120件中 61 - 70件表示
  • パタゴニア (企業)

    パタゴニア (企業)から見たシーシェパードシーシェパード

    2008年1月、捕鯨船へ過激な抗議活動を行うことから水産庁遠洋課に「テロリストグループ」とされた環境保護団体シーシェパードをパタゴニアが資金援助をしていたことがインターネットで話題となり、消費者から批判が集まった。シーシェパードのウェブサイトでは、パタゴニアなどがスポンサーとして紹介されていたが、毎日新聞の取材に対してパタゴニア日本支社は資金提供について「時期、金額ともに公表できない」と回答した。一方、産経新聞の佐々木正明によると、資金提供は1993年と2007年に2回行われ、合計金額130万円であったという。消費者からの問い合わせを受けて、パタゴニア日本支社は公式コメントを発表し、シーシェパードを支援してきた事実を認めた。問い合わせの回答は以下のとおり。パタゴニア (企業) フレッシュアイペディアより)

  • ジェームズ・L・ブルックス

    ジェームズ・L・ブルックスから見たシー・シェパードシーシェパード

    反捕鯨団体の「シー・シェパード」の4隻目となる捕鯨妨害船「サム・サイモン号」は、かつて日本政府が保有していた観測船であるが、米企業から購入した際、ブルックスが200万ドル(約1億6000万円)の資金援助をした。ジェームズ・L・ブルックス フレッシュアイペディアより)

  • サム・サイモン

    サム・サイモンから見たシー・シェパードシーシェパード

    環境保護を訴えるテロ行為活動団体「シー・シェパード」の活動に協力し、資金を献金した。同団体は、日本の捕鯨に抗議する活動に運用する船に氏の名前を命名した。この抗議船「サム・サイモン号」は元は日本製であり、日本製品ボイコットを訴える同団体のポリシーと反することから、同団体は船籍偽装をした上で使用していた。サム・サイモン フレッシュアイペディアより)

  • 日豪関係

    日豪関係から見たシーシェパードシーシェパード

    ここ20年間、オーストラリアでは日本の調査捕鯨に反対する世論が高まり、環境問題に関して過激な思想を持つ団体の支持を公然と行う者が現れたり、本来オーストラリアの主権が及ばない海域で日本捕鯨船に対して、日本やノルウェーなどの捕鯨船に対する発砲や爆破、当て逃げ行為といったシーシェパードの一連の破壊活動をオーストラリア政府が黙認している状況である。2011年1月にギラード首相は日本の捕鯨船への妨害行為を行う、シーシェパードに対して警告を発した。日豪関係 フレッシュアイペディアより)

  • ニッケルバック

    ニッケルバックから見たシーシェパードシーシェパード

    シーシェパード - 反捕鯨団体の支援者でもある。ニッケルバック フレッシュアイペディアより)

  • グリーンピース (NGO)

    グリーンピース (NGO)から見たシーシェパードシーシェパード

    またこのことは、グリーンピースが「もっぱら反核を主張する組織」から「広くさまざまな自然保護問題について行動する組織」へと脱皮することにもつながった。1971年から参加していたポール・ワトソン Paul Watson らが主力となり、1975年から捕鯨船の目の前に高速ゴムボート(ゾディアック)を繰り出して捕鯨に反対するというキャンペーンが開始された。なお、ポール・ワトソンは、1977年に「グリーンピースは軟弱に過ぎる」として袂を分かち、エコテロリストの筆頭格とされる組織・シーシェパードを設立する。グリーンピース (NGO) フレッシュアイペディアより)

  • 海上保安庁の歴史

    海上保安庁の歴史から見たシーシェパードシーシェパード

    1月15日:「シーシェパード」が日本の調査捕鯨船の活動を妨害し、酪酸入り瓶を投擲され乗務員が負傷する事件が発生。この事件を受け日本鯨類研究所の調査捕鯨船「第二勇新丸」にエコテロリスト対策として海上保安官が乗船し、警備を担当した。海上保安庁の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • ルトガー・ハウアー

    ルトガー・ハウアーから見たシーシェパードシーシェパード

    ハウアーは環境保護論者としても活動している。ポール・ワトソン(初期のグリーンピースに一時期所属しており、その後シーシェパードを設立して代表者になった、現在国際指名手配中の環境保護テロリスト)がノルウェーの非合法な捕鯨船を沈めたことで1994年に有罪判決を受けたとき、釈放のために戦った。また、ルトガー・ハウアー・スターフィッシュ・ファウンデーションというエイズ研究所を設立した。ルトガー・ハウアー フレッシュアイペディアより)

  • M65 (フィールドジャケット)

    M65 (フィールドジャケット)から見たシーシェパードシーシェパード

    また、野外作業の際にも用いられる事があり、写真家のラリー・バローズや反捕鯨団体シーシェパード設立者のポール・ワトソン、アウトドアスポーツの愛好家やオートバイのライダーが着用している様子がしばしば見受けられる。M65 (フィールドジャケット) フレッシュアイペディアより)

  • 過激派

    過激派から見たシーシェパードシーシェパード

    第二次世界大戦後の先進国の有名な左翼系過激派には、日本赤軍、ドイツ赤軍、イタリアの赤い旅団、アメリカ合衆国の共生解放軍などがある。また直接行動を行うグリーンピースやシーシェパードなどの一部の環境保護団体は、予告なく暴力行為や破壊活動を行うことがあるため「環境過激派」とも呼ばれている。ISILなどいわゆるイスラーム過激派などは、主要国政府によってテロ組織と認定された組織とされているが、その対象は国によっても異なっている。過激派 フレッシュアイペディアより)

120件中 61 - 70件表示

「シー・シェパード」のニューストピックワード