前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
120件中 1 - 10件表示
  • 太地いさな組合

    太地いさな組合から見たシーシェパードシーシェパード

    太地いさな組合(たいじいさなくみあい)とは、和歌山県太地町の太地町漁業協同組合に所属する分野別の組合。小型鯨類の追い込み漁をすることで知られる、追い込み漁業共同体。一部に勇魚組合とも報道。「いさな」(勇魚)とは奈良時代から続くクジラの古い呼び名。近年は過激な反捕鯨団体シーシェパードの連日の妨害に耐えながら漁業を行う。太地いさな組合 フレッシュアイペディアより)

  • アニマルプラネット

    アニマルプラネットから見たシーシェパードシーシェパード

    2008年から放映。日本の調査捕鯨船への妨害行為で問題になった環境保護団体シーシェパードの活動を記録したドキュメンタリー番組。アニマルプラネット歴代2位の視聴率を稼ぎ出す人気番組に成長した。日本での放送予定はないが、オーストラリアなどの反捕鯨国では放送される予定。アニマルプラネット フレッシュアイペディアより)

  • Whale Whores

    Whale Whoresから見たシー・シェパードシーシェパード

    捕鯨問題と原爆投下を扱ったタイトルであり、両者をパロディ化しつつも、前者については捕鯨妨害活動をするシー・シェパードとそのリーダーであるポール・ワトソンを批判的に、後者については日本人の負った深い傷として真摯に描いている 。また、『チンポコモン』と同じく、日本または日本人をテーマに扱い、鳩山由紀夫首相と並び、日本の代表者的な存在として「アキヒト」(天皇)が登場する。Whale Whores フレッシュアイペディアより)

  • ドルフィン・プロジェクト

    ドルフィン・プロジェクトから見たシーシェパードシーシェパード

    ドルフィン・プロジェクトは、イルカの解放を主張するアメリカ合衆国の動物愛護団体。「イルカプロジェクト」とも呼ばれる。反イルカ漁・反捕鯨映画『ザ・コーヴ』主役のリック・オバリーが1970年に創設した。日本では和歌山県東牟婁郡太地町で毎年およそ半年ほどの間、小型鯨類の追い込み網漁業の阻止の活動を行っている。水族館などに捕えられたイルカだけを愛護する団体であり、2010年以降は、シーシェパードと組んで、太地からイルカを輸入しないように、関係する国にも赴いて反対活動を行う。ドルフィン・プロジェクト フレッシュアイペディアより)

  • シャナン・ドハーティー

    シャナン・ドハーティーから見たシーシェパードシーシェパード

    日本の調査捕鯨への妨害活動で有名な反捕鯨団体「シーシェパード」が漁船を監視するなかシャナン・ドハーティー フレッシュアイペディアより)

  • ポール・ワトソン

    ポール・ワトソンから見たシーシェパードシーシェパード

    ポール・フランクリン・ワトソン(、1950年12月2日 - )は、カナダの環境活動家。グリーンピースの元メンバーで反捕鯨団体「シーシェパード」の設立者。日本の調査捕鯨を妨害した容疑で海上保安庁から国際刑事警察機構(ICPO)を通じて国際指名手配中。2012年5月13日、コスタリカのサメ漁船に対する航行妨害の容疑で出ていた逮捕状に基づき、フランクフルトでドイツ当局に逮捕されたが、保釈中に逃亡した。ポール・ワトソン フレッシュアイペディアより)

  • ザ・ブラック・フィッシュ

    ザ・ブラック・フィッシュから見たシー・シェパードシーシェパード

    ザ・ブラック・フィッシュ (The Black Fish) は、オランダのアムステルダムを拠点とする環境保護団体。魚、鯨、イルカ、サメなどの海洋生物の保護を行う。設立は2010年8月11日。設立者は、christine bindal、wietse van der werf、arne feuerhahnの三人で、元反捕鯨団体のシー・シェパードのメンバーで、当時は日本の調査捕鯨の妨害にも参加していた。ザ・ブラック・フィッシュ フレッシュアイペディアより)

  • サイモン・ワーン

    サイモン・ワーンから見たシー・シェパードシーシェパード

    2007年から2008年 - TV番組『アニマルプラネット』の「ホエール・ウォーズ(鯨戦争)」の撮影に参加し、南極海で、日本の調査捕鯨船を妨害するシー・シェパードの海賊船を5週間取材した。この際に、反捕鯨番組のデタラメぶりに疑問がわき、後に反捕鯨団体と決別するきっかけとなった。サイモン・ワーン フレッシュアイペディアより)

  • オーストラリア南極領土

    オーストラリア南極領土から見たシーシェパードシーシェパード

    オーストラリア南極領海における捕鯨には論争があり、国際的な注目を集めている。特に反捕鯨団体シーシェパードはオーストラリア南極領海内で活発に活動している。シーシェパードの小型船乗組員は日本の調査捕鯨船と何度も遭遇している。オーストラリア南極領海にあるオーストラリア鯨サンクチュアリ(聖域)は日本政府によって承認されていない。オーストラリア政府によって制定された反捕鯨法はオーストラリアの領海に適用されるが、オーストラリア南極領土ならびに領海におけるオーストラリアの主権に関する主張はわずか4カ国(日本を含まない)にしか承認されていない。オーストラリア南極領土 フレッシュアイペディアより)

  • コーヴ・ガーディアンズ

    コーヴ・ガーディアンズから見たシー・シェパードシーシェパード

    コーヴ・ガーディアンズとは、海洋保護団体「シー・シェパード」の下部組織で、日本のイルカ追い込み漁に反対する「無限の忍耐作戦」を実行するための組織である。反イルカ漁・反捕鯨の映画『ザ・コーヴ』が公開された2010年に活動を開始した。日本では和歌山県東牟婁郡太地町で毎シーズン9月から翌年2月までの漁期の間、漁を阻止するための嫌がらせ(自称)を行う。コーヴ・ガーディアンズ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
120件中 1 - 10件表示

「シー・シェパード」のニューストピックワード