217件中 21 - 30件表示
  • シーシェパード

    シーシェパードから見たイルカ

    イルカ漁に抗議するためにシーシェパード代表のポール・ワトソンが訪日。イルカ漁を止めれば1頭につき100ドルを支払うが、止めないならばシー・シェパード2世号を自沈させて港を封鎖すると脅したが、長崎県壱岐で県水産部次長と話し合いをもった結果、漁民はイルカを積極的に捕獲しているのではないという説明に納得して何もせずに帰った。シーシェパード フレッシュアイペディアより)

  • シーシェパード

    シーシェパードから見た外務省

    3月3日、スティーブ・アーウィン号が、捕鯨船日新丸に100本以上の酪酸瓶を投げつけるなどの襲撃を行い、海上保安官2名と捕鯨船員2名に軽症を負わせた。小野寺五典外務副大臣は、同団体が船籍を置くオランダの駐日大使を外務省に呼んで抗議した。同省の小田部陽一経済局長は、同団体の船が実質母港としているオーストラリアの駐日大使を呼んで抗議した。これら日本側の抗議に対して、オーストラリア政府は一切応じないことを発表した。シーシェパード フレッシュアイペディアより)

  • シーシェパード

    シーシェパードから見たパタゴニア (企業)

    シーシェパードは2008/2009二年期の調査捕鯨終了時、毎日新聞の取材に対し、年間活動資金を約350万ドルと回答した。ほとんどは支持者からの寄付であるという。シーシェパードのウェブサイトでは有名企業からの寄付も多いとしており、米アウトドア用品メーカー・小売業者パタゴニア社、旅行ガイドブックの業界で世界一のロンリープラネット社、豪州のビール会社など30社が「スポンサー」として名を連ねているが、その真偽は不明。。パタゴニア社は、シーシェパードの活動に関して「海洋の生態系を保護し保存するためのアプローチの一つとして、直接行動という手段に出ていることも承知しています」との立場を表明した。シーシェパード フレッシュアイペディアより)

  • シーシェパード

    シーシェパードから見たアニマルプラネット

    この頃からアニマルプラネットの『(鯨戦争)』の番組スタッフを同行させ取材させるようになった。シーシェパード フレッシュアイペディアより)

  • シーシェパード

    シーシェパードから見た調査捕鯨

    国際環境保護団体グリーンピースを脱退したカナダ人、ポール・ワトソンが1977年に設立した。アイスランドやノルウェーの捕鯨船を体当たりで沈没させるなど過激な行動で知られ、2005年からは南極海での日本の調査捕鯨を妨害するようになった。反捕鯨に共鳴する欧米の資産家や著名人らに支援される一方で、暴力的な手段をいとわない過激な活動を展開することから、日本、アメリカ、カナダの各政府からテロリストと名指しされたことがある。また、ポール・ワトソンはICPOの国際指名手配犯である。また、日本の捕鯨関係者からエコテロリストと呼ばれることもある。また、アメリカ連邦高裁(第九巡回控訴裁判所)からは海賊(海上武装勢力)の認定を受けている。日本の法務省は団体の主要メンバーの入国を拒否している。シーシェパード フレッシュアイペディアより)

  • シーシェパード

    シーシェパードから見た器物損壊罪

    4月2日、東京地方検察庁がピーター・ベスーンを艦船侵入罪、傷害罪、威力業務妨害罪、銃刀法違反罪、器物損壊罪などで起訴した。シーシェパード フレッシュアイペディアより)

  • シーシェパード

    シーシェパードから見た浜岡賢次

    浜岡賢次の漫画。28巻にポール・ワトソンそっくりな男がパロディ・キャラクターとして登場し、「クジラ食うな!」と叫びながら船の上から投石した。巻末の作者コメントには、登場させた理由に政治的なメッセージは無いと記載されている。シーシェパード フレッシュアイペディアより)

  • シーシェパード

    シーシェパードから見たニッケルバック

    ニッケルバック - カナダのロックバンドシーシェパード フレッシュアイペディアより)

  • シーシェパード

    シーシェパードから見たミシェル・ロドリゲス

    2008年から北米地区で毎週金曜日のゴールデンタイムにアニマルプラネットで放映されている『クジラ戦争』(Whale Wars)は、シーシェパードの活動を記録したドキュメンタリー番組であり、アニマルプラネット歴代2位の視聴率を稼ぎ出す人気番組に成長した。シーシェパードは、同番組を通じて飛躍的に知名度を上げ、同番組は支持者や寄付者を増やすための中核的な宣伝媒体となった。そのため、日本の捕鯨やイルカ漁を「食い物」(農林水産省幹部)にして、寄付金収入を増大させてきたという批判がある。2011年、日本政府は南極海調査捕鯨の中止を決めたが、これにはシーシェパードに肩すかしを食らわせ、これ以上の宣伝用の光景を撮らせることを防ぐことによって経済的な打撃を与えたいという日本側の隠れた狙いがあると報道された。クジラ戦争にはこれ以外にも、危険な妨害行為を伝えながらシーシェパードの反捕鯨プロパガンダを一方的に紹介しているという批判や、同団体幹部が狙撃されたシーンなど、捏造ややらせ演出が指摘されている。一方、米国のメディアでは「捕鯨をめぐる賛否にかかわらず視聴者を楽しませるだろう」(ロサンゼルス・タイムズ)、「スリル満点のアドベンチャー番組」(ボストン・ヘラルド)などと番組を好意的に紹介するものもある。抗議船には、ハリウッド女優のダリル・ハンナやミシェル・ロドリゲスも乗船した。日本での放送予定はないが、米国以外ではオーストラリアなどの反捕鯨国で放送されている。シーシェパード フレッシュアイペディアより)

  • シーシェパード

    シーシェパードから見た八木景子

    2015年『ビハインド・ザ・コーヴ 〜捕鯨問題の謎に迫る〜』(八木景子監督による映画)が公開。シェパードー2014年リーダー:デヴィット・ハンスのインタビューや、シー・シェパードメンバーの和歌山県太地町での現状をドキュメント。シーシェパード フレッシュアイペディアより)

217件中 21 - 30件表示

「シー・シェパード」のニューストピックワード