97件中 21 - 30件表示
  • 野生動物管理

    野生動物管理から見たシーシェパードシーシェパード

    科学的な野生動物管理がアメリカで初めて提唱された1930年代から数十年間、世界中ではなおも乱獲される野生動物もいれば、手厚く保護される野生動物も存在した。さらに、持続的な野生動物の利用を前提とした「保全」や「管理」と、原生自然に生きる野生動物を人間の利用から守る「保護」や「保存」が対立するようになり始めた。自然保護団体シエラクラブの創設者であるは精神主義や神秘主義のもと野生動物の「保存」を推し進めた。ときに情緒的で感情論に終始する場合もある「保護」を避ける動きもあり、1948年には当時の国際自然保護連合は組織名をIUPN(International Union for Protection of Nature)からIUCN(International Union for Conservation of Nature and Natural Resources)へ改称した。一方で、野生動物管理の試みは必ずしも成功しているというわけではなかった。相変わらず狩猟動物だけを対象とした管理が横行し、狩猟動物を捕食する動物や人間に害を与える動物、狩猟動物として魅力の高い動物を優先的に殺した結果、シカ類などの一部の野生動物は個体数を爆発的に増やし、アメリカバイソンやオオカミなどは絶滅が危惧されるまでに数を減らした。こうした狩猟者の利益しか考えていない未成熟な野生動物管理に対して、人間中心的な功利主義と捉えて批判する声が上がった。野生動物管理学の提唱者であるレオポルドでさえも1949年に出版した晩年の著書『Sand County Almanac』にて「野生動物の数を人間が管理できるという傲慢な考え方は間違っていた」と述べ、この時点での野生動物管理の失敗を象徴するものとなった。しかし、レオポルドは野生動物管理を完全に否定したわけでなく、共同体として敬意を払う土地倫理の思想を生み出し、倫理観をともなった新たな管理を期待したのであった。1970年代には提唱されたディープエコロジーでは人間の利益に縛られた野生動物管理はシャローエコロジーとされ、改善が強く求められた。レオポルドが提起した倫理観は野生動物管理に欠けていた要素のひとつであり、この思想はのちに環境倫理学へと発展し、野生動物管理を含む自然保護活動に大きな影響を与えた。また、この倫理は自然の権利、さらには動物の権利という新しい思想を生み出すこととなり、野生動物管理と激しく対立することになった。動物の権利主義者は野生動物に苦痛を与えたり、殺したり、捕獲・管理する行為を一切認めず、動物の解放を目指してより過激な行動をとるものも現れた。例として、1970年?1980年代に続々設立された動物解放戦線や、シーシェパードといった組織は野生動物管理に関係する組織や人間も攻撃対象とし、破壊活動や暴力的手段をとった。こうした野生動物管理への反対活動は現代でも続いている。野生動物管理 フレッシュアイペディアより)

  • アンソニー・キーディス

    アンソニー・キーディスから見たシーシェパードシーシェパード

    環境保護団体であるシーシェパードのスポンサーでもある。2011年に「サマーソニック2011に出演した際、手書きで「SEA SHEPHERD」と書かれた白のタンクトップを着ていたが、すぐに破り捨てる。アンソニー・キーディス フレッシュアイペディアより)

  • 日下公人

    日下公人から見たシーシェパードシーシェパード

    日本はオーストラリアに行って鉱山の権利を買っているが、権利だけ買って軍隊のにらみがきいていないと没収されかねない。海外の資産を没収されないためには、核を持つことが一番安上がりで効果は絶大だ、と私は言っている。「持つぞ」と言うだけでも相手国を揺さぶれる。シーシェパードを追い払うために日本は至急軍事力を見せねばならない。さもないと、捕鯨問題は牛肉にも鉄鉱石にも波及する。日下公人 フレッシュアイペディアより)

