394件中 31 - 40件表示
  • シンガポール

    シンガポールから見た男子

    兵力は陸軍50,000、海軍9,000、空軍13,500の計72,500名。徴兵制により男子に2年間の兵役を義務付けており、兵役終了後は予備役に編入され、有事の際は総動員体制となる。2006年の軍事予算は100.5億シンガポールドルで、全歳出に占める割合は22.5パーセントである。シンガポール フレッシュアイペディアより)

  • シンガポール

    シンガポールから見たインターネットカフェ

    土地が狭いことや、政府の規制が厳しいためもあり、国内に娯楽施設は少なく、若い世代は映画、クラブやビリヤード、スヌーカー、カラオケに興じることが多いようだ。特にビリヤード場は都市部のそこかしこで見かけることができる。最近ではインターネットカフェが増加している。シンガポール フレッシュアイペディアより)

  • シンガポール

    シンガポールから見た日本車

    道路が左側通行で、アジア圏ということもあり、日本車が多数を占める。なかには日本から非正規輸入(並行輸入)されたため、日本の低排出ガス車認定制度シール、車庫証明シール、自動車ディーラーのシールが張られた車も走っている。ジョホール海峡を挟んだ隣国マレーシアのジョホール州とは2つの道路(ジョホール・シンガポール・コーズウェイ、マレーシア・シンガポール・セカンドリンク)で結ばれている。ガソリン価格がシンガポールに比べて圧倒的に安い、隣国マレーシアへ給油のために国境を越える者があとを絶たなかったため、国境を越える際、ガソリンメーターが4分の3以上ない場合は罰金を科す「3クォーター・タンク法」が存在する(マレーシアナンバーの車は対象外)。シンガポール フレッシュアイペディアより)

  • シンガポール

    シンガポールから見た早朝

    深夜および早朝:メーター料金の10?50%増し(時間帯で変動)シンガポール フレッシュアイペディアより)

  • シンガポール

    シンガポールから見た消費

    都市国家であるため、国内の人口や消費の規模は小さいものの、英語や中国語の話者の多さから、香港と並び欧米諸国の多国籍企業のアジア太平洋地域の拠点が置かれることが多く、近年は東南アジアの金融センターとして不動の地位を保っている。シンガポール フレッシュアイペディアより)

  • シンガポール

    シンガポールから見た多国籍企業

    都市国家であるため、国内の人口や消費の規模は小さいものの、英語や中国語の話者の多さから、香港と並び欧米諸国の多国籍企業のアジア太平洋地域の拠点が置かれることが多く、近年は東南アジアの金融センターとして不動の地位を保っている。シンガポール フレッシュアイペディアより)

  • シンガポール

    シンガポールから見た水道

    高低差の少ない狭い国土では水源に乏しいため、国内の多数の貯水池と隣国マレーシアからの輸入した原水で水の需要に応じてきた。水道水は国内の貯水池だけでは到底賄い切れないため、隣国マレーシアよりジョホール海峡を渡るパイプラインで原水を購入している(パイプライン3本中2本がマレーシアからの原水で、1本が浄水後マレーシアへ供給される水道水)。シンガポール フレッシュアイペディアより)

  • シンガポール

    シンガポールから見た厚生年金

    日本での国民年金と厚生年金に相当する中央厚生年金掛金 (Central Provident Fund Contributions, CPF Contributions) が強制的に個人の収入などより徴収される。たとえば、50歳以下では毎年の給与と賞与の総額に対して雇用者14.5%と従業員20%、計34.5%の掛金を政府に払い込まれ、個人ごとのCPF口座に貯蓄される。この貯蓄は住宅購入などの特別な用途を除いて退職後の生活安定に使用される。シンガポール フレッシュアイペディアより)

  • シンガポール

    シンガポールから見たカレー

    大型の魚の頭部を煮込んで作ったカレー。解体後の余り物を用いたのが起源。シンガポール フレッシュアイペディアより)

  • シンガポール

    シンガポールから見たヒンドゥー教

    主な宗教は、仏教、道教、イスラム教、キリスト教、ヒンドゥー教などである。シンガポール フレッシュアイペディアより)

394件中 31 - 40件表示

「シンガポール」のニューストピックワード