前へ 1 2
17件中 1 - 10件表示
  • アーロン・ガイエル

    アーロン・ガイエルから見たジェイミー・デントナジェイミー・デントナ

    は春季キャンプから調整も順調に進み、オープン戦20試合で打率.420、本塁打5本という好成績を残した。シーズン開幕から主に5番ライトで出場していたが、対左投手打率が一時1割台前半と低迷した事もあり、相手先発投手が左投げの試合ではスタメンを飯原誉士に譲る事も多かった。しかし、5月頃から打撃が上向きになってきた事や、それまで4番であったジェイミー・デントナの不振などから、一時は畠山和洋と日替わりで4番に据わることもあった。6月14日の対オリックス戦で、自身初の満塁本塁打、6月18日の対ロッテ戦でも自身初のサヨナラ本塁打を放つなど、貴重な大砲としてチームを牽引し、チームトップの27本塁打を打った。来日最高となる打率.267。80打点で、15死球で2度目の最多死球を記録し、打率リーグ19位ながら出塁率.367は9位、長打率.533は5位だった。守備面でも強肩を発揮して和田一浩とリーグトップタイの12補殺を記録、また2度のライトゴロを記録するなど攻守に渡って活躍した。オフに2011年シーズンまでの2年契約を結び残留した。アーロン・ガイエル フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の東京ヤクルトスワローズ

    2010年の東京ヤクルトスワローズから見たジェイミー・デントナジェイミー・デントナ

    この年の東京ヤクルトスワローズは、高田繁監督の3年目のシーズンである。シーズン序盤から借金を重ね、交流戦に入ると全く勝てなくなり、交流戦開始から9連敗したところで、高田監督が辞任を申し出て、残りのシーズンをヘッドコーチの小川淳司が監督を代行することになった。小川監督代行が打線を組み替え、不振のデントナに代わり、守備の不安から起用が控えられていた畠山を本職ではない外野でスタメン起用し、ホワイトセルを獲得すると、得点力が大幅に上昇し、チーム成績が急上昇した。監督代行就任時に19あった借金は8月25日に完済し、クライマックスシリーズに手の届く所までチームを建て直したが、序盤の借金が響き、最終的にシーズンを4位で終えた。そして、翌シーズンの監督に小川監督代行が就任することが決定した。2010年の東京ヤクルトスワローズ フレッシュアイペディアより)

  • 畠山和洋

    畠山和洋から見たジェイミー・デントナジェイミー・デントナ

    に、ジェイミー・デントナの加入により、開幕直後は主に代打での出場となり、8月にはデントナと宮本慎也の離脱によってスタメン出場の機会が巡ってきたものの、打率.236・4本塁打・19打点、得点圏打率は.172と、前年よりも成績を落とす。も当初は代打起用が大半だったが、デントナの不振によって6月下旬からスタメン起用が増え、93試合出場ながら自己最多の14本塁打を記録し、出塁率.380・長打率.551と結果を残した。畠山和洋 フレッシュアイペディアより)

  • 今井啓介

    今井啓介から見たジェイミー・デントナジェイミー・デントナ

    初奪三振:同上、6回表にジェイミー・デントナから空振り三振今井啓介 フレッシュアイペディアより)

  • つば九郎

    つば九郎から見たジェイミー・デントナジェイミー・デントナ

    かつて在籍したアレックス・ラミレスとは、お立ち台などで一緒に行う息の合ったパフォーマンスもよく知られていた。ラミレスが巨人へ移籍した後はアーロン・ガイエル、ジェイミー・デントナ、ウラディミール・バレンティンなどと共に行っている。つば九郎 フレッシュアイペディアより)

  • 山口鉄也

    山口鉄也から見たジェイミー・デントナジェイミー・デントナ

    マイク・シュルツとは山口がアメリカ・ルーキーリーグ時代に面識があり、2008年に6年ぶりに再会した。同じくジェイミー・デントナとも面識があり、2009年に再会。両者とも試合前の練習中に談笑する姿が目撃されている。山口鉄也 フレッシュアイペディアより)

  • 上田剛史

    上田剛史から見たジェイミー・デントナジェイミー・デントナ

    初出場:2009年7月22日、対阪神タイガース12回戦(阪神甲子園球場)、7回表にジェイミー・デントナの代走で出場上田剛史 フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉県営大宮公園野球場

    埼玉県営大宮公園野球場から見たジェイミー・デントナジェイミー・デントナ

    しかし、スコアボード改修への要望が非常に強かったことから、埼玉県では2009年のシーズンオフに、総工費2億円を投入して全面改修を行った。この改修により得点表示部と選手・審判員名はLED式になり、6文字までの表示が可能となり、スピード測定器による球速表示も新設された。サービスエリアはフルカラーの映像装置を新設して映像による様々な演出やリプレー映像を流せるようになる。またカウント表示が2010年からのコール順変更に対応してBSO表記となる。2010年5月18日の試合では「ブラウン」、「シコースキー」、「デントナ」、「ガイエル」がきちんと表示された(同年9月1日の試合では「フェルナンデス」も表示)。埼玉県営大宮公園野球場 フレッシュアイペディアより)

  • 小川淳司

    小川淳司から見たジェイミー・デントナジェイミー・デントナ

    、5月25日に高田が監督を辞任したことを受け、2日後の27日より監督代行に就任した。監督代行就任後は不振の原因となっていた打線のてこ入れに着手し、青木宣親の打順を1番へと再変更した。また、不振のアーロン・ガイエル、ジェイミー・デントナの両外国人選手を外し、打撃力はあるもののほとんど外野手の経験のなかった畠山和洋をレギュラー外野手として起用した。これらの采配が功を奏し、新戦力ジョシュ・ホワイトセルの活躍もあってチーム成績は急上昇した。監督代行就任期間の成績は59勝36敗3分、勝率6割2分1厘で、19あった借金を完済した上に4つの貯金を作り、クライマックスシリーズ(以下CS)進出争いにも加わった。この快進撃は、ヤクルト本社の製品にちなんで「メークミルミル」と呼ばれた。小川淳司 フレッシュアイペディアより)

  • 松元ユウイチ

    松元ユウイチから見たジェイミー・デントナジェイミー・デントナ

    2009年は開幕一軍に残るがシーズン中盤まで代打での出場がほとんどであり、勝負どころでは左の中継ぎをコールされて代打の代打を送られるシーンも間々あった。8月7日に登録抹消されるが、この後主砲のジェイミー・デントナ、さらには主将である宮本慎也まで抹消されてしまうなど主力の離脱が相次ぎ8月28日に再登録される。その後投手の補充によって9月10日に再び抹消されるが、この後今度は川島慶三の怪我による離脱などもあって9月25日に再々登録される。9月28日の阪神との直接対決で5番ファーストでデントナの代わりにスタメン出場し、ヤクルトを得意とする安藤優也投手から6回裏に均衡を破るセンターオーバーの2点タイムリー二塁打を放ちお立ち台に上がった。さらにCS出場を決める阪神との直接対決第一戦の10月8日の試合にも先発出場し、この日も先発であった安藤から3回裏に貴重な追加点となるライトオーバーのタイムリー二塁打を放った。初のCS出場となった打席は代打で出場したが結果は三振であった。松元ユウイチ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
17件中 1 - 10件表示