  • 西村修平

    西村修平から見たシーシェパードシーシェパード

    平成22年(2010年)、環境テロリストのシーシェパードによる日本の捕鯨・イルカ漁、調査捕鯨船や監視捕鯨船など日本船舶への、白人至上主義に基づく人種差別的で過激なテロ行為に対し、日本政府が主権国家として断固たる抗議の意思を表明しないことに憤慨、数々の抗議行動を開始。シー・シェパードが和歌山県太地町のイルカ漁を盗撮した映画「ザ・コーヴ」に対しても、これを反日プロパガンダ映画として上映中止に追い込むなどの激しい抗議行動を展開した。これら一連の模様はロイターやアルジャジーラなど海外の主要メディアで大きく報道された。後に同じ反シー・シェパードで親日派の「テキサス親父」ことトニー・マラーノとの親交のきっかけともなる。しかし抗議行動が激化するさなか、数度にわたってYouTube動画サイトの「主権回復を目指す会」アカウントが停止になる。西村修平 フレッシュアイペディアより)

  • 西村修平

    西村修平から見たシー・シェパードシーシェパード

    平成22年(2010年)、環境テロリストのシーシェパードによる日本の捕鯨・イルカ漁、調査捕鯨船や監視捕鯨船など日本船舶への、白人至上主義に基づく人種差別的で過激なテロ行為に対し、日本政府が主権国家として断固たる抗議の意思を表明しないことに憤慨、数々の抗議行動を開始。シー・シェパードが和歌山県太地町のイルカ漁を盗撮した映画「ザ・コーヴ」に対しても、これを反日プロパガンダ映画として上映中止に追い込むなどの激しい抗議行動を展開した。これら一連の模様はロイターやアルジャジーラなど海外の主要メディアで大きく報道された。後に同じ反シー・シェパードで親日派の「テキサス親父」ことトニー・マラーノとの親交のきっかけともなる。しかし抗議行動が激化するさなか、数度にわたってYouTube動画サイトの「主権回復を目指す会」アカウントが停止になる。西村修平 フレッシュアイペディアより)

  • 警告弾

    警告弾から見たシーシェパードシーシェパード

    2008年、アメリカの環境保護団体シーシェパードの抗議船に対して危険な妨害活動を中止するよう警告するため、海保保安官が同乗する日本の調査捕鯨船から閃光や音響などで威嚇するボール状の警告弾が計7発発射された。警告弾 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋利弘

    高橋利弘から見たシーシェパードシーシェパード

    2007年駐ニュージーランド特命全権大使に就任。2010年兼轄するサモアのファウムイナ・ティアティア・リウガ資源・環境大臣との間で、3億円の環境プログラム無償資金協力「森林保全計画」に関する書簡の交換を行った。同年、シーシェパードのピーター・ベスーン元船長が海上保安庁の監視船第2昭南丸に不法侵入した事件につき、ニュージーランドのマレー・マカリー外務大臣「極めて遺憾だ。」との抗議を行った。高橋利弘 フレッシュアイペディアより)

  • 日本鯨類研究所

    日本鯨類研究所から見たシーシェパードシーシェパード

    一方、これに対しては、反捕鯨団体が感情論を公の場で捕鯨の反対の理由にしたことはないとの反論がある。またC・W・ニコルは人種差別的な個人は存在するが、反捕鯨団体の行動原理が人種差別であるという点は否定している。日本の調査捕鯨の急先鋒のシーシェパードのリーダーであるポール・ワトソンはむしろ日本の文明に敬意を評しており、その行動原理が人種差別ではないと分析されている。日本鯨類研究所 フレッシュアイペディアより)

  • 日本鯨類研究所

    日本鯨類研究所から見たシー・シェパードシーシェパード

    2007年(平成19年)2月9日に、日本鯨類研究所が派遣した日本の調査捕鯨母船「日新丸」に対して船2隻で接近し化学薬品(酪酸)入りの瓶を投げ付け船員を負傷させるなどの妨害行為を行なった環境保護団体シー・シェパードに対して、「環境保護団体ではなくテロリストだ」と激しく非難した。日本鯨類研究所 フレッシュアイペディアより)

  • ボブ・ブラウン

    ボブ・ブラウンから見たシーシェパードシーシェパード

    反捕鯨団体シーシェパードを支持していることでも知られ、ブラウンの地元タスマニア州は、同団体が南極海で行う反捕鯨活動の拠点となっている。ボブ・ブラウン フレッシュアイペディアより)

97件中 21 - 30件表示

「シー・シェパード」のニューストピックワード