394件中 21 - 30件表示
  • シンガポール

    シンガポールから見た高層建築

    シンガポールの建築は非常に多種多様である。国土が狭く、慢性的に土地が不足していることから、歴史的な建造物は都市部にわずかに残る程度であるが、それらがより新しく、より大きく立て替えられていく過程で現代建築の中心地となった。歴史的に土地の高度利用の需要は、ビジネス・ディストリクトやセントラル・ビジネス・ディストリクト(CBD)に集中しており、数十年続いた開発の末、多くの高層ビルが林立する結果となった。マリナ湾とラッフルズ広場の海岸沿いに高層ビルを浮き立たせた輪郭線を描き、その景観はシンガポールを代表する観光地であり、象徴する景観にもなっている。建造物の高さは280mに制限されているため、シンガポールで最も高いリパブリック・プラザやUOB Plaza及びOUB Centreの高さはいずれも280mである。シンガポール フレッシュアイペディアより)

  • シンガポール

    シンガポールから見た死刑

    刑事法や取締法規については一般的にいって厳格であり、裁判所の許可のない拘留を認めることや、イギリス植民地時代に制定された、組織について政府が管理権を有する結社法が未だに存在し、身体刑と死刑が実施されている。シンガポール フレッシュアイペディアより)

  • シンガポール

    シンガポールから見たモンスーン

    赤道直下に位置するため、一年を通じて高温かつ多湿である。モンスーン地帯に含まれるが、雨季と乾季の区別ははっきりしないものの、北東モンスーンの影響により、11月から3月にかけて降水量が多い。5月から9月は南西モンスーンのために、1回当たりの雨量が増え、強風に見舞われる。シンガポール フレッシュアイペディアより)

  • シンガポール

    シンガポールから見た有事

    兵力は陸軍50,000、海軍9,000、空軍13,500の計72,500名。徴兵制により男子に2年間の兵役を義務付けており、兵役終了後は予備役に編入され、有事の際は総動員体制となる。2006年の軍事予算は100.5億シンガポールドルで、全歳出に占める割合は22.5パーセントである。シンガポール フレッシュアイペディアより)

  • シンガポール

    シンガポールから見た独立

    東南アジアと東アジア、ヨーロッパや中東、オーストラリアを結ぶ交通の要衝であるため、東西貿易の拠点となって古くから繁栄し、海運産業や航空産業が発達した(ゆえに国内最大の企業はシンガポール航空である)。独立後は積極的な外資導入により、重工業を中心とする工業化政策をとり、東南アジアでは最大級の工業国に成長している。シンガポール フレッシュアイペディアより)

  • シンガポール

    シンガポールから見たレストラン

    以前はシンガポール川沿いには放棄された倉庫が立ち並び、貿易港として栄えた時代の名残となっていたが、現在はレストラン街に改装されており、観光客だけではなく、地元民も多く立ち寄る地域となっている。 シンガポールには山と呼べる高さの山はないため、川の流れは非常に緩やかで、人々が川で蟹や魚を採る光景をみかけることもあるが、流れが緩やかなこともあり、水質はあまりよくない。シンガポール フレッシュアイペディアより)

  • シンガポール

    シンガポールから見たネコ

    国名の意味は、サンスクリット語で「ライオンの町」。マレー語の発音スィンガプラは、この地原産のネコの種類名シンガプーラの由来となっている。シンガポール フレッシュアイペディアより)

  • シンガポール

    シンガポールから見た公用語

    公用語は英語、マレー語、華語(標準中国語=マンダリン)、タミル語(インド系に母語とする者が多い)である。これらの言語は平等に扱われ、学校教育でも、各民族語が英語とともに必須科目として教えられている。シングリッシュ、シンダリン(シンガポール式華語)など、それぞれの言語で、独特の発音や他言語の語彙・文法の混用などが見られる。シンガポール フレッシュアイペディアより)

  • シンガポール

    シンガポールから見た麻薬

    世界的にも厳しい死刑制度を維持している。人口密度あたりの死刑執行件数は正確な統計がある国としては最も高い。特に、麻薬に関する犯罪に死刑が適用されるため、外国人の麻薬密売業者が死刑になる事例があり、死刑廃止国とのあいだで外交問題に発展したことがある。死刑の方法はイギリス式の絞首刑であり、死刑執行人が存在する。シンガポール フレッシュアイペディアより)

  • シンガポール

    シンガポールから見た世界経済フォーラム

    IMFの統計によると、2011年のシンガポールのGDPは2598億ドルであり、埼玉県とほぼ同じ経済規模である。一方、2011年の一人当たりのGDPは49,270ドルであり、世界でも上位に位置する。国際競争力が非常に強い国であり、2011年の世界経済フォーラムの研究報告書において、世界第2位の国と評価された。富裕世帯の割合が世界で最も高く、およそ6世帯に1世帯が金融資産100万ドル以上を保有しているとされる。シンガポール フレッシュアイペディアより)

394件中 21 - 30件表示

「シンガポール」のニューストピックワード