182件中 11 - 20件表示
  • パンジャービーMC

    パンジャービーMCから見たジェイ・Zジェイ・Z

    ナチュラル・レコーズはクルディープ・マーナクの「Ghariah Milan De」のリミックス販売後、パンジャービーMCと契約を結んだ。シングルは市場で売上が良いわけではなかったが、パンジャービーMCはレコード製作を続けた。その後テレビ番組のナイトライダーで使用されていたテーマ音楽とバングラをミックスさせた「ムンディアン・ト・バッチュ・ケ」 (Beware of the Boys) (1998年、これは「法的に」最初に制作された初のアルバムとなった) を販売、商業的に成功することとなった。インターネット利用者の間で人気に火がつき、ドイツのレコード会社スーパースター・レコーディングスが取り上げてドイツ、ひいてはイギリスを含むヨーロッパ全体でヒットすることとなった。2003年にはアメリカのラッパージェイ・Zと共同制作した版を「Beware of the Boys」として発売した。パンジャービーMC フレッシュアイペディアより)

  • リック・ロス

    リック・ロスから見たJay-Zジェイ・Z

    "Monster" (Kanye West featuring Jay-Z, Rick Ross, Bon Iver & Nicki Minaj) (2010) - 全米チャート最高18位リック・ロス フレッシュアイペディアより)

  • Billboard 200

    Billboard 200から見たジェイ・Zジェイ・Z

    EPのみで1位になった作品としてはアリス・イン・チェインズの『アナザー・サイド・オブ・アリス』やリンキン・パークとジェイ・ZがコラボレーションしたEP、『コリジョン・コース』(2004年)がある。Billboard 200 フレッシュアイペディアより)

  • T.I.

    T.I.から見たジェイ・Zジェイ・Z

    自身のことを『キング・オブ・ザ・サウス(南部の王)』と呼ぶことで有名。また、ラッパーファレル・ウィリアムスには、『サウスのジェイ・Z』と才能を称えられたことがある。T.I. フレッシュアイペディアより)

  • トリッキー・スチュワート

    トリッキー・スチュワートから見たJay-Zジェイ・Z

    2007年、プロデュースしたリアーナの「アンブレラ (Umbrella) feat. Jay-Z」がアメリカを含む世界各国で1位を記録し、スチュワートにとって初の全米No.1ヒットとなった。第50回グラミー賞ではBest Rap/Sung Collaboration賞を受賞、更にRecord of the Year賞、Song of the Year賞の2部門にもノミネートされた。トリッキー・スチュワート フレッシュアイペディアより)

  • 華麗なるギャツビー (2013年の映画)

    華麗なるギャツビー (2013年の映画)から見たジェイ・Zジェイ・Z

    1本目の予告編は2012年5月22日に公開された。予告編ではジェイ・Zとカニエ・ウェストの「」、ジャック・ホワイトの「」、アンドレ・3000とビヨンセの「」、ラナ・デル・レイの「ヤング・アンド・ビューティフル」、フローレンス・アンド・ザ・マシーンの「オーヴァー・ザ・ラヴ」が使われた。華麗なるギャツビー (2013年の映画) フレッシュアイペディアより)

  • アンドレ・ウォード

    アンドレ・ウォードから見たジェイ・Zジェイ・Z

    アンドレ・ウォード(Andre Ward、1984年2月23日 - )は、アメリカ合衆国の元プロボクサー。カリフォルニア州サンフランシスコ出身。アテネオリンピックライトヘビー級金メダリスト。元WBA・WBC世界スーパーミドル級スーパー王者。元WBA・IBF・WBO世界ライトヘビー級スーパー王者。HBOのゲスト解説も務めている。プロモーターはジェイ・Zのロック・ネイション・スポーツに所属。元グーセン・チューター・プロモーションズ所属。自身もアンドレ・ウォード・プロモーションズを主宰している。アンドレ・ウォード フレッシュアイペディアより)

  • ライブ・ネイション

    ライブ・ネイションから見たジェイ・Zジェイ・Z

    2005年に設立。2007年10月にマドンナがワーナーミュージックから移籍。2008年にはジェイ・Z、U2の関連事業を結んだ。所属アーティストはシャキーラ、ニッケルバックなど。ライブ・ネイション フレッシュアイペディアより)

  • アニー

    アニーから見たジェイ・Zジェイ・Z

    2011年1月、『バラエティ』誌により、ウィル・スミスが映画の現代版リメイクを検討し、妻ジェイダ・ピンケット=スミスとラッパーのジェイ・Zがプロデュースし、コロンビア映画で公開されると報じられた。アニー役をウィル・スミスの娘ウィロー・スミスが務めると報じられたが、製作が開始される前にウィローは成長してしまったため、『ハッシュパピー 〜バスタブ島の少女〜』でアカデミー賞にノミネートされたクヮヴェンジャネ・ウォレスに交代した。『ANNIE/アニー』の監督はウィル・グラックが務め、アメリカ合衆国では2014年12月19日に公開された。日本では2015年1月24日より全国公開されたほか、109シネマズMM横浜クロージング作品としても上映された。ウォーバックスから変更されたウィル・スタックス役はジェイミー・フォックス、グレース・ファレル役はローズ・バーン、ミス・ハニガン役はキャメロン・ディアスが演じている。音楽はオリジナル版の曲の多くを使用し、グレッグ・カースティンとシーアのプロデュースによる新曲も追加された。時代設定は世界大恐慌直後の1933年のニューヨークが舞台から現代に変更され、人物設定も異なっている。アニー フレッシュアイペディアより)

  • ANNIE/アニー

    ANNIE/アニーから見たジェイ・Zジェイ・Z

    『ANNIE/アニー』(Annie)は、ウィル・グラック監督、ウィル・スミスとジェイ・Z製作による2014年のアメリカ合衆国のミュージカルコメディ・ドラマ映画である。による1924年のコミックストリップ『Little Orphan Annie』を基にした同名のミュージカルを現代に置き換えた映画であり、クヮヴェンジャネ・ウォレスがアニー、ジェイミー・フォックスが原作のダディ・ウォーバックスを基にしたウィル・スタックスを演じた。ANNIE/アニー フレッシュアイペディアより)

182件中 11 - 20件表示

「ジェイ・Z」のニューストピックワード