4574件中 121 - 130件表示
  • シンガポール国際映画祭

    シンガポール国際映画祭から見たシンガポールシンガポール

    シンガポール国際映画祭() は、シンガポールのシンガポール国立博物館で、毎年4月に開催される国際映画祭。シンガポール国際映画祭 フレッシュアイペディアより)

  • 商務印書館

    商務印書館から見たシンガポールシンガポール

    1916年シンガポールに支社を設置。商務印書館 フレッシュアイペディアより)

  • タン・マラカ

    タン・マラカから見たシンガポールシンガポール

    国外追放後はソ連に渡り、1922年11月のコミンテルン第4回大会に出席、約1年間モスクワに滞在した後、コミンテルンの工作員として、中国、フィリピン、シンガポール、タイなどで活動し、アジア各地で革命工作に従事する。タン・マラカ フレッシュアイペディアより)

  • バタム島

    バタム島から見たシンガポールシンガポール

    バタム島 (Batam) は、インドネシアのリアウ諸島州に属し、シンガポールの南側に位置する島である。バタム島 フレッシュアイペディアより)

  • チェンマイ・イニシアティブ

    チェンマイ・イニシアティブから見たシンガポールシンガポール

    アジア通貨危機を教訓として、1999年11月の第3回ASEAN+3(日中韓)首脳会議の「東アジアにおける自助・支援メカニズム強化」の必要性合意を受け、2000年5月の第2回ASEAN+3蔵相会議(タイ・チェンマイ)において、二国間通貨スワップ取極のネットワークの構築等を合意した。マルチ化以前はASEAN+3各国の判断の下で二国間契約を多数締結することでチェンマイ・イニシアティブを構成し、2003年末時点で8カ国(日本・中国・韓国・インドネシア・マレーシア・フィリピン・シンガポール・タイ)が参加した。通貨スワップはIMF融資とリンクして発動し(IMF融資がなくても締結スワップ総額の20%までは発動可能)、発動された場合は二国間で外貨準備を融通する。設立当初は当サーベランス(監視)機能が未成熟であり、域内の経済情勢に関する政策対話()おいてサーベイランス(監視)強化に結びつける方法が模索された。チェンマイ・イニシアティブ フレッシュアイペディアより)

  • 岩畔豪雄

    岩畔豪雄から見たシンガポールシンガポール

    同年4月、三井、三菱、大倉財閥の出資で満州に軍需国策会社・昭和通商を設立。昭和通商は、商社として営業機構と外国からの情報収集を主とする特務任務のための調査部機構の二大機構に分けて組織されていた。このため、経済人はもちろん、軍人、役人、学者、ジャーナリスト、スポーツ選手ら多士済々な人物が所属、あるいは関与したエリート集団であった。昭和通商には堀三也、大岸頼好、竹内俊吉、五島徳次郎、関山義人、石田礼助らが在籍した他、岡正雄、川喜田二郎、今西錦司、児玉誉士夫、許斐氏利なども関わったとされる。岡は岩畔に招かれ中野学校で3年間にわたり講義を行うなど親密な間柄だった。昭和通商が通常の商社業務以外に、裏ではアヘンの取引も手がけていたため、ダーティなイメージを強調されるが、それを知っていたのはトップの人物のみで全員が関わったわけではなく、その実態はもっと幅広く、活動範囲も中国大陸だけではなく、全世界にネットワークを張った組織であったという。また同年勃発したノモンハン事件の拡大に反対し、シンガポール奇襲作戦を軍内で唱えるなど南方進出の急先鋒で知られた。「大東亜共栄圏」という言葉は、岩畔と堀場一雄が作ったものといわれる。同年9月総力戦における経済戦の調査研究のための機関設立を秋丸次朗陸軍主計中佐に指令し「秋丸機関」発足。岩畔豪雄 フレッシュアイペディアより)

  • ペドラ・ブランカ島

    ペドラ・ブランカ島から見たシンガポールシンガポール

    ペドラ・ブランカ島(シンガポール名:Pedra Branca、マレーシア名:Batu Puteh、中国語名:白礁)は、マレー半島南部ジョホールの7.7カイリ沖、南シナ海から半島東岸に沿ってシンガポール海峡に入る位置にある花崗岩性の無人島である。面積は8560平方メートルであり、サッカー場の半分ほどと小さいが、その位置から戦略的に重要な意味を持ち、シンガポールとマレーシア間の領土問題になった。2008年にシンガポールの領土であることが確定した。ペドラ・ブランカ島 フレッシュアイペディアより)

  • 篠崎護

    篠崎護から見たシンガポールシンガポール

    篠崎 護(しのざき まもる、1908年2月 - 1991年)は、戦前日本の報道記者・スパイ、日本軍占領下シンガポールの軍政幹部、戦後日本の実業家、著作家。篠崎護 フレッシュアイペディアより)

  • アジエンス

    アジエンスから見たシンガポールシンガポール

    国産ブランドとして特に日本人の髪質に合わせて研究・開発されているが、同じ髪質を持つ東アジア諸国の女性も販売対象であり、日本の他、台湾・香港・シンガポールなどでもTVCMが放映されている。アジエンス フレッシュアイペディアより)

  • コンフォートデルグロ

    コンフォートデルグロから見たシンガポールシンガポール

    コンフォートデルグロ(ComfortDelGro )は世界で2番目に大きな交通会社で、約46,200台を運行している。2003年にシンガポールのコンフォートグループとデルグロ・コーポレーションが統合し誕生した。コンフォートデルグロ フレッシュアイペディアより)

4574件中 121 - 130件表示

「シンガポール」のニューストピックワード