ジェイミー・デントナ ニュース&Wiki etc.

ジェームス・ジョセフ・デントナ(James Joseph "Jamie" D'Antona , 1982年5月12日 - )は、アメリカ合衆国コネチカット州出身の元プロ野球選手(内野手)。「ダントーナ」、「デアントナ」、「ディアントーナ」と表記されることもある。 (出典:Wikipedia)

「ジェイミー・デントナ」Q&A

  • Q&A

    ジェイミー・デントナの「D'Antona」は英語風に言えば「Of Anthony」で…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2010年5月22日 08:53

  • Q&A

    ジェイミー・デントナの能力をパワプロ風に表したら何ですか?

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2009年4月3日 08:32

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「ジェイミー・ダントーナ」のつながり調べ

  • 小川淳司

    小川淳司から見たジェイミー・デントナ

    、5月25日に高田が監督を辞任したことを受け、2日後の27日より監督代行に就任した。監督代行就任後は不振の原因となっていた打線のてこ入れに着手し、青木宣親の打順を1番へと再変更した。また、不振のアーロン・ガイエル、ジェイミー・デントナの両外国人選手を外し、打撃力はあるもののほとんど外野手の経験のなかった畠山和洋をレギュラー外野手として起用した。これらの采配が功を奏し、新戦力ジョシュ・ホワイトセルの活躍もあってチーム成績は急上昇した。監督代行就任期間の成績は59勝36敗3分、勝率6割2分1厘で、19あった借金を完済した上に4つの貯金を作り、クライマックスシリーズ(以下CS)進出争いにも加わった。この快進撃は、ヤクルト本社の製品にちなんで「メークミルミル」と呼ばれた。(小川淳司 フレッシュアイペディアより)

  • 畠山和洋

    畠山和洋から見たジェイミー・デントナ

    に、ジェイミー・デントナの加入により、開幕直後は主に代打での出場となり、8月にはデントナと宮本慎也の離脱によってスタメン出場の機会が巡ってきたものの、打率.236・4本塁打・19打点、得点圏打率は.172と、前年よりも成績を落とす。も当初は代打起用が大半だったが、デントナの不振によって6月下旬からスタメン起用が増え、93試合出場ながら自己最多の14本塁打を記録し、出塁率.380・長打率.551と結果を残した。(畠山和洋 フレッシュアイペディアより)

「ジェイミー・ダントーナ」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