97件中 51 - 60件表示
  • グリーンピース (NGO)

    グリーンピース (NGO)から見たシーシェパードシーシェパード

    またこのことは、グリーンピースが「もっぱら反核を主張する組織」から「広くさまざまな自然保護問題について行動する組織」へと脱皮することにもつながった。1971年から参加していたポール・ワトソン Paul Watson らが主力となり、1975年から捕鯨船の目の前に高速ゴムボート(ゾディアック)を繰り出して捕鯨に反対するというキャンペーンが開始された。なお、ポール・ワトソンは、1977年に「グリーンピースは軟弱に過ぎる」として袂を分かち、エコテロリストの筆頭格とされる組織・シーシェパード Sea Shepherd を設立する。グリーンピース (NGO) フレッシュアイペディアより)

  • リンダ・ブレア

    リンダ・ブレアから見たシーシェパードシーシェパード

    Linda Blair World Heart Foundationというチャリティ団体を設立。ベジタリアンでもある。また、反捕鯨団体シーシェパードを公然と支持している。リンダ・ブレア フレッシュアイペディアより)

  • スティーブ・アーウィン

    スティーブ・アーウィンから見たシーシェパードシーシェパード

    反捕鯨活動団体のシーシェパードは彼の死後の2007年12月5日、アーウィンにちなみ、活動船「ロバート・ハンター」を「スティーブ・アーウィン」 MV Steve Irwin に改称した。妻テリーもシーシェパードの活動に賛同し、この改称を了承した。スティーブ・アーウィン フレッシュアイペディアより)

  • 富田の鯨船行事

    富田の鯨船行事から見たシーシェパードシーシェパード

    鯨船行事の実施と鯨船に乗るのは男性のみの女人禁制の伝統がある。女人禁制に反対するフェミニズム団体による抗議や、捕鯨問題で捕鯨に反対する外国のシーシェパードなどの反捕鯨団体が特にこの富田の鯨船行事の実施に対して抗議した事はない。富田の鯨船行事 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年の日本

    2008年の日本から見たシーシェパードシーシェパード

    オーストラリア連邦裁判所、オーストラリアが自国の排他的経済水域と主張しており、独自に「クジラ保護区」に指定している南極沿岸の南極海一部海域での日本の調査捕鯨の差し止めを命じる。同判決は国際法に適合しないとして調査捕鯨を継続していた日本の調査捕鯨船団の一つ「第二勇新丸」に、米環境保護団体「シーシェパード」の船舶が意図的に衝突し、メンバー2名が第二勇新丸に乱入したため乗組員が2人を拘束、1月17日に海上でオーストラリア当局に2人を引き渡す。その直後、船団のうち1隻「第3勇新丸」もシーシェパードからの妨害を受ける。オーストラリアのステファン・スミス外相がシーシェパードの「違法な活動」を批判。2008年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年の日本

    2008年の日本から見たシー・シェパードシーシェパード

    3月3日 - 南氷洋で、反捕鯨団体シー・シェパードが日本の捕鯨船日新丸に対し薬品の入ったボトルを投げるなど攻撃、4人が軽傷を負う。日本国外務省、シー・シェパードの船舶が船籍を置くオランダの駐日大使を呼び、適切な処置を講じるよう要請。2008年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • オーストラリア南極領土

    オーストラリア南極領土から見たシーシェパードシーシェパード

    オーストラリアの南極に対する領有権主張は、南極条約締結前にはイギリス、ニュージーランド、フランス、ノルウェーの4カ国が相互に承認していた。シーシェパードは日本の調査捕鯨船団に所属する捕鯨船との通信で、日本国はこれを承認していないとの回答を受けている。オーストラリア政府は、オーストラリア南極領土の存在を根拠としてその沖合200カイリの周辺海域を排他的経済水域・「オーストラリア南極領海」(Australian Antarctic territorial waters)とし、クジラサンクチュアリを設けて日本の調査捕鯨の操業に対して非難している。オーストラリア南極領土 フレッシュアイペディアより)

  • グリーンピース宅配便窃盗事件

    グリーンピース宅配便窃盗事件から見たシーシェパードシーシェパード

    告発者の共同船舶従業員がかつて捕鯨母船日新丸搭乗していた頃の実体験として、シーシェパードの妨害により、捕れるチャンスには無理をおして多すぎる頭数を船揚げするという状況におちいった。結果、解体作業は追いつかず、高級部位をあわただしく「製造」し、いわゆる「雑肉」を大量投棄していたと明かす。無駄にされた量は、毎日ミンククジラ20頭分の「雑肉」約7トン規模だと推定している。こうした投棄分も公式トン数に申告されず、グリーンピース調査官(インタビュー質問者)は、頭数あたりトン数の数値が近年になって減っているのは、そのせいではないかとの指摘をする。グリーンピース宅配便窃盗事件 フレッシュアイペディアより)

  • 日新丸

    日新丸から見たシーシェパードシーシェパード

    グリーンピース (NGO)やシーシェパードの項を参照。日新丸 フレッシュアイペディアより)

  • エコテロリズム

    エコテロリズムから見たシーシェパードシーシェパード

    エコテロリスト団体として国際的に著名な団体には動物解放戦線(ALF;Animal Liberation Front)、地球解放戦線(ELF;Earth Liberation Front)、ハンティンドンの動物虐待阻止(SHAC;Stop Huntingdon Animal Cruelty)、シーシェパード(Sea Shepherd Conservation Society)などがあり、これらは地球環境保護や動物愛護などの目的を掲げてはいるが、実際には放火、爆破、破壊、略奪、脅迫、誘拐、拷問、傷害等のテロリズムに分類される活動を繰り返している。これらは大半の法治国家において犯罪行為に該当するそれら自らの行動について、確信犯的に全面的に正当化する主張を展開し、犯罪行為を行った場所の国家の法律の無視はもとより様々な常識的な社会通念・規範をも蔑ろにしている事も多い。環境保護や動物愛護を目的として掲げる組織とはいえ、国際的かつ大規模・著名な環境保護団体であっても、グリーンピースの様に、組織の内部や周辺に目的達成のためのテロリズムを容認する急進的・過激な一派が存在していたり、多数の派閥勢力が存立して活発な活動を行っている場合、この種の問題を長年にわたって内包している事も見られる。さらに、組織内部で活動方針や主導権などを巡って派閥間抗争や内紛に発展している場合には、その活動方針を巡って武闘闘争を訴える派閥の構成員などが一種の内ゲバ行為を引き起こす場合もある。エコテロリズム フレッシュアイペディアより)

97件中 51 - 60件表示

「シー・シェパード」のニューストピックワード