182件中 51 - 60件表示
  • ロビン・シック

    ロビン・シックから見たジェイ・Zジェイ・Z

    2009年12月15日にリリースされた4枚目のアルバム『Sex Therapy: The Session』にジェイ・Z、ニッキー・ミナージュ、エステル、スヌープ・ドッグ、キッド・カディ、ゲームらをフィーチャーする。同アルバムは全米ビルボードアルバムチャートで最高9位、初週で123,000枚を売り上げた。ロビン・シック フレッシュアイペディアより)

  • インベスターズ・グループ・フィールド

    インベスターズ・グループ・フィールドから見たジェイ・Zジェイ・Z

    コンサートとしての実績ではテイラー・スウィフト、ポール・マッカートニー、ビヨンセ&ジェイ・Z、ワン・ダイレクションらがライブを行った。インベスターズ・グループ・フィールド フレッシュアイペディアより)

  • ポイント劇場

    ポイント劇場から見たジェイ・Zジェイ・Z

    ケルティック・ウーマンは、大成功した北米ロングランツアーに引き続き、2006年2月にポイント劇場でアイルランド・デビューコンサートを行った。アイルランドでのグループ初活動は、正確には同じダブリンにあるで行われたが(PBSはこの公演を記録している)、ポイント劇場での公演は、北米を魅了した劇場公演がアイルランドでお目見えするとして注目された。ジェイ・Zも同じ年に公演を行っている。ポイント劇場 フレッシュアイペディアより)

  • DMX (ラッパー)

    DMX (ラッパー)から見たJay-Zジェイ・Z

    翌年、DMXはJay-Z、Method Man、そしてRedmanと共にJay-ZのHard Knock Lifeツアーに参加したが、途中、ボストンにおいてDMXは傷害の疑いで再逮捕された。しかし、後に無実であることが証明され、また故郷であるヨンカーズでの暴行事件についても無罪となっている。DMX (ラッパー) フレッシュアイペディアより)

  • ロッカフェラ・レコード

    ロッカフェラ・レコードから見たジェイ・Zジェイ・Z

    ロッカフェラ・レコード (Roc-A-Fella Records) は、ジェイ・Zとデイモン・ダッシュ(Damon "Dame" Dash)、カリーム・バーク(Kareem "Biggs" Burke)によってニューヨークにて1995年に設立されたアメリカのヒップホップ・R&B・レゲエ・レゲトン系レーベル。ロッカフェラ・レコード フレッシュアイペディアより)

  • キャムロン

    キャムロンから見たジェイZジェイ・Z

    ジェイZがプロデュースを務めたアルバム”Come Home With Me"は全米でセール数が150万を超える大ヒットとなった。キャムロン フレッシュアイペディアより)

  • キス・ミー・ワンス

    キス・ミー・ワンスから見たジェイ・Zジェイ・Z

    2013年、デビューから長年マネージャーを務め上げたテリー・ブレイムリー氏との契約が終わり、カイリーは新たなマネージメント先としてジェイ・Zが運営するマネージメント会社「ロック・ネイション」と契約する。そしてカイリー45歳の誕生日となる5月25日にはマネージメント会社を移籍してから初となる新曲「スカート(このアルバムには未収録)」を発表するなど12枚目のスタジオ・アルバムに向けてレコーディングを進めてきた。そして2014年1月27日、ニュー・シングル「イントゥ・ザ・ブルー」が発表され、その後ニュー・アルバムの発売がアナウンスされた。このアルバムのエグゼクティブ・プロデューサーにはカイリー自身とシーアが就任、アルバムにはファレル・ウィリアムズやグレッグ・カースティン他様々なプロデューサーが参加している。このアルバムはオーストラリアで1位、イギリスに至っても2位を記録するヒット・アルバムとなった。全米Billboard Hot 100では31位を獲得し、自身のアメリカでのアルバム・チャートの中では『フィーヴァー』『アフロディーテ』に次ぐ好成績となった。また、日本における通常盤には中田ヤスタカによる「イントゥ・ザ・ブルー」のリミックスが追加収録されている、中田がカイリーの曲のリミックスを手がけるのは2010年の「ゲット・アウタ・マイ・ウェイ」以来となる。キス・ミー・ワンス フレッシュアイペディアより)

  • リル・ママ

    リル・ママから見たジェイ・Zジェイ・Z

    リル・ママは歌手仲間のジェイ・Zとアリシア・キーズが『エンパイア・ステイト・オブ・マインド』を披露し、2人のパフォーマンスが終盤に差し掛かったときに突然ステージに乱入し問題となった。授賞式直後からTwitterではこの話題で持ちきりとなるなどメディアの注目を集めた。リル・ママは後に「2人のパフォーマンスを見て感情が高まりステージに上がってしまった。」と釈明し、2人を軽蔑をする意味をもった行動ではなかったと声明をだし謝罪した。リル・ママ フレッシュアイペディアより)

  • ビヨンセ (アルバム)

    ビヨンセ (アルバム)から見たジェイ・Zジェイ・Z

    プロデュース、楽曲制作にはビヨンセ自身はもちろん、ティンバランドやファレル・ウィリアムスといった盟友に加え、全く無名の新人のブーツ (Boots) 、夫のジェイ・Z、ミゲル、ジャスティン・ティンバーレイク、フランク・オーシャン、ドレイク、キャロライン・ポラチェック、ヒット・ボーイ (Hit-Boy) 、ディテール (Detail) といった錚々たるミュージシャンが参加している。ビヨンセ (アルバム) フレッシュアイペディアより)

  • ラキム

    ラキムから見たジェイZジェイ・Z

    2000年代初め、ラキムはドクター・ドレーのレコードレーベルであるアフターマス・エンターテインメントと契約した。アルバム「オー・マイ・ゴッド」(仮称)の制作に取り組んでいたが、幾度もの音楽的方向性や参加メンバーの変更を経て、発売が遅れていた。ラキムは、このアルバム制作を行いながら、アフターマスが関わった数多くの企画に参加している。例えば、トゥルース・ハーツのヒットシングル「アディクティブ」、ドクター・ドレがプロデュースを行ったジェイZの「ザ・ウォッチャー・パート2」、エミネム主演映画「8 Mile」のサウンドトラックなどである。ラキム フレッシュアイペディアより)

182件中 51 - 60件表示

「ジェイ・Z」のニューストピックワード