3003件中 81 - 90件表示
  • ペナン沖海戦

    ペナン沖海戦から見たシンガポールシンガポール

    1945年2月の時点で、シンガポールにあった日本海軍の艦艇は第十方面艦隊(福留繁中将)に編成されていた。このうち健在なのは重巡洋艦「羽黒」、「足柄」、駆逐艦「神風」のみで、重巡洋艦「高雄」、「妙高」は行動不能、その他の南西方面艦隊に属していた艦は北号作戦に参加して日本本土に帰還していた。第十方面艦隊は日本陸軍よりアンダマン諸島への輸送の要請を受け、「羽黒」と「神風」に一部の武装を撤去して、弾薬、食料、燃料などの物資を搭載して出撃させた。物資輸送後は、アンダマン諸島に配置されていた一部の兵力を乗船して帰還する予定だった(に号演習)。ペナン沖海戦 フレッシュアイペディアより)

  • 両岸関係史

    両岸関係史から見たシンガポールシンガポール

    中国側は台湾独立を掲げる民主進歩党(民進党)の合法化など台湾の民主化を警戒しつつも、海基会のカウンターパートとして海峡両岸関係協会(海協会)を設立。民間実務機関という形をとりながら両岸当局の接触・交渉が公の場で始まった。双方が一つの中国原則をめぐり激しく対立する中、1993年4月、シンガポールで辜振甫海基会董事長(理事長)と汪道涵海協会会長による初の中台トップ会談が実現した(第一次辜汪会談)。両岸関係史 フレッシュアイペディアより)

  • 練習艦隊 (海上自衛隊)

    練習艦隊 (海上自衛隊)から見たシンガポール共和国シンガポール

    2007年度(平成19年度、第51回)の遠洋練習航海(一般幹部候補生)の概要は次の通りである。期間は4月20日乃至9月21日の155日間。総航程は約56,000km。派遣人員は第57期一般幹部候補生課程修了者約180名(内タイ王国及びシンガポール共和国留学生各1名)を含む約740名。訪問国は、アメリカ合衆国(真珠湾、サンディエゴ)、エルサルバドル共和国(アカフトラ)、チリ共和国(パルパライソ)、ペルー共和国(カヤオ)、メキシコ合衆国(マンサニーヨ)、仏領ポリネシア(パペーテ)、ニュージーランド(ウェリントン)、オーストラリア(シドニー、ダーウィン)、マレーシア(ポートクラン)、大韓民国(仁川)である。太平洋上の4月28日には洋上慰霊祭を行った。練習艦隊 (海上自衛隊) フレッシュアイペディアより)

  • 紙幣

    紙幣から見たシンガポールシンガポール

    紙幣(しへい)とは、広義には、公的権力(主に国家)により通貨として強制通用することが認められている紙片である。政府の発行する政府紙幣 (Print money) と銀行(中央銀行など)の発行する銀行券 (Bank note) があるが、狭義には前者のみを指す。特定地域だけで通用する地域紙幣(地域通貨)が発行されることもある。現在の多くの国では中央銀行の発行する銀行券が一般的であるが、シンガポールなど政府紙幣を発行している国もある。現在多くの先進国の中央銀行が完全な国家機関ではなく、民間企業の投資などで出来ていることから、中央銀行のありかたを疑問視する考え方が最近世界中で起きている。そのため代替案としての政府紙幣、地域通貨なども再び脚光を浴びはじめている。紙幣 フレッシュアイペディアより)

  • マハティール・ビン・モハマド

    マハティール・ビン・モハマドから見たシンガポールシンガポール

    1946年 統一マレー国民組織 (UMNO) 発足に関与、政治活動を開始。1953年、シンガポールのエドワード7世医科大学(現シンガポール国立大学及びマラヤ大学医学部)を卒業し、医師の資格を取得。マハティール・ビン・モハマド フレッシュアイペディアより)

  • 現代の世界の一体化

    現代の世界の一体化から見たシンガポールシンガポール

    一方で冷戦構造の中で見落とされがちであった多極化の動きが現代では進行している。雁行型の経済成長がアジア地域で進行し、日本に続いて、大韓民国、香港、台湾、シンガポールが、それに続く形でインドネシア、マレーシア、フィリピン、タイが経済的にテイクオフし、10億以上の人口を誇る中国、インドがアジア通貨危機の中で失速する東アジア・東南アジア地域を尻目に高度経済成長を遂げ、政治的にも経済的にも台頭しだした。現代の世界の一体化 フレッシュアイペディアより)

