンガポール」、「爪哇(ジャワ)」、「スマトラ」の各章である。金子自身も、「この旅行記に収めたものは、馬来半島ジョホールのゴム園と、スリメダンの石原鉱山を中心としたもので、爪哇、スマトラの旅行記は附録程度に量が少ない。」と述べている。また「旅行記の方法は、自然を中心とし、自然の描写のなかに人事を織込むようにした。」とも述べられている。本紀行で言及される人物には、現地で働くマレー人、華僑を始め、娼家で働く日本人女性までさまざまである。以下、中心となるゴム園と石原鉱山についてみる。ゴム園については、三五公司のゴム園について多くの記述が割かれている。マレー蘭印紀行 フレッシュアイペディアより)

  • ERP (シンガポール)

    ERP (シンガポール)から見たシンガポールシンガポール

    ERP()はシンガポールの市街地にて、道路の通行料金を徴収する電子道路課金制度である。車に搭載する車載器と道路上に設置されたゲートが通信を行い自動的に料金を徴収される。日本の高速道路に設置されているETCと同じようなシステム。三菱重工業が1995年に開発した。ERP (シンガポール) フレッシュアイペディアより)

  • 死刑の歴史

    死刑の歴史から見たシンガポールシンガポール

    米国では59件の執行があり、執行方法は薬殺で、ネブラスカ州のみ電気椅子で死刑が行われる。人口比率で最大なのはシンガポール。人口が400万あまりの小さい都市国家で、2001年に70件死刑執行された。なお、日本では、2006年には4人、2007年には9人、2008年には15人に対して死刑執行が行われており、ここ数年で急増している。死刑の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 潮州料理

    潮州料理から見たシンガポールシンガポール

    潮州料理(ちょうしゅうりょうり、中国語:潮州菜 チャオジョウツァイ 潮菜、 英語:Chaozhou cuisine, Teochew cuisine)は、中華人民共和国広東省潮州市や汕頭市を中心に食べられている中華料理の中の地方料理。タイ、シンガポール、香港などでも一般的である。潮州料理 フレッシュアイペディアより)

  • 昆明・シンガポール鉄道

    昆明・シンガポール鉄道から見たシンガポールシンガポール

    昆明・シンガポール鉄道(こんめいシンガポールてつどう)は、中国とシンガポールさらに東南アジアのすべての大陸諸国を結ぶ計画・建設中の鉄道のことをいい、全アジア鉄道ネットワークと呼ばれるようになっている。もともとはイギリスとフランスの植民地時代より構想されていたが、20世紀の国際的な争いにより、地域の鉄道は分離されたままになっていた。2006年10月、アジア等の18カ国がトランス・アジア鉄道協定に署名したことにより、この構想は公式に復活することとなり、昆明・シンガポール鉄道はトランス・アジア鉄道の1つとして指定されることとなった。昆明・シンガポール鉄道 フレッシュアイペディアより)

4574件中 91 - 100件表示

「シンガポール」のニューストピックワード