120件中 11 - 20件表示
  • イルカ追い込み漁

    イルカ追い込み漁から見たシー・シェパードシーシェパード

    1986年からフェロー諸島はシー・シェパードによる妨害活動を受けた。一方、およそ二十年前から対抗運動としてPR活動などを行う、ゴンドウクジラ協会が設立された。イルカ追い込み漁 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の捕鯨

    日本の捕鯨から見たシーシェパードシーシェパード

    南極海での商業捕鯨停止の翌年の1987年度から第一期南極海鯨類捕獲調査(JARPA I)を開始した。初年度にはクロミンククジラの捕獲枠を300頭に設定し273頭を捕獲した。翌1988年度から1994年度まではクロミンククジラの捕獲枠を毎年330頭に拡大、1995年から2004年までは捕獲枠を毎年440頭に拡大し、毎年ほぼ枠内いっぱいまで捕獲した。2005年度からは第二期南極海鯨類捕獲調査(JARPA II)を開始し、935頭のクロミンククジラの捕獲枠に加えて10頭のナガスクジラの捕獲枠を設定し、2007年度からはナガスクジラの捕獲枠を毎年50頭に拡大した上で毎年50頭のザトウクジラの捕獲枠も設定した。ただしザトウクジラのみは反捕鯨国の過剰な反発を避けるために捕獲を「延期」した。JARPA IIにおける捕獲実績は最高で2005年度の計863頭(ミンク853、ナガス10)で、最低で2012年度の計103頭(ミンク103)である。計6隻(母船1、目視採集船5)の船団が、2009年度から5隻(母船1、目視採集船4)に、民主党政権誕生後の2010年度からは4隻(母船1、目視採集船1、妨害予防船2)に減らされ、調査実施期間(行き帰り除く)も約100日から約60日に減らされ、シーシェパードの妨害もあるため、捕獲実績が大幅に低下した(2010年度は172頭、2011年度は267頭、2012年度は103頭、2013年度は251頭)。尚、元水産庁官僚の小松正之は鯨肉の需要が低迷しているため、需給調整の為に意図的に捕獲数を減らしていると指摘している。日本の捕鯨 フレッシュアイペディアより)

  • トニー・マラーノ

    トニー・マラーノから見たシーシェパードシーシェパード

    2006年ごろからYouTube上でPropaganda Busterの名で動画で意見を発信している。YouTubeを知る前は新聞への投書を行っていたが、重大な(と本人が考える)話題が採用されないことが多く、ニュースを選択する基準に疑念を抱いていた。当初はアメリカの政治についての動画が中心だった。2008年にシーシェパードに関して日本を擁護する意見を投稿したところ、有志によって翻訳された字幕を付けてニコニコ動画へ転載されるようになる。トニー・マラーノ フレッシュアイペディアより)

  • 2008年

    2008年から見たシー・シェパードシーシェパード

    南氷洋で、反捕鯨団体シー・シェパードが日本の捕鯨船日新丸に対し薬品の入ったボトルを投げるなど攻撃、4人が軽傷を負う。日本国外務省、シー・シェパードの船舶が船籍を置くオランダの駐日大使を呼び、適切な処置を講じるよう要請。オーストラリアのスミス外相、シー・シェパードに対する非難声明を発表。2008年 フレッシュアイペディアより)

  • 捕鯨問題

    捕鯨問題から見たシーシェパードシーシェパード

    反捕鯨の運動グリーンピースやシーシェパードといったNGOの活動船と日本やノルウェーなどの捕鯨船とのトラブルがある。シーシェパードの暴力的な示威活動はカナダ、デンマーク、日本、ワシントン州のインディアン部族であるマカー族に対して起こされている。捕鯨問題 フレッシュアイペディアより)

  • 捕鯨問題

    捕鯨問題から見たシー・シェパードシーシェパード

    デンマークのフェロー諸島のゴンドウクジラ協会は捕鯨のPR活動を行っているが、これはシー・シェパードによる妨害活動に対抗する為に設立されたものである。捕鯨問題 フレッシュアイペディアより)

  • はすみとしこ

    はすみとしこから見たシーシェパードシーシェパード

    2014年9月、デンマーク領フェロー諸島に滞在する環境保護団体シーシェパードを取材した。和歌山県太地町でもシー・シェパードを取材した。同2014年、夕刊フジに『日韓友好へのススメ。』を連載した。はすみとしこ フレッシュアイペディアより)

  • マカ族

    マカ族から見たシー・シェパードシーシェパード

    1998年に、カナダのバンクーバー島の13のインディアン部族が、「マカー族が捕鯨を再開するなら我々も復活させたい」と表明。マカー族は捕鯨の再開に合わせて、カヌーの操船や銛投げの練習を行う一方、海洋生物保護団体シー・シェパードなど反捕鯨団体や、カリフォルニア以外の地域の白人たちが、「絶滅に瀕している鯨を獲るのは違法だ」と訴え、裁判所で裁決が下るまで、マカー族の捕鯨を禁止しようとした。ここで注意すべきなのは、マカー族は、裁判所や関連団体に「捕鯨権」を要求しているのではなく、「条約を遵守するように」と要求していることである。マカー族の捕鯨権は、1855年の米連邦政府との条約規定で条文化され、確約されているのである。マカ族 フレッシュアイペディアより)

  • アースレース

    アースレースから見たシーシェパードシーシェパード

    アースレース(英語:Earthrace)は、バイオディーゼル燃料を使用する三胴船型の高速船。モーターボートによる世界一周最速航海記録を更新する計画ために建造された。後にシーシェパードの抗議活動に参加することになりアディ・ギル(Ady Gil)と改名され、日本の捕鯨に対する抗議活動に使用されるが、2010年に日本の捕鯨船に衝突後、大破した。アースレース フレッシュアイペディアより)

  • ノルウェー海軍

    ノルウェー海軍から見たシー・シェパードシーシェパード

    捕鯨国のノルウェーではシー・シェパードやグリーンピースといった反捕鯨を掲げる団体による妨害工作を排除するため、海軍が活動船の放逐や捕鯨船の護衛を行っている。ノルウェー海軍 フレッシュアイペディアより)

120件中 11 - 20件表示

「シー・シェパード」のニューストピックワード