394件中 41 - 50件表示
  • シンガポール

    シンガポールから見た通貨

    通貨はシンガポール・ドルが使用されている。ASEANの原加盟国で、2002年には日本と「新時代経済連携協定」に調印し、関税の撤廃と両国間における物品・人・サービス・資本・情報の移動の自由度向上をはかっている。20世紀末から急速な経済成長が続いており、熱帯地域では珍しく経済力がある地域である。シンガポール フレッシュアイペディアより)

  • シンガポール

    シンガポールから見た国語

    マレー語が憲法上国語とされているが、儀礼的なもので、シンガポールがかつてマレーシア連邦の一員だったことの名残でもある。公式の場でもマレー語はほとんど用いられず、ビジネス、行政などでは英語が広く使われ、華人やインド系でも英語を母語とする者(英語系華人など)がおり、教育でも初等教育から各民族語以外は英語中心に行われている(大学教育はほぼ英語のみ)。若い世代は大多数がバイリンガルあるいはトライリンガルであるが、古い世代では中国語などの民族語しか話さない者も多い。政府発行の公文書は基本的に英語だが、国語はマレー語、国歌もマレー語である。英語を表記する際には、イギリスの植民地であったことから、colourや、centreなど、イギリス英語が用いられる場合が多い。しかし高等教育を受けていても英語を流暢に話せる人は少なく、独特の英語(シングリッシュ)を話す。2000年以降、これが問題として取り上げられ、論争が行われている。シンガポール フレッシュアイペディアより)

  • シンガポール

    シンガポールから見たバンコク

    「ガーデン・シティ」とも呼ばれる美しい国土と、海運上極めて重要なマラッカ海峡のそばにある上、東南アジア各地を結ぶチャンギ空港もハブ空港として非常に重要な役割を果たしているため、観光面ではアドバンテージがある。2012年にマスターカードが公表した統計によると、ロンドン、パリ、バンコクに次いで、世界で4番目に外国人旅行者が多く訪れる都市である。ラッフルズ・ホテルやグッドウッド・パーク・ホテル、ザ・フラトン・シンガポールなどの世界的に有名なホテルも集積している。シンガポール フレッシュアイペディアより)

  • シンガポール

    シンガポールから見た商業

    食生活は外食中心であり、シンガポール人が自炊をする事はあまり無い。以前から商業都市であり、男女関係無く毎日仕事に明け暮れるシンガポール人が多いため、自然と時間のかかる自炊よりも外食で済ますことが好まれるようになったからである。シンガポール フレッシュアイペディアより)

  • シンガポール

    シンガポールから見たライオン

    国名の意味は、サンスクリット語で「ライオンの町」。マレー語の発音スィンガプラは、この地原産のネコの種類名シンガプーラの由来となっている。シンガポール フレッシュアイペディアより)

  • シンガポール

    シンガポールから見た教育

    公用語は英語、マレー語、華語(標準中国語=マンダリン)、タミル語(インド系に母語とする者が多い)である。これらの言語は平等に扱われ、学校教育でも、各民族語が英語とともに必須科目として教えられている。シングリッシュ、シンダリン(シンガポール式華語)など、それぞれの言語で、独特の発音や他言語の語彙・文法の混用などが見られる。シンガポール フレッシュアイペディアより)

  • シンガポール

    シンガポールから見たタクシー

    シンガポールのタクシーは、初乗り(1.0km)料金がS$2.50、その後は175-210mごとにS$0.10が加算されていく仕組みになっており、日本と比較すると料金は安い。車種は日産・セドリック(Y31型セダン)やトヨタ・クラウンコンフォートが多いが、同車種をよく使う日本や香港と違い、自動ドアではない。シンガポール フレッシュアイペディアより)

  • シンガポール

    シンガポールから見た軍事

    隣国で元々は同じ国であったマレーシアとは、領土や開発問題、欧米諸国へ対する姿勢などでたびたび衝突しており(軍事的な衝突ではなく、あくまで外交上のもの)、心理的・物理的に密接ながら複雑な関係といえる。シンガポール フレッシュアイペディアより)

  • シンガポール

    シンガポールから見たETC

    一定地域への車両の流入を抑制するため、特定地域への立ち入りに際してはクーポン購入を義務付けるロードプライシングを早くから導入。1998年3月から世界で初めてプリペイドカードを利用した電子式道路料金徴収システムであるERP(日本の有料道路のETCを一般道に適用したものを想像すると理解しやすい)を導入している。シンガポール フレッシュアイペディアより)

  • シンガポール

    シンガポールから見た無投票当選

    1997年総選挙ではチェンサン選挙区(定数5)で野党が45.2%の得票を集めたが、政府はすかさずゲリマンダーを行い、選挙区割りを変更、野党の得票を分散させた。集団選挙区は野党が定数一杯の候補者を揃えられずに擁立を見送る選挙区が多い。少数民族を候補に含めることは、表向きは少数民族の保護だが、少数民族の候補を確保しにくい、野党の擁立を妨害する作用もある。そのため、2001年総選挙では人民行動党が過半数の55議席で無投票当選を決めている。選挙のたびに小選挙区は削られ、集団選挙区の割合が増えている。集団選挙区の定数も3から4、そして現行の5-6と増やされている。シンガポール フレッシュアイペディアより)

394件中 41 - 50件表示

「シンガポール」のニューストピックワード