1 2 次へ
17件中 11 - 17件表示
  • つば九郎

    つば九郎から見たジェイミー・デントナジェイミー・デントナ

    かつて在籍したアレックス・ラミレスとお立ち台などで一緒に行う息の合ったパフォーマンスもよく知られていた。ラミレスが巨人へ移籍した後はアーロン・ガイエルと同様のパフォーマンスを行うことがある。さらに、2009年よりチームに加わったジェイミー・デントナともパフォーマンスを行い始めている。2011年においては、昨年よりチームに加わったウラディミール・バレンティンとのホームランパフォーマンス(小さなマスコット傘を振る)を行っている。(2012年からはバレンティンと仲の良いラスティングス・ミレッジも加わることが多い)つば九郎 フレッシュアイペディアより)

  • 5月12日

    5月12日から見たジェイミー・デントナジェイミー・デントナ

    1982年 - ジェイミー・デントナ、プロ野球選手5月12日 フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉県営大宮公園野球場

    埼玉県営大宮公園野球場から見たジェイミー・デントナジェイミー・デントナ

    しかし、スコアボード改修への要望が非常に強かったことから、県では2009年シーズンオフに総工費2億円を投入して全面改修を行った。この改修により得点表示部と選手・審判員名はLED式になり、6文字までの表示が可能となり、球速表示も新設された。サービスエリアはフルカラーの映像装置を新設して映像による様々な演出やリプレー映像を流せるようになる。またカウント表示が2010年からのコール順変更に対応してBSO表記となる。2010年5月18日の試合では「ブラウン」、「シコースキー」、「デントナ」、「ガイエル」がきちんと表示された(同年9月1日の試合では「フェルナンデス」も表示)。埼玉県営大宮公園野球場 フレッシュアイペディアより)

  • 高田繁

    高田繁から見たジェイミー・デントナジェイミー・デントナ

    も積極的に補強に乗り出し、12球団合同トライアウトで中日から森岡良介、ソフトバンクから吉本亮、オリックスから田中祐貴を獲得し、また球団史上初のFA補強選手として横浜から相川亮二を獲得、外国人も韓国から補強ポイントだった左腕の李惠踐、おなじく左腕のリッキー・バレット、野手では長打力強化のためにジェイミー・デントナを獲得、さらに開幕直前に楽天から一場靖弘を宮出隆自とのトレードで獲得した。シーズンではチームを3年ぶりのAクラス入りへ導いた。高田繁 フレッシュアイペディアより)

  • 1982年

    1982年から見たジェイミー・デントナジェイミー・デントナ

    5月12日 - ジェイミー・デントナ、プロ野球選手1982年 フレッシュアイペディアより)

  • 東京ヤクルトスワローズ

    東京ヤクルトスワローズから見たジェイミー・デントナジェイミー・デントナ

    横浜からFA権を行使した相川亮二を獲得し、球団初のFA獲得選手となった。長打補強のためジェイミー・デントナを獲得した。このシーズンは序盤から2位をキープして前半戦で貯金を最大14まで伸ばしたが、後半戦に入った途端に急失速、8月には1971年8月以来となる月間18敗(7勝)、9月にも1992年以来の9連敗を喫し、さらにはチームを支えてきた田中浩康や飯原、宮本、川島慶三といった主力が怪我で離脱、宮本が強行出場するなど厳しい状態が続き、一時は阪神や広島に抜かれ5位に転落した。しかし、高木啓充や鬼崎裕司の登場で息を吹き返し、10月9日の対阪神戦との直接対決に勝利して3位が確定し、3年ぶりのAクラス入りで初のクライマックス・シリーズ進出を決めたが、結果的に後半戦の大失速が響いて初の勝率5割未満のCS出場チームとなっている。東京ヤクルトスワローズ フレッシュアイペディアより)

  • 松元ユウイチ

    松元ユウイチから見たジェイミー・デントナジェイミー・デントナ

    2009年は開幕一軍に残るがシーズン中盤まで代打での出場がほとんどであり、勝負どころでは左の中継ぎをコールされて代打の代打を送られるシーンも多々あった。8月7日に登録を抹消されるが、この後主砲のジェイミー・デントナ、さらには主将の宮本慎也まで抹消されてしまうなど主力の離脱が相次ぎ8月28日に再登録される。その後投手の補充によって9月10日に再び抹消されるが、この後今度は川島慶三の怪我による離脱などもあって9月25日に再々登録される。9月28日の阪神タイガースとの直接対決で5番ファーストでデントナの代わりにスタメン出場し、ヤクルトを得意とする安藤優也投手から6回裏に均衡を破るセンターオーバーの2点タイムリー二塁打を放ちお立ち台にもあがっている。さらにCS出場を決める阪神との直接対決第一戦の10月8日の試合にも先発出場し、この日も先発であった安藤から3回裏に貴重な追加点となるライトオーバーのタイムリー二塁打を放っている。初のCSでの打席は代打で出場して三振であった。松元ユウイチ フレッシュアイペディアより)

1 2 次へ
17件中 11 - 17件表示

「ジェイミー・デントナ」のニューストピックワード