3003件中 51 - 60件表示
  • マラッカ王国

    マラッカ王国から見たシンガポールシンガポール

    マラッカ王家の末裔が治めるで編纂された年代記『()』によると、マラッカ王室はアレクサンドロス大王の血を引き、インドのチョーラ王国の王ラジャ・チュランと海の王の娘の間の子を祖とする。ラジャ・チュランの三男スリ・トリ・ブワナはパレンバンの王に迎え入れられ、後にシンガプラ(現在のシンガポール)に移住した。彼の曾孫がマラッカに移住して王国を建設したと『スジャラ・ムラユ』は伝えるが、ピレスの『東方諸国記』や中国の史料より、実際の王国の建国者は後述する(、パラミソラとも)と判明している。『スジャラ・ムラユ』に書かれるスリ・トリ・ブワナから彼の玄孫の五代にわたっての事績は、パラメスワラ一代に起きた事件を5人の人物に託したものである。マラッカ王国 フレッシュアイペディアより)

  • 日本航空

    日本航空から見たシンガポールシンガポール

    国内線には日本採用の客室乗務員しか乗務しないものの、多くの国際線の路線においては日本採用の客室乗務員のほかに、香港採用、上海採用、シンガポール採用、バンコク採用(旧JALウェイズから転籍)、台北採用(旧日本アジア航空から転籍)、ヨーロッパ採用(フランクフルトとロンドン)採用の客室乗務員がおり、各採用地を拠点に乗務している。また、サービス等は行わない機内通訳として、ソウル採用のスタッフも、日韓線の一部に乗務している。これらの客室乗務員は日本語や英語の訓練も受けており、現地語以外にも日本語や英語で基本的な会話が可能である。日本航空 フレッシュアイペディアより)

  • 香港の歴史

    香港の歴史から見たシンガポールシンガポール

    1970年代からは繊維産業を中心とする輸出型の軽工業が発達し、後に香港最大の財閥を率いる李嘉誠のような企業家を輩出する。さらに、1960年代以降の旅客機のジェット化、大型化を受けて、航空機による人と貨物の輸送量が急上昇し、香港が東南アジアにおける流通のハブ的地位を確立した結果、1980年代から1990年代にかけて香港はシンガポール、中華民国(台湾)、韓国とともに経済発展を遂げた「アジア四小龍」あるいは「アジアNIEs」と呼ばれるようになる。香港の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • インドネシア

    インドネシアから見たシンガポールシンガポール

    島々によって構成されている国家であるため、その広大な領域に対して陸上の国境線で面しているのは、ティモール島の東ティモール、カリマンタン島(ボルネオ島)のマレーシア、ニューギニア島のパプアニューギニアの3国だけである。海を隔てて近接している国は、パラオ、インド、フィリピン、シンガポール、マレーシア、オーストラリアである。インドネシア フレッシュアイペディアより)

  • 武田薬品工業

    武田薬品工業から見たシンガポールシンガポール

    武田シンガポール株式会社(本社:シンガポール武田薬品工業 フレッシュアイペディアより)

  • ジョホール王国

    ジョホール王国から見たシンガポールシンガポール

    ジョホール王国(ジョホールおうこく、、または、ジョホール・リアウ(Johor-Riau)、ジョホール・リアウ・リンガ(Johor-Riau-Lingga)、公式にはジョホール帝国(ジョホールていこく、))は1528年に成立したマレー半島南部を本拠とする港市国家で、マラッカ海峡両岸(現在のマレーシア、シンガポールおよびインドネシア)におよぶ海上帝国を築いた。マラッカ王国を継承したマレー人による国家でイスラーム教を奉じ、18世紀前半の政変を経て、王都はリアウ諸島のビンタン島(現インドネシア・リアウ諸島州)に遷された。現在のマレーシアを構成する州のひとつであるジョホール州として現代につらなる王国であり、こんにちも世襲のスルタンによって王位が継承されている。ジョホール王国 フレッシュアイペディアより)

  • 福建料理

    福建料理から見たシンガポールシンガポール

    逆に、東南アジアのマレーシア、インドネシア、シンガポールなどに移住した華僑の故郷である福建省には、これらの地域からサテソース、サンバルソースなどの新しい風味を持ち帰り、福建料理に新しい味をもたらしてもいる。福建料理 フレッシュアイペディアより)

  • アジア太平洋国際大学

    アジア太平洋国際大学から見たシンガポールシンガポール

    大学は三つの教育機関が統合して設立された。それぞれ、シンガポールの東南アジアユニオンカレッジとタイ王国のアドベンチスト病院看護学校、ミッションカレッジ(ムワックレック・キャンパス)である。付属研究機関としてエレン・G・ホワイト・ヘリテイジリサーチセンターと翻訳言語リサーチセンターがある。翻訳言語リサーチセンターでは、特にモン族やカレン族などの少数民族言語の資料翻訳を行っている。アジア太平洋国際大学 フレッシュアイペディアより)

  • 満州 (通報艦)

    満州 (通報艦)から見たシンガポールシンガポール

    主に中国方面の警備や測量などに従事したが、客船時代の豪華な設備はそのままに残されており、観艦式の供奉艦や、来賓や軍幹部、対戦武官などを搭乗させる特別任務によく用いられた。第一次世界大戦ではシンガポール方面への輸送任務の他に南洋諸島、青島方面の測量任務に就き、関東大震災の際は救助活動や相模湾の再測量を行っている。満州 (通報艦) フレッシュアイペディアより)

  • デイス (潜水艦)

    デイス (潜水艦)から見たシンガポールシンガポール

    3月18日、デイスは3回目の哨戒でフラウンダー (USS Flounder, SS-251) とともにニューギニア、パラオおよびフィリピン南部方面に向かった。3月22日から27日までホーランジア方面で特別任務を行い、3月27日にマヌス島に寄港し給油を行い、哨戒を再開する。3月31日、デイスは浮上航行中に爆撃を受け、投じられた2発の爆弾のうち1発は、デイスからわずか50フィートしか離れていない箇所に落ちた。4月5日にはの入り口で空母と思しき艦艇を発見し、追跡したものの距離が縮まらず攻撃できなかった。翌4月6日未明にもの地点で、パラオからシンガポール南方のリンガ泊地に向かう第二艦隊(栗田健男中将)の一部と思しき7つの目標を探知し、ダーター (USS Darter, SS-227) とともに艦隊を追跡し、目標は推定22ノットの高速で航行していたものの魚雷を6本発射したが、命中しなかった。4月7日、僚艦スキャンプ (USS Scamp, SS-277) が駆逐艦と水上偵察機の攻撃で中破したため、デイスはスキャンプの掩護を命じられ、スキャンプをマヌス島ゼーアドラー湾まで送り届けた。4月19日に再び出撃し、ダバオ近海で哨戒した。5月2日朝にはの地点でタンカーと駆逐艦、哨戒艇を発見し、魚雷を5本発射したが命中しなかった。5月13日、デイスは55日間の行動を終えてブリスベンに帰投した。デイス (潜水艦) フレッシュアイペディアより)

3003件中 51 - 60件表示

「シンガポール」のニューストピックワード