182件中 91 - 100件表示
  • Major Key

    Major Keyから見たジェイ・Zジェイ・Z

    「メジャー・キー」(Major key、''Major Major Key フレッシュアイペディアより)

  • アンジー・マルチネス

    アンジー・マルチネスから見たジェイZジェイ・Z

    1999年には、ジェイZとRケリーの「ギルティ・アンティル・プルーブン・イノセント」の音楽ビデオへの出演も果たした。2001年8月17日、遂にアルバム「ザ・タイム・クローズ・アンド・パーソナル・プロジェクト」を発表した。DJクルー、ドロ、サラーム・レミ、ロックワイルダーなどから楽曲の提供を受け、ジェイZ、スヌープ・ドッグ、メアリー・J・ブライジ、ワイクリフ・ジョン、バスタ・ライムス、クール・G・ラップといった面々をゲストに迎えた。アルバムからのングル第1弾「デム・サングス」は、ネプチューンズがプロデューサーを務め、ファレル・ウイリアムズやQティップをバックコーラスに迎えた。シングルは大きな反響を集めることは出来なかったが、アルバムは上々の滑り出しを見せた。ビルボードのアルバムチャートでは32位に、ヒップホップチャートでは10位に、それぞれ初登場し、発売から1週間で7万枚近くの売り上げを記録した。シングル第2弾「コースト・トゥー・コースト」は、ワイクリフ・ジョンが客演を果たし、アルバムの人気に再び火をつけた。彼女は雑誌の取材、レコードショップでのサイン会、クラブでのライブ活動、MTVやBETへの出演などの積極的な宣伝活動を展開した。アルバムは約33万枚の売り上げを記録し、アンジー・マルチネスというアーティスト共に、ヒップホップ界に受け入れられることになった。アンジー・マルチネス フレッシュアイペディアより)

  • G.I.ジョー バック2リベンジ

    G.I.ジョー バック2リベンジから見たジェイ・Zジェイ・Z

    2011年12月12日、プレミア予告編がMachinima.comから公開された。予告編ではザ・ホワイト・ストライプスの楽曲「セヴン・ネイション・アーミー」をリミックスしたものが使われた。2012年1月12日、『Interview』上にて「Thursday video Face-Off」と称して『Alter Egos』と共に特集された。第46回スーパーボウルではジェイ・Zの音楽を含む短い予告編が流された。日本ではイ・ビョンホンに焦点を当てた予告編が2012年4月に公開された。全長予告編第2弾は2012年4月24日に公開された。G.I.ジョー バック2リベンジ フレッシュアイペディアより)

  • リタ・オラ

    リタ・オラから見たジェイ・Zジェイ・Z

    ユーゴスラビアのプリシュティナ(現在のコソボ)でアルバニア系コソボ人の両親のもとに生まれ、その年にイギリス・ロンドンに移住。蚤の市で有名なポートベロ・ストリート周辺で育った。演劇学校と短大で学ぶ一方、2004年と2009年には人気オーデション番組「ユーロヴィジョン」に出場。クレイグ・デイヴィッドら何人かのミュージックビデオに参加するほか、ロンドン市内のバーで歌っていた。あるスカウトマンの紹介でジェイ・Zに会い、Roc Nationレーベルに所属することとなった。2011年に自らネット上に宣伝ビデオをアップロードしはじめて話題になり、"Hot Right Now"がUKシングルチャートの1位になった。リタ・オラ フレッシュアイペディアより)

  • オートチューン

    オートチューンから見たジェイ・Zジェイ・Z

    さらにロックバンドのデス・キャブ・フォー・キューティーは、第51回グラミー賞授賞式の壇上でオートチューン使用に抗議するスピーチをし、ジェイ・Zは2009年に「オートチューンの死」という意味の楽曲「D.O.A. (Death of Autotune)」をシングルとして発表し、アルバム『The Blueprint 3』に収録予定だったオートチューンを使用した楽曲を収録しない決定とするなど、より明確にアンチ・オートチューンの姿勢を見せるミュージシャンもいる。オートチューン フレッシュアイペディアより)

