120件中 71 - 80件表示
  • 雁屋哲

    雁屋哲から見たシーシェパードシーシェパード

    食文化や、食に絡んだ政治的なテーマを扱うことも多く、『激闘鯨合戦』(13巻収録)では、捕鯨とそれに絡む日本文化を紹介しながら「捕鯨は文化である」と訴えた。2009年、自身のブログである「美味しんぼ日記」において、捕鯨妨害活動を行う反捕鯨団体シーシェパードは海賊を通り越して「テロリスト」であると批判し、自衛隊艦船を送り込むのは当然であるとした上で、シーシェパードの拿捕と乗組員の逮捕拘引を主張した。同時に、活動を黙認しているオーストラリア政府も批判した。雁屋哲 フレッシュアイペディアより)

  • リンダ・ブレア

    リンダ・ブレアから見たシーシェパードシーシェパード

    Linda Blair World Heart Foundationというチャリティ団体を設立。ベジタリアンでもある。また、反捕鯨団体シーシェパードを公然と支持している。リンダ・ブレア フレッシュアイペディアより)

  • ワシントン州

    ワシントン州から見たシー・シェパードシーシェパード

    オリンピア半島の「マカー族」は、全米で唯一、捕鯨権を連邦政府との条約で承認されている部族であるが、100年近くにわたり、不当にこれを禁止されてきた。今世紀に入り伝統のコククジラ漁を再開したものの、州政府や反捕鯨団体「シー・シェパード」などからの妨害、嫌がらせ、脅迫を受け続けている。ワシントン州 フレッシュアイペディアより)

  • ザ・コーヴ

    ザ・コーヴから見たシーシェパードシーシェパード

    映画の製作にはシリコングラフィックス社やネットスケープ社を創設したジム・クラークが500万ドルの資金を提供しており、「日本のイルカを救いましょう」と「アース・アイランド・インスティテュート(en)」という団体も製作を支援した。また、アメリカ政府と日本政府からエコテロリストと名指しされたことのある反捕鯨団体シーシェパードは、太地町のイルカ漁を撮影した最も優れた映像に1万ドル、1分間の撮影画像につき500ドル、1枚の写真につき250ドルの懸賞金をかけるなどの活動を行ったが、ザ・コーヴの製作サイドはこの件に関して映画との関係を否定した。シーシェパード代表ポール・ワトソンによると、映画制作の障壁とならないようにシーシェパードの顧問会議からあらかじめオバリーを除名したという。また、ワトソンはコメンテーターとして映画に出演した。ザ・コーヴ フレッシュアイペディアより)

  • 日本の捕鯨

    日本の捕鯨から見たシー・シェパードシーシェパード

    2011年(平成23年)、米英豪で調査捕鯨に農水省の震災復興予算が流用された件に関する報道が行われたものの、その報道を震災復興の募金(津波災害の寄付金)が、調査捕鯨に流用されたと勘違いした市民が在外公館に苦情を寄せた。この復興事業の流用について日本国内では主に翌年の2012年にマスコミで取り上げられ、それまでの調査捕鯨の赤字補填や過激な反捕鯨団体・シー・シェパードの妨害への対策費用などに用いられたことについて、国会で、震災復興と関係の薄い事業費ではないかと論点となった。日本の捕鯨 フレッシュアイペディアより)

  • パンジアシード

    パンジアシードから見たシー・シェパードシーシェパード

    2014年5月、創設者で代表を務めるトレ・パッカードは、毎日新聞の取材に応じ、「気仙沼のサメ漁は海洋環境全般に大きなダメージを与えており、(サメの鰭だけを切り取り、残りを海に捨てる漁法)の有無にかかわらず認められない」と主張したが、このような強硬な姿勢から、反捕鯨団体シー・シェパードの「サメ版」とも言われる。パンジアシード フレッシュアイペディアより)

  • マーティン・シーン

    マーティン・シーンから見たシーシェパードシーシェパード

    そのほか、過激な抗議活動で知られる反捕鯨団体シーシェパードを支援している。マーティン・シーン フレッシュアイペディアより)

  • 動物の倫理的扱いを求める人々の会

    動物の倫理的扱いを求める人々の会から見たシーシェパードシーシェパード

    彼女は19歳で結婚していたが1980年に離婚、その年にジョージ・ワシントン大学で政治学を専攻していたアレックス・パチェコと知り合った。パチェコは聖職の勉強をしていたがエコテロリストのシーシェパードの船に乗組員として働くようになった。その後ニューカークの働いていた収容所でボランティアとして働き、恋に落ち共に暮らすようになった。ただ、ニューカークはずっと年上で経験を積んでいたが、パチェコはやっと自分の面倒が見られる状態だった。動物の倫理的扱いを求める人々の会 フレッシュアイペディアより)

  • ジェームズ・ゴールドスミス

    ジェームズ・ゴールドスミスから見たシーシェパードシーシェパード

    すでにビュート侯爵家に嫁いでいたの娘とは長く不倫の関係にあり、1978年に2人は正式に結婚した。三女(1974年生、ユネスコ大使)は、クリケット界のスーパースターで、現在はパキスタンの政治家であるイムラン・カーンと離婚後に、人気俳優のヒュー・グラントと婚約するなど(のち解消)、イギリスの社交界や芸能ゴシップ誌を騒がせる美人セレブとして有名な存在である。次男(1975年生、環境活動家から保守党の国会議員へ転身)は、シーシェパードへの最大級の寄付金を援助する支援者として知られている。三男(1980年生、ファイナンシャー)はアナベルとの間の子供である。ジェームズ・ゴールドスミス フレッシュアイペディアより)

  • 直接行動

    直接行動から見たシーシェパードシーシェパード

    一方で器物破壊活動に関しては、目的の正当性しだいといえる。捕鯨に抗議するシーシェパードなどがあくまでも妨害活動と「嫌がらせ」に終止するのは、「非暴力」という一線を越えれば欧米の大衆の支持を失うからである。しかし、不法に乱獲を行なっていた漁船をシーシェパードが停泊中に沈没させた事件においては世論は同情的であった。また捕鯨船のスクリューを破壊する行為も人的被害が起こらないので正当とみなす世論がマスコミにも存在する。またこれらの行為に警察などが強硬に対応して抗議する側を傷つけるなどの結果になれば世論の同情が不法行為を行う側に集まるという構造になっているため、直接行動を行う側はできるだけ挑発的行動にでることが多い。シーシェパードが日本側が危険な行為を行なったとの主張を頻繁に行なうのは、自らの団体の直接行動の正当化とともに世論の支持を集めるためである。直接行動 フレッシュアイペディアより)

120件中 71 - 80件表示

「シー・シェパード」のニューストピックワード