112件中 61 - 70件表示
  • レックス・ルガー (音楽プロデューサー)

    レックス・ルガー (音楽プロデューサー)から見たジェイZジェイ・Z

    レックス・ルガー (Lex Lugar) とは、アメリカ合衆国, バージニア州出身の音楽プロデューサーである。1991年3月6日生まれで、本名はレクサス・アーネル・ルイス。グッチ・メインが主催するレーベル「1017 Brick Squad」と契約を結んだ彼は、ワカ・フロッカ・フレイムのデビュー作『Flockaveli』にてプロデューサーを務め、脚光を浴びる。2010年にはカニエ・ウエスト&ジェイZに提供した楽曲「H.A.M」が全米23位まで上昇し、彼の中での最大のヒット曲となっている。レックス・ルガー (音楽プロデューサー) フレッシュアイペディアより)

  • コーチェラ・フェスティバル

    コーチェラ・フェスティバルから見たジェイ・Zジェイ・Z

    特に2度のヘッドライナーを務めたザ・キュアーを始め、ニュー・ウェイヴ世代の大御所が起用されることが多く、アメリカのフェスではあるものの英国出身のいわゆる「ロック・レジェンド」を数多く出演させてきた実績のほか、アート・オブ・ノイズやクラフトワークまで古今東西のダンス・ミュージックに明るく、他方で、ジェイ・Zを先頭にしてパブリック・エナミーやゴーストフェイス・キラなどヒップホップ勢のヘッドラインにも強さを発揮している。コーチェラ・フェスティバル フレッシュアイペディアより)

  • ラリー・ジョンソン (アメリカンフットボール)

    ラリー・ジョンソン (アメリカンフットボール)から見たジェイ・Zジェイ・Z

    ファンタジア・バリノの "When I See U" やジェイ・Zの "Rock Boys (And the Winner Is)..."などのミュージックビデオに登場している。チームROCと契約を交わしており2005年12月4日からタッチダウンをあげる度にROCのサインをあげている。ラリー・ジョンソン (アメリカンフットボール) フレッシュアイペディアより)

  • 荻野貴司

    荻野貴司から見たJay-Zジェイ・Z

    「U Don't Know (Remix)」Jay-Z(2010年)荻野貴司 フレッシュアイペディアより)

  • R・ケリー

    R・ケリーから見たジェイ・Zジェイ・Z

    2000年アルバム『12プレイ』の続編として『TP-2.com』(Twelve Play-2の意)をリリース。「フィエスタ(Fiesta)」ではジェイ・Zをフィーチャーした。その後、客演返しともいえるジェイ・Zの「ギルティ・アンティル・プローヴン・イノセント(Guilty Until Proven Innocent)」などを経て、ヒップホップ界とR&B界それぞれの「最高」を名乗る「ザ・ベスト・オブ・ボース・ワールズ」を2002年にリリース。トラックマスターズ(Trackmasters)のサウンドで絶頂の人気を誇る二人のトップスターが共演することになる。しかし、R・ケリーと未成年の14歳少女との性行為や少女の排泄を撮影したビデオテープの存在が明らかになり、瞬く間にインターネット上でも公開され話題になる。この問題に関してはケリー自身と被害者とされる少女が否定、裁判の結果ビデオに出演していたのはケリーではないとされ無罪判決が出された。ほかにもいくつかの同様なスキャンダルが噴出し、本来バックアップされるべきのシカゴでもラジオ放送拒否などにあい風当たりが強くなる。「R&B界のハーメルンの笛吹き男」と揶揄されたりもした結果、アルバムは商業的には失敗に終わる。R・ケリー フレッシュアイペディアより)

  • 第46回グラミー賞

    第46回グラミー賞から見たジェイ・Zジェイ・Z

    Crazy In Love - ビヨンセ、ジェイ・Z & リッチ・ハリスン第46回グラミー賞 フレッシュアイペディアより)

