97件中 11 - 20件表示
  • 2008年

    2008年から見たシー・シェパードシーシェパード

    南氷洋で、反捕鯨団体シー・シェパードが日本の捕鯨船日新丸に対し薬品の入ったボトルを投げるなど攻撃、4人が軽傷を負う。日本国外務省、シー・シェパードの船舶が船籍を置くオランダの駐日大使を呼び、適切な処置を講じるよう要請。オーストラリアのスミス外相、シー・シェパードに対する非難声明を発表。2008年 フレッシュアイペディアより)

  • 種田守倖

    種田守倖から見たシーシェパードシーシェパード

    日本古来の食文化としての捕鯨容認派。反捕鯨を掲げる自然保護団体グリーンピースを「グリーン豆(緑豆団)」あるいは「えんどう豆」と揶揄し、痛烈に批判することがある。同様に、過激な反捕鯨団体として知られるシーシェパードを「海の狂犬病」と表現して罵倒している。種田守倖 フレッシュアイペディアより)

  • 直接行動

    直接行動から見たシーシェパードシーシェパード

    一方で器物破壊活動に関しては、目的の正当性しだいといえる。捕鯨に抗議するシーシェパードなどがあくまでも妨害活動と「嫌がらせ」に終止するのは、「非暴力」という一線を越えれば欧米の大衆の支持を失うからである。しかし、不法に乱獲を行なっていた漁船をシーシェパードが停泊中に沈没させた事件においては世論は同情的であった。また捕鯨船のスクリューを破壊する行為も人的被害が起こらないので正当とみなす世論がマスコミにも存在する。またこれらの行為に警察などが強硬に対応して抗議する側を傷つけるなどの結果になれば世論の同情が不法行為を行なう側に集まるという構造になっているため、直接行動を行なう側はできるだけ挑発的行動にでることが多い。シーシェパードが日本側が危険な行為を行なったとの主張を頻繁に行なうのは、自らの団体の直接行動の正当化とともに世論の支持を集めるためである。直接行動 フレッシュアイペディアより)

  • マカ族

    マカ族から見たシー・シェパードシーシェパード

    1998年に、カナダのバンクーバー島の13のインディアン部族が、「マカー族が捕鯨を再開するなら我々も復活させたい」と表明。マカー族は捕鯨の再開に合わせて、カヌーの操船や銛投げの練習を行う一方、海洋生物保護団体シー・シェパードなど反捕鯨団体や、カリフォルニア以外の地域の白人たちが、「絶滅に瀕している鯨を獲るのは違法だ」と訴え、裁判所で裁決が下るまで、マカー族の捕鯨を禁止しようとした。ここで注意すべきなのは、マカー族は、裁判所や関連団体に「捕鯨権」を要求しているのではなく、「条約を遵守するように」と要求していることである。マカー族の捕鯨権は、1855年の米連邦政府との条約規定で条文化され、確約されているのである。マカ族 フレッシュアイペディアより)

  • ガンナー・ハンセン

    ガンナー・ハンセンから見たシーシェパードシーシェパード

    『レイキャヴィク・ホエール・ウォッチング・マサカー』でハンセン演じるペートゥル船長がシーシェパードのポール・ワトソン代表と似ていると指摘されたが、ユリウス・ケンプ監督は「いえ、まったく意図していませんでしたが、確かに良く似ていますね。でもポール・ワトソンはアイスランドでは歓迎されません(笑)。」と答えている。ガンナー・ハンセン フレッシュアイペディアより)

  • レイキャヴィク・ホエール・ウォッチング・マサカー

    レイキャヴィク・ホエール・ウォッチング・マサカーから見たシーシェパードシーシェパード

    ガンナー・ハンセン演じるペートゥル船長がシーシェパードのポール・ワトソン代表と似ていると指摘されたが、監督は「いえ、まったく意図していませんでしたが、確かに良く似ていますね。でもポール・ワトソンはアイスランドでは歓迎されません(笑)。」と答えている。レイキャヴィク・ホエール・ウォッチング・マサカー フレッシュアイペディアより)

  • アースレース

    アースレースから見たシーシェパードシーシェパード

    アースレース(英語:Earthrace)は、バイオディーゼル燃料を使用する三胴船型の高速船。モーターボートによる世界一周最速航海記録を更新する計画ために建造された。後にシーシェパードの抗議活動に参加することになりアディ・ギル(Ady Gil)と改名され、日本の捕鯨に対する抗議活動に使用されるが、2010年に日本の捕鯨船に衝突後、大破した。アースレース フレッシュアイペディアより)

  • 第二勇新丸

    第二勇新丸から見たシーシェパードシーシェパード

    2008年1月15日、シーシェパードの活動家2名(ベン・ポッツ、ジルス・レイン)が本船に不法侵入し拘束された。2名は17日にオーストラリアの税関巡視船「オセアニック・バイキング」に引き渡された。第二勇新丸 フレッシュアイペディアより)

  • 第二勇新丸

    第二勇新丸から見たシー・シェパードシーシェパード

    第二勇新丸(だいにゆうしんまる)は、共同船舶が所有している調査船(目視採集船)。反捕鯨団体シー・シェパードの妨害活動に対しては水産庁監視船(目視専門船の第2昭南丸)の派遣と海上保安官の同乗を行っている。第二勇新丸 フレッシュアイペディアより)

  • ノルウェーの捕鯨

    ノルウェーの捕鯨から見たシーシェパードシーシェパード

    ノルウェーの捕鯨に反対する団体のうち過激なものは、捕鯨船に侵入して注水し自沈させるなどの破壊活動を行っている。例えばシーシェパードは、1992年と1994年にノルウェーの捕鯨船に対する破壊活動を行った。ノルウェーの捕鯨 フレッシュアイペディアより)

97件中 11 - 20件表示

「シー・シェパード」のニューストピックワード