  • ベッドフォード=スタイベサント

    ベッドフォード=スタイベサントから見たジェイZジェイ・Z

    R&B、ラップ、ヒップホップの世界で名を知られたアーティストの中には、この地区で育った者も多い。アリーヤ、ノトーリアスBIG、ジェイZ、ビッグ・ダディ・ケーン、リル・キム、モス・デフ、ファボラス、パプースなどの面々は、地区出身のアーティストである。プロレスラーのホミサイドも、同地区出身である。ベッドフォード=スタイベサント フレッシュアイペディアより)

  • ノトーリアス・B.I.G.

    ノトーリアス・B.I.G.から見たジェイ・Zジェイ・Z

    2006年にMTVが発表した偉大なヒップホップMCランキングでは、ジェイ・Z、2パックに次ぐ第3位にランクインされた。ノトーリアス・B.I.G. フレッシュアイペディアより)

  • クラウン・ロイヤル (アルバム)

    クラウン・ロイヤル (アルバム)から見たジェイ・Zジェイ・Z

    (作詞・作曲:Joseph Simmons, Jason Mizell, Chris Martin, Nasir Jones, Albert Johnson, Shawn Carter, Mary J. Blige, LaTonya Blige-DaCosta, Jean-Claude Olivier, Samuel Barnes, Randy Allen, Chris Davis)クラウン・ロイヤル (アルバム) フレッシュアイペディアより)

  • ベイビーフェイス (ミュージシャン)

    ベイビーフェイス (ミュージシャン)から見たジェイ・Zジェイ・Z

    ザ・ディールで活動を共にしたアントニオ"L.A."リード(現Island/Def Jam Music Group会長)と共同で音楽プロデューサーとして1980年代中盤から活動を開始、ウィスパーズ、ペブルズなどのヒット曲で頭角を現し、その後、ボビー・ブラウン、ジョニー・ギル、キャリン・ホワイト、ホイットニー・ヒューストン、TLC、トニ・ブラクストン、セリーヌ・ディオン、マライア・キャリー、エリック・クラプトン、マドンナ、ジェイ・Z、Foxy Brownなどの楽曲のプロデュースでヒット曲を連発した。特に、ボーイズIIメンに提供した「End of the Road」はビルボードシングルチャートで連続13週、「I'll Make Love to You」は連続14週連続1位を記録するメガヒットとなり、グラミー賞においては、作曲家・プロデューサーとして、ベストR&Bソング、ベストプロデューサー、レコード・オブ・ザ・イヤーなどを幾度も受賞するなど、プロデューサーの地位を不動のものとした。ベイビーフェイス (ミュージシャン) フレッシュアイペディアより)

  • アリシア・キーズ

    アリシア・キーズから見たジェイ・Zジェイ・Z

    2007年1月に、ベン・アフレック出演の『スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい』で映画デビューをする。同年8月には、スカーレット・ヨハンソン主演の『私がクマにキレた理由』に出演。11月には、約4年振りとなるスタジオ・アルバム『アズ・アイ・アム』をリリース。デビュー以来4作連続アルバム・チャート1位を記録し、世界中で600万枚を売り上げ、グラミー賞の3部門を受賞した。また、ファースト・シングル「ノー・ワン(NO ONE)」も全米シングル・チャートの1位となり、アルバムとシングルの同時1位を達成。2008年には『リリィ、はちみつ色の秘密』に出演し、NAACPイメージ・アワードを受賞。2009年10月、ジェイ・Zにフィーチャーされたシングル「エンパイア・ステイト・オブ・マインド」が全米1位に。12月に発売の4thアルバム『エレメント・オブ・フリーダム』は、スーザン・ボイルのデビュー・アルバムに阻まれて初登場2位となった。アリシア・キーズ フレッシュアイペディアより)

182件中 91 - 100件表示