前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
112件中 1 - 10件表示
  • リアーナ

    リアーナから見たジェイ・Zジェイ・Z

    Def Jam Recordings所属。セント・ミッチェルで生まれて、音楽プロデューサーのエヴァン・ロジャースの案内により、16歳でアメリカ合衆国に移った。彼女は最初、レーベルヘッドのジェイ・Zのオーディションを受けて、デフ・ジャムと契約した。リアーナ フレッシュアイペディアより)

  • グッド・ガール・ゴーン・バッド

    グッド・ガール・ゴーン・バッドから見たジェイ・Zジェイ・Z

    アンブレラ - Umbrella feat. Jay-Zグッド・ガール・ゴーン・バッド フレッシュアイペディアより)

  • ベイビー・ボーイ

    ベイビー・ボーイから見たジェイ・Zジェイ・Z

    「ベイビー・ボーイ (Baby Boy)」は、アメリカ合衆国の歌手、ビヨンセのソロ・デビュー・アルバム『デンジャラスリィ・イン・ラヴ』から2作目のリカット・シングル。ジャマイカの歌手ショーン・ポールによるレゲエ・トースティングを採用したこの楽曲のジャンルは、R&B、レゲエに該当する。プロデューサーは、ビヨンセ自身とスコット・ストーチ (:en:Scott Storch) が行い、作曲作詞には彼女とストーチのほかに、ロバート・ウォラー、ジェイ・Z、ショーン・ポールが携わった。ベイビー・ボーイ フレッシュアイペディアより)

  • マシュー・リバティーク

    マシュー・リバティークから見たジェイ・Zジェイ・Z

    ジェイ・Z「The City Is Mine」(1998年)マシュー・リバティーク フレッシュアイペディアより)

  • Billboard 200

    Billboard 200から見たジェイ・Zジェイ・Z

    EPのみで1位になった作品としてはアリス・イン・チェインズの『アナザー・サイド・オブ・アリス』やリンキン・パークとジェイ・ZがコラボレーションしたEP、『コリジョン・コース』(2004年)がある。Billboard 200 フレッシュアイペディアより)

  • ヒップホップ系ファッション

    ヒップホップ系ファッションから見たジェイZジェイ・Z

    90年代の中盤、1983年のスカーフェイスのリメイク版に端を発し、マフィア的な要素がヒップホップの中で人気を集めるようになり、ノトーリアスBIGやジェイZに代表されるフェドラ帽やワニの革靴の流行が始まる。但し、デトロイトなどの中西部の一部では、このような格好は、常に服飾文化の中核であり続けてきていた。ヒップホップ系ファッション フレッシュアイペディアより)

  • T.I. vs T.I.P.

    T.I. vs T.I.P.から見たジェイZジェイ・Z

    ゲストアーティストは、ワイクリフ・ジョン、ジェイZ、アルファ・メガ、バスタ・ライムス、ネリー、エミネム。T.I. vs T.I.P. フレッシュアイペディアより)

  • T.I.

    T.I.から見たジェイ・Zジェイ・Z

    自身のことを『キング・オブ・ザ・サウス(南部の王)』と呼ぶことで有名。また、ラッパーファレル・ウィリアムスには、『サウスのジェイ・Z』と才能を称えられたことがある。T.I. フレッシュアイペディアより)

  • ペーパー・トレイル: 真実の行方

    ペーパー・トレイル: 真実の行方から見たジェイZジェイ・Z

    ゲストには、カニエ・ウェスト、アッシャー、リアーナ、ジョン・レジェンドなどがいる。また、プロデューサーには、デンジャ(マドンナなどをプロデュース経験あり)、カニエ・ウェスト(ジェイZなど)、DJトゥーンプ(ナズなど)、ドラマ・ボーイ(リュダクリスなど)などがいる。ペーパー・トレイル: 真実の行方 フレッシュアイペディアより)

  • サンプリング

    サンプリングから見たジェイ・Zジェイ・Z

    「Heartbreaker」/マライア・キャリー feat.ジェイ・Z(1999年、2週間1位)サンプリング フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
112件中 1 - 10件表示

「ジェイ・Z」のニューストピックワード

  • 原油市場の需給均衡の早期化に向けた、主要産油国の強い意志の表れだ

  • JXホールディングス

  • 原油価格の上昇に伴う米国などの生産動向に引き続き中止していく必要はある