495件中 91 - 100件表示
  • シンガポール

    シンガポールから見た乗車券

    5路線(East West line Tuas Link-Pasir Ris/Changi Airport間、North South Line Jurong East-Marina South Pier間、North East Line Harbour Front-Punggol間、Circle Line Harbour Front-Dhoby Ghaut/Marina Bay間、Downtown Line Bukit Panjang-Expo間)ある。乗車券は非接触型ICカードとなっており、下車駅の自動改札で回収されない。このため、初回乗車券購入の際に表示された運賃にはS$0.1のデポジット料金が含まれており、最大6回まで繰り返し使用することができる(デポジットは、一定回数以上乗車すると、乗車券購入時の運賃と相殺)。シンガポール フレッシュアイペディアより)

  • シンガポール

    シンガポールから見た

    以前はシンガポール川沿いには倉庫が立ち並び、アジア各地を行き来する無数の貿易船が停泊する貿易港として栄えたが、やがて放棄され時代の名残となっていった。現在は多くの地域がレストラン街やオフィス街に改装されており、観光客だけではなく、地元民も多く立ち寄る地域となっている。 シンガポールには山と呼べる高さの山はないため、川の流れは非常に緩やかで、人々が川でや魚を採る光景をみかけることもあるが、流れが緩やかなこともあり、水質は濁流であまり良くない。ただ夜になると、橋などがライトアップされ、華やかな飲食街の灯りと観光船の光とともに、川の景観を一変させる。シンガポール フレッシュアイペディアより)

  • シンガポール

    シンガポールから見た司法試験

    シンガポールのロースクールはNUS、SMUと2箇所あり、2017年にはSIM大学において新たなロースクールを開校する予定。司法試験の受験資格を得るためにロースクールの卒業が条件となる。シンガポール フレッシュアイペディアより)

  • シンガポール

    シンガポールから見た東京大学

    。またOECDによる「15歳の時点での国際学力比較ランキング」では2015年に世界トップに上った。大学評価機関「クアクアレリ・シモンズ(Quacquarelli Symonds)」が2015年9月に発表したランキングでは、NUSが12位、NTUが13位に入りアジアではトップとなった。(なお同調査では京都大学は38位、東京大学39位)シンガポール フレッシュアイペディアより)

  • シンガポール

    シンガポールから見たスマトラ島

    赤道直下に位置するため、一年を通じて高温かつ多湿である。モンスーン地帯に含まれるが、雨季と乾季の区別ははっきりしないものの、北東モンスーンの影響により、11月から3月にかけて降水量が多い。5月から9月は南西モンスーンのために、1回当たりの雨量が増え、強風に見舞われる。この南西モンスーンに乗って、隣国インドネシアスマトラ島の焼畑農業や山火事の煙が流れ込み、ヘイズと呼ばれる煙霧になることがある。インドネシアの乾期にあたる8月〜11月ごろになると大気汚染が特に酷くなり、健康への被害が懸念されるレベルとなっている。シンガポール フレッシュアイペディアより)

  • シンガポール

    シンガポールから見た夫婦別姓

    中国文化圏であることから、結婚の際は夫婦別姓である。シンガポール フレッシュアイペディアより)

  • シンガポール

    シンガポールから見た気温

    ケッペンの気候区分によると、乾季のない熱帯雨林気候 (Af) に分類される。首都シンガポールは標高5mであり、年平均気温は27.4度、1月の気温は26.4度、7月は27.9度である。11月から1月にかけては雨季の影響もあり比較的涼しい。年平均降水量は2087.1mm。シンガポール フレッシュアイペディアより)

  • シンガポール

    シンガポールから見た日本のタクシー

    シンガポールのタクシーは、初乗り(1.0km)料金がS$3.20、その後は175-210mごとにS$0.20が加算されていく仕組みになっており、日本のタクシーと比較すると料金は安い。車種はヒュンダイ・ソナタやメルセデス・ベンツ・Eクラスが多いが、日本や香港と違い、後部座席は自動ドアではない。シンガポール フレッシュアイペディアより)

  • シンガポール

    シンガポールから見た少子化

    シンガポールは、世界でも少子化が進んでいる国の一つであり、政府は労働力確保のため、移民を推進している。しかし、国民からの反発は根強く、一党独裁であるシンガポールでは異例の抗議集会が開かれる騒ぎとなっている。シンガポール フレッシュアイペディアより)

  • シンガポール

    シンガポールから見た大気汚染

    赤道直下に位置するため、一年を通じて高温かつ多湿である。モンスーン地帯に含まれるが、雨季と乾季の区別ははっきりしないものの、北東モンスーンの影響により、11月から3月にかけて降水量が多い。5月から9月は南西モンスーンのために、1回当たりの雨量が増え、強風に見舞われる。この南西モンスーンに乗って、隣国インドネシアスマトラ島の焼畑農業や山火事の煙が流れ込み、ヘイズと呼ばれる煙霧になることがある。インドネシアの乾期にあたる8月〜11月ごろになると大気汚染が特に酷くなり、健康への被害が懸念されるレベルとなっている。シンガポール フレッシュアイペディアより)

495件中 91 - 100件表示

「シンガポール」のニューストピックワード