  • スキータ・デイヴィス

    スキータ・デイヴィスから見たシンガポールシンガポール

    1970年、デイヴィスはトップ10ヒットの「I'm a Lover (Not a Fighter)」とボビー・ベアとのデュエット「Your Husband, My Wife」を発表した。翌年、自叙伝的な作品「Bus Fare To Kentucky」もヒットした。しかし、その後は彼女は徐々にヒットしなくなった。シングル「It's Hard to Be a Woman」と「Love Takes a Lot of My Time」はカントリー・チャートでトップ40に入ることができなかった。「One Tin Soldier」はカントリーのラジオ局からあまりエアプレイされなかったが、グラミー賞の最優秀女性カントリー・ボーカルにノミネートされた。しかし、このレコードはカナダでは成功し、イージーリスニングチャートで2位とカントリーチャートで4位を記録した。1970年代は、彼女は精力的にバルバドス、シンガポール、スウェーデンなどの外国でツアーを行った。1973年に発表した「I Can't Believe That It's All Over」は、久しぶりのトップ20ヒットとなった。スキータ・デイヴィス フレッシュアイペディアより)

  • 肉骨茶

    肉骨茶から見たシンガポールシンガポール

    肉骨茶(バクテーもしくはパクテー)はマレーシア及びシンガポールの鍋料理である。肉骨茶 フレッシュアイペディアより)

  • ペナンの歴史

    ペナンの歴史から見たシンガポールシンガポール

    軍事でペナン島の支配権を確立したライトであったが、未だペナンに移民したイギリス人の数は少なく、労働者、資本家のいずれもが不足していた。ライトは門戸を広く開き、土地を移民に気前よく提供する方針を固める。そのために行った最も思い切った政策は関税の撤廃であり、それらの方針はイギリス人のみならず、周辺地域の商人を強く惹きつけた。ライトは関税歳入を切り捨てた分の収入を蒸留酒とアヘンで補うことにし、1791年までに島内に生産拠点を設けた。結果、ペナン島の人口は急激に膨張した。特に関税撤廃の効果は高く、中国人、インド人、アラブ人、ペルシャ人や、近隣のシャム、ビルマ、イスラム教国、スマトラ人らをペナンに呼び込むことになった。それらの商人は一様にオランダの貿易独占に辟易しており、ペナンへの移住は大掛かりなものだった。この時期、ペナン島の人口は10,000人を数えるまでになったが、イギリス人の数は300人ほどであり、それを遥かに上回る多様な民族が集まる交易地となっていた。支配者層を形成する白人がごくわずかな中でライトが選んだ舵取りの方法は、各言語コミュニティごとに代表者を立てて統治機構に組み入れることだった。これにより、ペナン島の各コミュニティは特色を失わずに存続していく。また、ライトは本国からの移民を増やすため、インフラの整備に尽力しつつ、カルカッタの総督府へペナン島の有用性を強く主張した。それらのペナンの売り込みに奔走していたライトだったが、1794年にマラリアに倒れ、そのまま息を引き取る。ライト没後の1800年にはペナンは再びクダ王国に攻め込み、ペナン島のみならず対岸の海沿いの一帯を支配下に置いてウェルズリー州(Province Wellesley)と命名し、ペナンの支配を確実なものにした。ペナンの最大の投資リスクはオランダとクダ王国だっただけに、この安定化はより交易を活性化させることとなる。また、1805年にはトーマス・ラッフルズがペナンに派遣され、ペナンで積んだ経験が後のシンガポール建設の参考となった。ペナンの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 開発独裁

    開発独裁から見たシンガポールシンガポール

    例えば、台湾の蒋経国、韓国の朴正煕は過去に共産党員だった経験から、政治将校や計画経済などの共産主義のノウハウを取り入れた。タイのタクシン・チナワット政権、ブラジルのジェトゥリオ・ドルネレス・ヴァルガス政権、シンガポールの人民行動党のように共産主義勢力と関係を結んだ例もある。インドネシアでもフィリピンでもマレーシアでも五カ年計画が行われた。つまり、開発独裁と共産主義は親和性がないとは限らない。開発独裁 フレッシュアイペディアより)

3003件中 81 - 90件表示

「シンガポール」のニューストピックワード