4574件中 41 - 50件表示
  • 香椎 (練習巡洋艦)

    香椎 (練習巡洋艦)から見たシンガポールシンガポール

    1942年(昭和17年)4月には第一南遣艦隊(南遣艦隊から改称)の旗艦に再び復帰、シンガポールに常泊した。香椎 (練習巡洋艦) フレッシュアイペディアより)

  • 佐渡 (海防艦)

    佐渡 (海防艦)から見たシンガポールシンガポール

    6月4日、高雄着。8日、270船団(8隻)を護衛し、高雄発。門司の手前で分離し、佐世保へ回航。12日-27日まで、佐世保海軍工廠で修理に従事。28日、W船団(3隻)を護衛し、門司発。以後、門司-台湾-マニラ-シンガポールを結ぶ線での護衛に従事。8月1日、第一海上護衛隊の軍隊区分は廃止され、全艦が第一海上護衛隊司令官の直率となった。佐渡 (海防艦) フレッシュアイペディアより)

  • 金庸

    金庸から見たシンガポールシンガポール

    金 庸(きん よう、1924年2月6日 - )は中国の小説家。香港の『明報』とシンガポールの『新明日報』の創刊者。武俠小説を代表する作家で、その作品は中国のみならず、世界の中国語圏(中華圏)で絶大な人気を誇る。本名は査 良鏞(さ りょうよう、)。金庸とは筆名であり、本名の「鏞」の字を偏と旁に分けたものである。金庸 フレッシュアイペディアより)

  • マラッカ王国

    マラッカ王国から見たシンガポールシンガポール

    マラッカ王家の末裔が治めるジョホール王国で編纂された年代記『()』によると、マラッカ王室はアレクサンドロス大王の血を引き、インドのチョーラ王国の王ラジャ・チュランと海の王の娘の間の子を祖とする。ラジャ・チュランの三男スリ・トリ・ブワナはパレンバンの王に迎え入れられ、後にシンガプラ(現在のシンガポール)に移住した。マラッカ王国 フレッシュアイペディアより)

  • 富士ゼロックス

    富士ゼロックスから見たシンガポールシンガポール

    現時点における海外の販売圏は、オーストラリア・ニュージーランドのほか、アジア(中国・韓国・台湾)および東南アジア(タイ・インドネシア・シンガポール・フィリピン・ベトナム・マレーシア)各国に拡大している。富士ゼロックス フレッシュアイペディアより)

  • 重症急性呼吸器症候群

    重症急性呼吸器症候群から見たシンガポールシンガポール

    世界保健機構 (WHO) の発表で現在流行が起きているとされている地域に、渡航歴がある(2003年5月10日現在では、中国の一部、香港、シンガポール、カナダ・オンタリオ州)。重症急性呼吸器症候群 フレッシュアイペディアより)

  • 津軽 (敷設艦)

    津軽 (敷設艦)から見たシンガポールシンガポール

    1943年(昭和18年)8月5日、米潜水艦の雷撃で損傷し、横須賀で修理を行う。12月1日附で第三南遣艦隊に編入され、シンガポール方面で輸送任務や機雷敷設任務に津軽 (敷設艦) フレッシュアイペディアより)

  • マレーシアの歴史

    マレーシアの歴史から見たシンガポールシンガポール

    1824年 イギリス・オランダ両国にて、マレー半島 (マラッカ海峡) を中心とする地区の勢力範囲を定めた英蘭協約を締結 イギリスはスマトラ島西海岸のベンクーレンとオランダのマラッカを交換し、ペナン・シンガポール・マラッカのマレー半島に英領植民地を得る。マレーシアの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 北号作戦

    北号作戦から見たシンガポールシンガポール

    制海権・制空権の喪失によりシンガポールに孤立していた艦艇のうち、第四航空戦隊(日向、伊勢、大淀)と第二水雷戦隊の駆逐艦3隻(霞、朝霜、初霜)を、重要物資の輸送を兼ねて日本本土へ帰投させた。北号作戦 フレッシュアイペディアより)

  • シンガポール航空

    シンガポール航空から見たシンガポールシンガポール

    シンガポール航空(シンガポールこうくう、, 、、)は、シンガポールの航空会社である。シンガポール航空 フレッシュアイペディアより)

4574件中 41 - 50件表示

「シンガポール」のニューストピックワード