112件中 31 - 40件表示
  • アンブレラ (曲)

    アンブレラ (曲)から見たジェイ・Zジェイ・Z

    「アンブレラ」は、バルバドスの歌手リアーナの楽曲。楽曲製作はテリウス・"ザ・ドリーム"・ナッシュ、トリッキー・スチュワート、クール・ハレル、ジェイ・Zによって行われており、プロデュースはザ・ドリームが担当している。この楽曲はリアーナが2007年に発表した3作目のスタジオ・アルバム『グッド・ガール・ゴーン・バッド』に収録されている。客演にはジェイ・Zを迎えており、この楽曲はアルバムからのリード・シングルとして2007年の上半期後期に世界中でリリースされた。リリース以降、この楽曲「アンブレラ」は様々な複数のミュージシャンによってカヴァーされている。アンブレラ (曲) フレッシュアイペディアより)

  • BETアワード

    BETアワードから見たジェイZジェイ・Z

    2001年に、ブラック・エンターテインメント・テレビジョン(BET)によって創設された。毎年、授賞式の模様をBETが生放送で放映している。第1回の授賞式では、女優/お笑い芸人のモニークが司会を務めた。また2005年には、男優/ラッパーのウィル・スミスが、妻である女優ジェイダ・ピンケット=スミスと共に司会を務めた。2006年の授賞式は、6月28日にカリフォルニア州 ロサンゼルスにあるシュライン・オーディトリアムにおいて、デイモン・ウェイアンズの司会の下で行われた。2006年の授賞式は、BET史上最高視聴率を収めた。授賞式では、メアリー・J・ブライジ、キーシャ・コール、クリス・ブラウン、ジェイZ、メアリー・メアリー、T.I、などの面々がパフォーマンスを披露した。バスタ・ライムスも、自らのシングル曲「アイ・ラブ・マイ・ビッチ」と「タッチ・イット」を披露し、ケリス、ウィル・アイ・アム(ブラック・アイド・ピーズ)、メアリー・J・ブライジ、ラー・ディガ、ミッシー・エリオット、パプース、エミネムといった豪華な顔ぶれとの競演を果たした。2007年の授賞式では、例年に増して、ネリー・ファータド、ジャスティン・ティンバーレイク、エミネム、ロビン・シックなどの「非」アフリカ系アメリカ人のアーティストたちが姿を見せることになると言われている。BETアワード フレッシュアイペディアより)

  • ドナルド・ゴインズ

    ドナルド・ゴインズから見たジェイ・Zジェイ・Z

    ミシガン州デトロイト生まれのアフリカ系アメリカ人。比較的裕福な家庭に生まれたが、家業を継ぐことを嫌い、10代で年齢を偽って軍隊に入隊。1952年-1955年の従軍中にヘロイン依存症となる。除隊後、クスリ代を稼ぐために始めたポン引き、強盗、密売などの悪事により、実刑判決を受ける。服役中に小説を書きはじめ、1970年の釈放後から本格的に執筆活動を始める。約5年間で16作品を世に送り出した(うち何作かはAI .C.Clark名義)。全作品の売り上げは世界で1000万部にのぼるとも言われる。2パック、ジェイ・Z、DMX、リュダクリスなどヒップホップのスターたちに影響を与えたブラック界のカリスマ的人物。1974年、妻とともに銃撃され、37歳で死亡。麻薬がらみのトラブルによるものとされているが、真相は不明。近年ではDMX主演ネバー・ダイ・アローン(2006年)という作品が映画化された。ドナルド・ゴインズ フレッシュアイペディアより)

  • アイランド・デフ・ジャム・ミュージック・グループ

    アイランド・デフ・ジャム・ミュージック・グループから見たジェイ・Zジェイ・Z

    グループ傘下の主なアーティストとしては、ボン・ジョヴィ、デフ・レパード、ジェイ・Z、カニエ・ウェスト、ナズ、LLクールJ、ニーヨ、マライア・キャリー、サム41、宇多田ヒカル、サライヴァ、フーバスタンクなどがある。アイランド・デフ・ジャム・ミュージック・グループ フレッシュアイペディアより)

  • トゥイスタ

    トゥイスタから見たジェイ・Zジェイ・Z

    日の目を見始めたのは2004年になってからであった。同じシカゴ出身のカニエ・ウェスト(Kanye West)の全面プロデュースによるアルバム『Kamikaze』を発表。Billboard 200アルバムチャート1位を獲得する。この成功とジェイ・Zのライブに飛び入りで参加したことがきっかけとなり、当時カニエが所属していた、ロカ・フェラ・レコーズ(Roc-A-Fella Records)から契約の誘いを受ける。しかしトゥイスタはこのオファーを断り、その後アトランティック・レコーズと契約。同アルバムからシングルカットされた『スロウ・ジャムズ』はBillboard Hot 100チャート1位を獲得。フェイス・エバンスとの『ホープ‐Hope』も好評価を受ける。トゥイスタ フレッシュアイペディアより)

