182件中 41 - 50件表示
  • ロスキルド・フェスティバル

    ロスキルド・フェスティバルから見たジェイ・Zジェイ・Z

    ジェイ・Z, レディオヘッド, ニール・ヤング, キングス・オブ・レオン, ケミカル・ブラザーズ, ジューダス・プリーストロスキルド・フェスティバル フレッシュアイペディアより)

  • DJプレミア

    DJプレミアから見たジェイ・Zジェイ・Z

    サンプリングした元ネタをさらに細かく切り刻み再構築する「チョップ(Chop)」という技法を開発し、ギャング・スター、ジェルー・ザ・ダマジャ(Jeru the Damaja)、グループホーム(Group Home)、M.O.P.、ジェイ・Z、Big-L、ノトーリアス・B.I.G.、ナズ、Buckshot Le Fonqueなど数多くのアーティストたちの楽曲を手がけ、ヒップホップ界に一時代を築いた。DJプレミア フレッシュアイペディアより)

  • ラリー・ジョンソン (アメリカンフットボール)

    ラリー・ジョンソン (アメリカンフットボール)から見たジェイ・Zジェイ・Z

    ファンタジア・バリノの "When I See U" やジェイ・Zの "Rock Boys (And the Winner Is)..."などのミュージックビデオに登場している。チームROCと契約を交わしており2005年12月4日からタッチダウンをあげる度にROCのサインをあげている。ラリー・ジョンソン (アメリカンフットボール) フレッシュアイペディアより)

  • MTV Video Music Awards 2009

    MTV Video Music Awards 2009から見たジェイ・Zジェイ・Z

    また、Jay-Zとアリシア・キーズのパフォーマンス中にリル・ママが突然ステージに登場するハプニングも起こった。MTV Video Music Awards 2009 フレッシュアイペディアより)

  • デニス・ランバート

    デニス・ランバートから見たジェイ・Zジェイ・Z

    フォー・トップス-『Ain't No Woman (Like the One I've Got)』(後にジェイ-Zの『Ain't No Nigga』にサンプリングされ、ニューヨークでヒットした)、『Keeper of the Castle』、『Are You Man Enough』(シャフト・イン・アフリカに収録)デニス・ランバート フレッシュアイペディアより)

  • 40エーカーとラバ1頭

    40エーカーとラバ1頭から見たジェイ・Zジェイ・Z

    ラッパージェイ・Zは「Say Hello」という歌の中で「Y'all ain't gave me 40 Acres and a mule/So I got my Gloc 40 now I'm cool」と歌っている。40エーカーとラバ1頭 フレッシュアイペディアより)

  • マイク・エリゾンド

    マイク・エリゾンドから見たジェイ・Zジェイ・Z

    ドクター・ドレー、エミネムとの仕事が最も有名である。エミネムの「The Real Slim Shady」で曲作りを手伝い、『アンコール』の数曲をドレーと 共同プロデュースした。50セントのヒット「In Da Club」をドレーと共作。ジェイ・Z、バスタ・ライムス、スヌープ・ドッグ、D12、イグジビット、ネイト・ドッグ、オービー・トライスの曲でも共同プロデュースした。マイク・エリゾンド フレッシュアイペディアより)

  • メイス (ラッパー)

    メイス (ラッパー)から見たジェイZジェイ・Z

    フロリダ州ジャクソンビル生まれ。5歳の時にハーレムに移住。15歳の頃からバスケット・チーム・メイトを楽しませるためにラップを始める。マーダー・メイスの名でチルドレン・オブ・ザ・コーンというグループに参加するが、そのグループは解散。ソロ・アーティストとして活動する。1996年、バッド・ボーイ・レコーズのショーン・コムズと契約。112のシングル"オンリー・ユー"のリミックスでデビュー。ノトーリアス・B.I.G.、ブライアン・マックナイト、ジュニア・マフィア、バスタ・ライムスなどの曲に客演として参加。、1997年、ソロアルバム"ハーレム・ワールド"をリリースし、ジェイZ、DMX、リル・キムらが参加したこのアルバムは400万を越す大ヒットを記録した。1999年にもセカンド・アルバム"ダブル・アップ"をリリースし大ヒットするが、突然、残りの人生を牧師として生きていくことを発表し、引退する。しかし2004年、アルバム"ウェルカム・バック"で突如復活した。メイス (ラッパー) フレッシュアイペディアより)

  • Reflex (アルバム)

    Reflex (アルバム)から見たジェイ・Zジェイ・Z

    前作『Wonderful』以来、約3年9ヶ月ぶりとなったオリジナル・アルバム。ゲストに国内からオルケスタ・デ・ラ・ルス、BOY-KEN、m-floのVERBAL、海外からLA出身の女性ラッパーアクセント、カニエ・ウェストやジェイ・Zなどがこぞって絶賛したシカゴ出身のラッパー、ルーペ・フィアスコが参加している。アクセントとは以前、彼女の楽曲「ALL I NEED feat. DOUBLE」に参加し、その経緯でコラボレーションが実現、ルーペ・フィアスコとは“SPRINGROOVE”というイベントで共演し、パフォーマンスを見て、TAKAKO本人からオファーしてコラボレーションが実現した。Reflex (アルバム) フレッシュアイペディアより)

  • BETアワード

    BETアワードから見たジェイZジェイ・Z

    2001年に、ブラック・エンターテインメント・テレビジョン(BET)によって創設された。毎年、授賞式の模様をBETが生放送で放映している。第1回の授賞式では、女優/お笑い芸人のモニークが司会を務めた。また2005年には、男優/ラッパーのウィル・スミスが、妻である女優ジェイダ・ピンケット=スミスと共に司会を務めた。2006年の授賞式は、6月28日にカリフォルニア州 ロサンゼルスにあるシュライン・オーディトリアムにおいて、デイモン・ウェイアンズの司会の下で行われた。2006年の授賞式は、BET史上最高視聴率を収めた。授賞式では、メアリー・J・ブライジ、キーシャ・コール、クリス・ブラウン、ジェイZ、メアリー・メアリー、T.I、などの面々がパフォーマンスを披露した。バスタ・ライムスも、自らのシングル曲「アイ・ラブ・マイ・ビッチ」と「タッチ・イット」を披露し、ケリス、ウィル・アイ・アム(ブラック・アイド・ピーズ)、メアリー・J・ブライジ、ラー・ディガ、ミッシー・エリオット、パプース、エミネムといった豪華な顔ぶれとの競演を果たした。2007年の授賞式では、例年に増して、ネリー・ファータド、ジャスティン・ティンバーレイク、エミネム、ロビン・シックなどの「非」アフリカ系アメリカ人のアーティストたちが姿を見せることになると言われている。BETアワード フレッシュアイペディアより)

182件中 41 - 50件表示

「ジェイ・Z」のニューストピックワード