  • ルーペ・フィアスコ

    ルーペ・フィアスコから見たジェイZジェイ・Z

    ドラマーを父に持つ、9人兄弟の末っ子としてシカゴ西部で育つ。高校卒業後に「Da Pak」というグループを結成し、本格的にラップ活動を開始。しかし、同グループはメジャーデビュー直後に解散。ソロ活動に専念するようになった彼はジェイZの目を引き、2006年にアルバム『Lupe Fiasco's Food & Liquor』でメジャーデビュー。その類まれなるリリックの巧みさが評価され、瞬く間に全米で人気を獲得する。その後も人気は上昇し続け、2011年発表のアルバム『Lasers』で、ついに全米アルバムチャート初登場1位を記録した。ルーペ・フィアスコ フレッシュアイペディアより)

  • 2009年のワールドシリーズ

    2009年のワールドシリーズから見たジェイ・Zジェイ・Z

    試合前にジェイ・Zとアリシア・キーズがヤンキー・スタジアムの観衆を前にエンパイア・ステイト・オブ・マインド (Empire State of Mind)歌った。フィリーズの先発ペドロ・マルティネスのポストシーズンでの対ヤンキースの登板はヤンキースとライバル関係にあるレッドソックス在籍時の2004年のアメリカンリーグチャンピオンシップシリーズ以来5年ぶり。フィリーズは2回にマット・ステアーズが先発のA.J.バーネットから安打を放ち、1点を先制。しかし、フィリーズはその後得点を挙げることはなかった。2009年のワールドシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • トム・ブレイディ

    トム・ブレイディから見たジェイ・Zジェイ・Z

    端正なルックスでも人気を誇り、ファッション誌などの表紙を飾ることもある。2002年にはPeople誌から「世界で最も美しい50人」"50 Most Beautiful People"の一人に選出された。USA TODAYからは「最も紳士的な服装が似合う男性」に選ばれており、また何度か表紙を飾ったこともあるGQ誌からは「世界で最もスタイリッシュな男性25人」に選ばれている。なおこれにはイチローも選出されている。フォーブス誌の「世界のセレブリティ・ランキング トップ100」にもたびたび選ばれている(妻のジゼル・ブンチェンも選ばれている)。またブンチェンとブレイディはアメリカで最もホットなカップルのうち一組と言われている。2011年にはフォーブス誌が、ブレイディとブンチェンはジェイ・Zとビヨンセ、ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリーらを抑え、世界で最も裕福なセレブリティ・カップルであると報じた。二人の収入は2010年度で計7500万ドルだったとされている。トム・ブレイディ フレッシュアイペディアより)

  • デショーン・スティーブンソン

    デショーン・スティーブンソンから見たジェイ・Zジェイ・Z

    ウィザーズでの1年目となった06-07シーズンも11.2得点と成績を維持し、オフには4年1500万ドルの契約を結ぶことに成功した。07-08シーズンのプレーオフではリーグ屈指のスーパースター、レブロン・ジェームスに対するスティーブンソンの挑発行為が話題となった。プレーオフ1回戦でレブロンのクリーブランド・キャバリアーズと対戦するスティーブンソンは、レブロンを「過大評価」と言い放つと、レブロンは「まるでジェイ・Zがソウルジャ・ボーイ(いずれも人気ラッパーで、レブロンはジェイ・Zと交友がある)のような若造のほざきに付き合っているようなものだ」とコメント(ちなみにスティーブンソンの方がレブロンよりも年長である)。シリーズはウィザーズが2連敗を喫するが、試合中もスティーブンソンは相手を挑発するような仕草を繰り返し、そしてワシントンD.C.で行われた第3戦は、レブロンに引き合いに出されたソウルジャ・ボーイをコートサイドの席に座らせた上で、キャバリアーズを破ってみせた。そこでジェイ・Zは自身の曲「Blow the Whistle」でスティーブンソンをバカにした。シリーズは結局ウィザーズの敗退で終わった。デショーン・スティーブンソン フレッシュアイペディアより)

112件中 61 - 70件表示

「ジェイ・Z」のニューストピックワード

  • 原油市場の需給均衡の早期化に向けた、主要産油国の強い意志の表れだ

  • JXホールディングス

  • 原油価格の上昇に伴う米国などの生産動向に引き続き中止していく必要はある