  • ベッドフォード・スタイベサント地区

    ベッドフォード・スタイベサント地区から見たジェイZジェイ・Z

    R&B、ラップ、ヒップホップの世界で名を知られたアーティストの中には、この地区で育った者も多い。アリーヤ、ノトーリアスBIG、ジェイZ、ビッグ・ダディ・ケーン、リル・キム、モス・デフ、ファボラス、パプースなどの面々は、地区出身のアーティストである。プロレスラーのホミサイドも、同地区出身である。ベッドフォード・スタイベサント地区 フレッシュアイペディアより)

  • エンパイア・ステイト・オブ・マインド

    エンパイア・ステイト・オブ・マインドから見たジェイ・Zジェイ・Z

    「エンパイア・ステイト・オブ・マインド」(Empire State of Mind)は、アメリカ合衆国のラッパーでヒップホップアーティストジェイ・Zによる楽曲。R&B歌手アリシア・キーズをフィーチャーしている。 この楽曲はジェイ・Zの11枚目のスタジオ・アルバム『ザ・ブループリント3』からのサードシングルとして ロック・ネイションレーベルから2009年10月にリリースされた。この曲はニューヨーク市へのアンセムで、ザ・モーメンツが1970年に発表した楽曲「Love on a Two-Way Street」をサンプリングしている。エンパイア・ステイト・オブ・マインド フレッシュアイペディアより)

  • フォート・マイナー

    フォート・マイナーから見たジェイ・Zジェイ・Z

    フォート・マイナー (Fort Minor) は、ミクスチャー・ロックバンドリンキン・パーク (Linkin Park) のMC、マイク・シノダ (Mike Shinoda) を中心としたヒップホッププロジェクト。マイクが楽曲の作成や楽器、プロデュースを担当した。ジェイ・Z (Jay-Z) がエグゼクティブ・プロデューサーをしているほか、多くのヒップホップ・R&Bアーティストが参加している。2006年にリリースしたシングル『Where'd You Go』では、2006 MTV Video Music Awardsの「Ringtone of the Year」を受賞している。フォート・マイナー フレッシュアイペディアより)

  • グラフィティ・シックス

    グラフィティ・シックスから見たジェイ・Zジェイ・Z

    2008年のロンドンで、後にグラフィティ・シックスとなる二人の活動が始まる。ジェイミー・スコットはグラフィティ・シックス結成以前はソロアーティストとして活動しており、バンドと一緒の"ジェイミー・スコット・アンド・タウン(Jamie Scott and the Town)"名義でもアルバムを一枚発表している。またアリシア・キーズやケリー・クラークソンとツアーをする他、エンリケ・イグレシアス、マイケル・キワヌカ、ワン・ディレクションなどに楽曲提供もしていた。一方のトミー・DはDJトミーとしてジェイ・Z、カニエ・ウエスト、カイリー・ミノーグなどのプロデュースや作曲を手がけていた。グラフィティ・シックス フレッシュアイペディアより)

  • グラストンベリー・フェスティバル

    グラストンベリー・フェスティバルから見たジェイ・Zジェイ・Z

    オアシスのノエル・ギャラガーは2008年、不振が続いていたチケットセールスに関して、ヘッドライナーに抜擢されたジェイ・Zに言及し、「“壊れていないものは修理するな”だ。(主催者が同フェスの長年の伝統を)壊してこれまでと違うことをし始めるのなら、観衆はみんな行かなくなるだろう。悪いが、ジェイ・Zだって? あり得ない。」「グラストンベリーはギター・ミュージックという伝統がある。」「俺は、グラストンベリーにヒップホップは求めていない。間違っている。」と、ジェイ・Zのヘッドライナー出演に苦言を呈し、ロックの聖地と考えられている同フェスの路線変更を嘆いた。グラストンベリー・フェスティバル フレッシュアイペディアより)

112件中 31 - 40件表示

「ジェイ・Z」のニューストピックワード

  • 原油市場の需給均衡の早期化に向けた、主要産油国の強い意志の表れだ

  • JXホールディングス

  • 原油価格の上昇に伴う米国などの生産動向に引き続き中止していく必要はある