97件中 41 - 50件表示
  • ピーター・ベスーン

    ピーター・ベスーンから見たシーシェパードシーシェパード

    ピーター・ベスーン(、1965年4月4日 - )は、ニュージーランドの環境保護活動家。モーターボートによる世界一周の最速記録を保持している。反捕鯨団体シーシェパードの元メンバー。ピーター・ベスーン フレッシュアイペディアより)

  • パタゴニア (企業)

    パタゴニア (企業)から見たシーシェパードシーシェパード

    2008年1月、捕鯨船へ過激な抗議活動を行うことから水産庁遠洋課に「テロリストグループ」とされた環境保護団体シーシェパードをパタゴニアが資金援助をしていたことがインターネットで話題となり、消費者から批判が集まった。シーシェパードのウェブサイトでは、パタゴニアなどがスポンサーとして紹介されていたが、毎日新聞の取材に対してパタゴニア日本支社は資金提供について「時期、金額ともに公表できない」と回答した。一方、産経新聞の佐々木正明によると、資金提供は1993年と2007年に2回行われ、合計金額130万円であったという。消費者からの問い合わせを受けて、パタゴニア日本支社は公式コメントを発表し、シーシェパードを支援してきた事実を認めた。問い合わせの回答は以下のとおり。パタゴニア (企業) フレッシュアイペディアより)

  • チャド・マレーン

    チャド・マレーンから見たシーシェパードシーシェパード

    2008年1月25日放送の『痛快!エブリデイ』では、一連の反捕鯨運動(シーシェパードによる妨害活動)に関する報道がされていることに捕鯨賛成派である桂南光に「キミは鯨を食べたことは?!」と聞かれ、「食べたことあります。」「鯨ベーコンが特においしかったです。」と答えていた。チャド・マレーン フレッシュアイペディアより)

  • イルカ追い込み漁

    イルカ追い込み漁から見たシーシェパードシーシェパード

    2007年には活動家らとアメリカ合衆国の女優ヘイデン・パネッティーアが太地町のイルカ漁猟を妨害しようとして漁師との小競り合い(エコテロリズムという犯罪行為)に関わった。パネッティーアはオーストラリアとアメリカ合衆国から参加した他の5人のサーファーと共に捕獲されているイルカの群れまでたどり着こうとサーフボードで海に乗り出した。違法な小競り合いはサーファー達が浜辺に連れ戻されるまで10分以上続いた。サーファー達は日本の警察により不法侵入の罪で逮捕されるのを避けて直接関西空港へ向かい、国外へ出た。太地町の漁業協同組合は、これら抗議活動家の「この漁場に関する事実を歪曲し続ける無法振り」と、抗議活動家のアジェンダが「国際法にも科学的根拠にも則っておらず、むしろ経済的な自己の利得に基づいている。」ことに抗議している。追い込み漁への抗議活動を行っている動物愛護団体にはシーシェパード、ワンヴォイス、ブルーヴォイス、ホエール・アンド・ドルフィン・コンサーヴェイション・ソサエティやワールド・ソサエティ・フォー・ザ・プロテクション・オブ・アニマルズなどがいる。イルカ追い込み漁 フレッシュアイペディアより)

  • 特殊警備隊

    特殊警備隊から見たシーシェパードシーシェパード

    2008年 「シーシェパード」が日本の調査捕鯨船の活動を妨害し、乗務員が負傷する事件が発生。この事件を受け海上保安庁は、日本鯨類研究所の調査捕鯨船「第二勇新丸」に、エコテロリスト対策として海上保安官が乗船し、警備を担当したと発表。この「海上保安官」は、SST隊員と噂されている。特殊警備隊 フレッシュアイペディアより)

  • ヘイデン・パネッティーア

    ヘイデン・パネッティーアから見たシーシェパードシーシェパード

    2007年、反捕鯨団体であるシーシェパードとともに捕鯨を妨害するために訪日し、和歌山県太地町のイルカ漁を隠し撮りして話題になった映画ザ・コーヴに出演した。この時、パネッティーアは他の豪州出身者と米国出身者からなる5人のサーファーとともに太地町の漁場において10分以上に渡ってイルカ漁に対する妨害行為を行った。この行動は動物愛護団体PETAに評価され、表彰された。パネッティーアはアメリカのエンターテイメント情報番組E! Newsに対して日本の警察が逮捕状を出したようだと語ったが、日本の水産庁は週刊新潮の取材に対してそのような可能性を否定した。ヘイデン・パネッティーア フレッシュアイペディアより)

  • ジェームズ・ゴールドスミス

    ジェームズ・ゴールドスミスから見たシーシェパードシーシェパード

    で、現在はパキスタンの政治家であるイムラン・カーンと離婚後に、人気俳優のヒュー・グラントと婚約するなど(のち解消)、イギリスの社交界や芸能ゴシップ誌を騒がせる美人セレブとして有名な存在である。次男ザカリアス(1975年生、環境活動家から保守党の国会議員へ転身)は、シーシェパードへの最大級の寄付金を援助する支援者として知られている。三男ベンジャミン(1980年生、ファイナンシャー)はアナベルとの間の子供である。ジェームズ・ゴールドスミス フレッシュアイペディアより)

  • リック・オバリー

    リック・オバリーから見たシーシェパードシーシェパード

    1960年代のテレビシリーズ、『Flipper (邦題: わんぱくフリッパー)』に出演した5匹のイルカを調教していたが、出演していたイルカの一匹の死亡により彼は解雇され、その怨恨からイルカを捕獲・飼育する産業への反対者になった。その後、シーシェパードの顧問会議に名をつらねていたものの、現在はその名前を除去し1、イルカ漁を批判的に描いたドキュメンタリー映画『ザ・コーヴ』に本人役で主演した(映画についてはザ・コーヴを参照)。リック・オバリー フレッシュアイペディアより)

  • 主権回復を目指す会

    主権回復を目指す会から見たシーシェパードシーシェパード

    「環境保護」を標榜し、捕鯨に対する抗議・妨害活動で日本の調査捕鯨船の乗組員を負傷させた環境テロリストのシーシェパード、及び同じく捕鯨に対して反対の立場で行動しているグリーンピースを非難し、同団体を支援しているオーストラリア・ニュージーランド政府や民間企業に対して支援の停止を要求している。主権回復を目指す会 フレッシュアイペディアより)

  • 鹿野道彦

    鹿野道彦から見たシーシェパードシーシェパード

    2011年2月、反捕鯨団体「シーシェパード(SS)」が南極海で日本の調査捕鯨船に妨害行為を続けている問題で、執拗な攻撃からの調査団員、船員の安全確保が第一であるとし、南極海での調査捕鯨活動をやむなく中止し船団を早期に帰国させることを決めたが、同年12月には調査を再開させ2012年の調査は日程通り実施されている。鹿野道彦 フレッシュアイペディアより)

97件中 41 - 50件表示

「シー・シェパード」のニューストピックワード