42件中 31 - 40件表示
  • 軸受

    軸受から見たKoyoジェイテクト

    ジェイテクト(豊田工機と光洋精工が合併)←ブランド名は「Koyo」。主要販売会社に光洋販売株式会社がある。軸受 フレッシュアイペディアより)

  • 財閥

    財閥から見たジェイテクトジェイテクト

    豊田財閥(愛知県、創業者:豊田喜一郎、流れを汲む企業:トヨタ自動車、豊田自動織機、ジェイテクト、豊田通商、デンソー、朝日航洋、KDDI、豊和工業、愛知製鋼など)財閥 フレッシュアイペディアより)

  • FC刈谷

    FC刈谷から見たジェイテクトジェイテクト

    2006年に発足。本拠地はウェーブスタジアム刈谷。また芝の養生のために豊橋市岩田総合球技場、名古屋市港サッカー場を年数回使用している。練習場所は主にデンソー池田工場グラウンドを使用しているが、デンソー敷地内にあるためサポーターが自由に見学することは出来ない。その他の練習場所としてジェイテクトグラウンドや刈谷市総合運動公園内にある運動広場やグリーングラウンド刈谷を使用している。FC刈谷 フレッシュアイペディアより)

  • 無段変速機

    無段変速機から見たジェイテクトジェイテクト

    日産がジャトコトランステクノロジー(ジャトコ)、日本精工(NSK) 、出光興産と共に開発、1999年に発表した「ハーフトロイダル式」とイギリスのトロトラック社が光洋精工と共に開発し2003年に発表した「フルトロイダル式」とがある。両者の違いは入・出力ディスクの形状とそれに挟まれたパワーローラーの接し方の違いであり、各ローラー間に強制スリップがほとんど発生しないほぼ「点」で接する球形パワーローラーのハーフトロイダル式が伝達効率が高く理想に近いとされる。対するフルトロイダル式は「線」で接する円盤形パワーローラーを用いており円盤の両端で半径に差ができるため、強制スリップの発生は避けられない。円盤の厚みを抑えることでジレンマを軽減してはいるがいまだ開発途上にあり、製品化はされていない。しかし、ハーフトロイダルCVTは有望視されながらコスト面から自動車用としては生産を終了している。自動車以外の用途では、固定翼哨戒機P-1に搭載される川崎重工製の一定周波数発電装置「T-IDG」に使用されている。無段変速機 フレッシュアイペディアより)

  • 高浜市

    高浜市から見たジェイテクトジェイテクト

    NTグループやトヨタL&F高浜工場、イビデン衣浦事業場、スギヤス、ジェイテクト田戸岬工場、ミツカン中部工場、トヨタ車体精工、豊生ブレーキ工業高浜工場などがある。高浜市 フレッシュアイペディアより)

  • 柏原市

    柏原市から見たジェイテクトジェイテクト

    ジェイテクト(旧光洋精工)研究開発センター、軸受事業本部、国分工場柏原市 フレッシュアイペディアより)

  • トヨタグループ

    トヨタグループから見たジェイテクトジェイテクト

    株式会社ジェイテクト(1921年1月設立)トヨタグループ フレッシュアイペディアより)

  • 笠縫駅

    笠縫駅から見たジェイテクトジェイテクト

    ジェイテクト奈良工場(旧光洋精工)笠縫駅 フレッシュアイペディアより)

  • 三井物産

    三井物産から見たジェイテクトジェイテクト

    三井精機工業(ジェイテクト(旧豊田工機)傘下でトヨタグループ色濃厚)三井物産 フレッシュアイペディアより)

  • 徳島県

    徳島県から見たジェイテクトジェイテクト

    ジェイテクト(旧光洋精工)徳島工場(藍住町)徳島県 フレッシュアイペディアより)

42件中 31 - 40件表示

「ジェイテクト」のニューストピックワード